超絶汗かきの私がやって効果があった、7つの汗を止める方法

めざせふさふさ☆抜け毛予防に効果的な7つのすごい食品たち☆
汗をいったんかきはじめると、ダラダラと汗が止まらなくなり、困った経験はないでしょうか?かくいう私も超絶汗かきの体質で、長年汗に悩まされてきました。洋服のわきや背中の部分に大きく出来る汗ジミは恥ずかしいですよね。汗を止める方法を考え抜き、実際に試した結果、非常に効果がある7つの方法を知ることが出来ました。皆さんにもぜひご紹介させて頂きたいと思います。

<多汗症とは>
とても暑い場所にいるわけでもなく、運動をしているわけでもないのに、汗が大量に出てきてしまう症状を多汗症とよびます。特に手のひら、わき、顔などに汗をかく人が多いようです。汗をかくことによって緊張度が増してしまい、さらに汗をかいてしまうのが多汗症の特徴といわれています。多汗症の原因ははっきりと解明されていませんが、自律神経のなかの交感神経の反応が通常よりも強いことが原因ではないかといわれています。また、ストレスや肥満、糖尿病などが遠因しているという説もあります。

汗を止めるには手術やボトックス注射といった医療処置を受ける方法もあるのですが、これらの方法には費用と時間がかかります。それらのお金や手間がかかる方法を試す前に、出来れば自分で出来る対策を試してみたいですよね。では、実際に私が試してみた方法をご紹介させて頂きます。



 

超絶汗かきの私がやって効果があった、7つの汗を止める方法

 

ミョウバン水を使ってみる


市販の制汗スプレーでは汗を抑えることが出来ないと悩んでいる多汗症の方は多いようです。私は自作のミョウバン水を使うことをおすすめします。水道水1.5リットルに焼きミョウバン50グラムを混ぜたものを一晩おいておくだけで、ミョウバン水は簡単に出来上がります。これをさらに水で10倍程度に薄めたものを汗が気になる部分にスプレーするだけです。ミョウバンのイオンの力で汗を抑えるだけでなく、消臭効果も高いため、臭い対策も兼ねることが出来ます。

 

汗わきパッドを使う


私はわきの汗ジミに長年悩まされてきました。じわーっとわきの下に汗をかき、洋服に汗が染みていると思うだけでますます汗が止まらなくなる悪循環。私は市販の汗わきパッドを使用することをおすすめします。汗ジミという精神的不安要素が取り除かれるだけで、汗のかき方が軽減します。

 

わきの下を抑える


ダラダラと止まらない顔の汗、気になりますよね。気になるときに両方の乳首上からわきの下の部分を手で圧迫してみてください。顔の汗がひくはずです。これは交感神経を刺激することで汗を止めるという方法です。圧迫する面積が広ければ、汗をかいている部分の対応部分に比例します。しっかりと両手のひらを使って圧迫してみてくださいね。

 

適切な場所を冷やす


体温が上がるのを抑えるのに冷やすと効果的だと言われている場所があります。首やわきの下、太ももの付け根などリンパ節のある場所です。特に首の後ろを冷やすのは顔から出るダラダラとした汗を止めるのに非常に効果的です。夏場などは保冷剤をバッグにしのばせておき、気になるときに首を冷やしてみてください。

 

日頃から汗をかくトレーニングを


エアコンなどを使って、1年中快適な温度で過ごすことが出来る現代では、汗をかく機会が昔に比べて減っているといわれています。普段から適量の汗をかく汗腺トレーニングを始めましょう。適度な運動を心掛けたり、自宅でのエアコン使用を減らして汗を自然にかく機会を増やしましょう。湯船にしっかりと浸かることも多汗症対策には効果的です。

 

食生活を見直そう


辛い食事、熱い食事をとると誰でも汗が出ます。多汗症の人の場合は、汗をかくことに反応してしまうので、できればこういった汗をかきやすい食事は避けたほうが良いでしょう。食事により汗をかきやすい状態をつくる機会を減らすことをおすすめします。逆に多汗症対策に効果があるといわれているのは、大豆などの豆類に含まれるイソフラボンです。イソフラボンには発汗を抑える効果と汗をさらさらにしてくれる嬉しい効果があるようです。積極的に豆類を摂っていきたいですね。

 

リラックスする時間を


汗は自律神経によりコントロールされています。自律神経の働きを整えてあげて、リラックスすることで、発汗を軽減できるということがいわれています。意図的にリラックスした状態を作り出すことを続けていくことで、汗をコントロールできるようになるのです。
毎日、ゆったりとした服装で寝転がり、大きく深呼吸を繰り返す、という時間をつくりましょう。

 

ストレス社会といわれる現代では、実に多くの人が多汗症に悩んでいるといわれています。汗をかくこと自体は人間にとって不可欠なことなのですが、「たくさん汗をかいてしまっている」という精神的プレッシャーから汗がとまらなくなることが多いようです。上でご紹介した7つの方法はすぐに始められる簡単なものばかりです。しっかりと対策をすることで、汗への不安感は徐々に消えていくはずです。

汗の悩みとおさらばして、楽しく過ごしましょう。

 

まとめ

超絶汗かきの私がやって効果があった、7つの汗を止める方法

・ミョウバン水を使ってみる
・汗わきパッドを使う
・わきの下を抑える
・適切な場所を冷やす
・日頃から汗をかくトレーニングを
・食生活を見直そう
・リラックスする時間を

にたったらシェアしてください