低身長をメリットに☆7つのファッションコーデ術!!

低身長をメリットに☆7つのファッションコーデ術!!
ショッピングをしに街にくりだすと、目に入るのが様々にコーディネイトされた、色とりどりの服や靴。素敵なコーディネイトに思わず足を止めてしまう・・ということはありませんか?

街でみかけるような素敵なファッションを自分が身にまとい、より自分らしく日々を楽しみたい、、と思うひとも多いのではないでしょうか。

自分をより美しく見せるファッションで、行きたいところに行き、やりたいことをやる。それは自分らしく日常を楽しむことと繋がっています。

しかし、実際のところ、試着してみても、体型が合わず、思っているような姿にならなくて、ファッションを諦め気味になることもあるかと思います。

特に体型の悩みで多いのは、身長が低いこと。身長を伸ばすことよりも、今持っているものを活かすことを考えていく方が、すぐにファッションを楽しめます。

どうやって、このテーマを乗り越えていくか解らない、、というひとも多いと思いますので、今日は体型の悩みの一つである、低い身長をうまく活かし、自分らしく輝く為のファッションコーデ術についてお伝えします。



 

低身長をメリットに☆
7つのファッションコーデ術!!

 

その1: トップス・アウターに、明るい色をとりいれる

まず、トップスやアウターの色についてですが、上半身に目線が行くような色を取り入れることがポイントです。

例えば、白や淡いパステルカラー、黄色や赤などのビビッドカラーなど、明るい色ならば自然と目線をひくことになります。

これらの色は、横に幅があるようにみえるので、自然と脚の短さが目立たないようにできます。

一見膨張色といわれる色で敬遠しがちかもしれませんが、実は、低身長さんが扱いやすい色なのです!

春は淡いパステルカラーのピンクやラベンダー、夏は涼しげなパステルブルーや、鮮やかなグリーン、秋は紅葉を思わせるイエローやオレンジ、冬は枯葉と対照的なホワイトやベージュ、温かみのあるレッドなど。

季節に合わせて、好きな色を選んでみませんか。

 

その2: サイズは、必ずジャストサイズを選ぶ

続いて、サイズはジャストサイズを選びましょう。低い身長の方が、着丈の長いアウター類(ジャケット・コートなど)を着ると服に着られているように見えてしまいます。

着丈が自分のぴったりのサイズだと、バランスがよくみえるため、低い身長を感じさせることが抑えられます。

トップスでしたら、襟付きのシャツやパーカー、カーディガンなど、アクセントのついたもの。シフォンブラウスは、アクセサリーが付いているものも多く重宝します。

着丈の短いブルゾンならちょうどよいものが多いです。

ショート丈のレザージャケットやPコート、ダッフルコートなどは着回しがしやすいため、手軽に取り入れやすいアイテムではないでしょうか。

ボリュームがあるダウンジャケットも大丈夫ですが、スリムタイプのものが必須です。

買う前に必ず、試着をし、肩があっているか、袖が長すぎないかチェックし、OKならば大丈夫です!

 

その3: 着こなしは、Xラインを意識する

Xラインとは、体のラインをXにみたてたラインのことです。肩からウエストあたりにかけて細く締めて×に近づけ、足先にボリュームをとるようなイメージといえば、イメージしやすいでしょうか。

Xラインの作り方ですが、肩幅がジャストサイズで、綺麗な細身ラインのアウターを選びます。(なで肩は身長が低く見えてしまうので、形に気をつけましょう)

ウエスト部分は締めるところになるので、ボタンを締めてフィット感をだします。長めの靴を選び、立体感をだすと、Xラインの完成です。

立体感をつくりだすことで、身長の低さを緩和する視覚効果があります。

 

その4: ボトムスはスッキリと締めて見えるものを意識する

ボトムスでも、パンツやスカートなどたくさんの種類がありますね。ここで抑えておきたいアイテムのルールは、脚のラインが長く見えることです。

大事なことは、腰より下にポイントをおかないようにすること。上半身の色より、目立たない色を選べば成功です。

色は、引き締め効果のあるブラック、ネイビー、ブラウン、深みのあるベージュ、カーキなどがあわせやすいです。

細めのスリムなパンツなら、トップスでボリュームがあるものでも、スッキリとタイトにまとめてくれます。

ショート丈のパンツやミニ丈のスカート・ワンピースは、思いきって足首までみせると、長さを強調することができます。

チュニックをワンピース代わりにして、ショートパンツを合わせる、、などは身長が低いひとだからこそできるコーディネイトでしょう。マキシ丈ワンピの場合は、胸元にフリンジがあるものを選び、肩ストラップで丈を調節できるよう物にすると着こなせます。

 

その5: 靴はボトムスとの繋がりで選ぶ

靴はそれだけで、マニアがいるほどの愛されアイテムです。たくさんの人が、自分を美しく見せるため、悩みを克服するため、たくさんの中から選び出します。

先端がとんがったもの、丸いもの、穴が開いているもの、リボンがついているもの、高さがあるもの、脚に負担のかからないもの、、。

その中でも、足長効果を狙うなら、ボトムスとのつながりを意識して、ヌーディーな色のものをまずは選びましょう。

薄いクリーム色や、ベージュなどはどんな色とも相性がよいです。

アンクルストラップのヒールは足首がみえるので、脚を細く長くみせてくれる便利なアイテムです。ヒール嫌いの方は、疲れにくいウエッジソールがおすすめです。

スニーカーも厚底のものがでていますし、TPOにあわせて上手にとりいれていきましょう。

ブーツの場合は、タイツと繋げる色味であわせましょう。視覚効果で、スッキリと足長にみえます。

 

その6: 小物使いでも差をつけることができる!

ネクタイや、ストール、ロングネックレスなどの首からたらすものは縦のラインを強調し、目線が上になるので、強い味方です。

ベルトは、パンツやスカートの場合腰の一番細いところでマーク。チュニックワンピならハイウエスト気味にマークしましょう。

色はどんな色でも対応できるこげ茶や、スタイリッシュにみせる白がお勧めです。

上級者にみえるオシャレにこだわるならば、メタリック系シルバーやゴールドのバッグや腕時計、ベルト、靴を使うのも素敵です。

どれかひとつ、コーデに取り入れるとかっこよくまとまります。

 

その7: 姿勢をただし、胸を張る

オシャレなファッションコーディネイトをしていても、背筋がまがっていては、なんだか元気がないようにみえてしまいます、、。

ピンと胸をはり、大股で、歩きましょう。習慣化すると必要な筋肉がつくようになり、背筋が伸びて、より身長が高く見えてきます。

自信を持って、ファッションでなりたい自分に近づき、素敵な日々を楽しみましょう!

 

如何でしたか?

身長が低いからこそ楽しめる色や、服や靴があり、それらをうまくコーディネイトすることで、改めてファッションを楽しんでいただくことできるという、記事になっています。

この7つの方法が、皆様のお役に立つならば、とても嬉しいです。デメリットを克服し、自分らしく輝く人を心から応援しています。

 

まとめ

低身長をメリットに☆7つのファッションコーデ術!!

その1: トップス・アウターに、明るい色をとりいれる
その2: サイズは、必ずジャストサイズを選ぶ
その3: 着こなしは、Xラインを意識する
その4: ボトムスはスッキリと締めて見えるものを意識する
その5: 靴はボトムスとの繋がりで選ぶ
その6: 小物使いでも差をつけることができる!
その7: 姿勢をただし、胸を張る

にたったらシェアしてください