2ヶ月集中ダイエット!体重5㎏落として理想の体を作ろう

2ヶ月集中ダイエット!体重5㎏落として理想の体を作ろう
あと2か月、ダイエットを頑張って目標体重まで落としたい……!と、そんな目標を立ててダイエットしたことがある人は、少なくありませんよね。2か月ダイエットは、1週間や10日で痩せるような短期ダイエットに比べると現実的ですし、健康を損なうリスクも低く抑えられます。

しかし、2か月と言えど短期は短期。目標を大きくしすぎたり、逆に目標を緩めすぎると失敗しやすいものです。

2か月のダイエットで健康的に痩せるためには、5kgくらいを目標にするのがおすすめです。これなら無理なく、それでいてしっかり体型に影響が出る数値になるからです。

では、2か月で5kgのダイエットを成功させるためには、どこからアプローチしていけば良いでしょうか。そこで今回は、5kg減を目標とした2か月のダイエット方法についてお伝えします。

基本的には食事制限+有酸素運動

カロリーオフメニュー

5kgを2か月のダイエットで痩せるということは、単純計算で1か月に2.5kg痩せるということになります。もちろん体重は一定のスピードで減少するものではないので、あくまで「目安」です。この程度の数値であれば、いつもより食事の量を減らし、少し運動量を増やすだけで簡単に実現できます。

体重、それも脂肪を1kg減らすためには、7000kcalのカロリー消費が必要だとされています。1か月で2.5kg減らすということは、つまり17500kcalの消費が必要となり、30日で割ると583.3kcalという計算です。

1日に583kcalも食事を減らすのは大変ですから、食事からは300kcal減らし、それに追加して300kcal前後の運動を取り入れれば良いということになります。食事も一食から300kcalも減らすのは大変ですが、3食で考えると100kcal。つまり、油分や炭水化物少なめの食事に切り替えるだけで簡単に達成できる数値です。

運動にしても、300kcalを消費するためには体重60kgの人の場合で1時間半のウォーキング、30分のジョギング、水泳のクロールなら15分程度で済みます。2か月のダイエットと考えれば、この程度を組み込むのは難しくないはずです。

 

筋肉による引き締めも併せて行おう

運動イメージ

基本的には食事と有酸素運動のダイエットですが、それと同時進行で筋トレなどして引き締め効果を狙うのもおすすめです。2か月もダイエットに費やしてただ体重だけ減らすよりも、体型そのものを理想に近づけた方が効率的だからです。

例えば、下半身のたるみが気になる人はスクワットなどをしてヒップアップを狙うと良いでしょう。お腹周りのくびれを作りたいなら、腹筋を鍛えるのがおすすめです。

筋肉は脂肪よりも重いため、これを増やすことで体重は脂肪の減少と相殺されてしまいます。そのため、一時的に体重減少が停滞したように見えるはずです。

しかし、一旦筋肉を付けると、それが脂肪を燃焼する焼却炉の役割を果たすため、その後の脂肪の減少速度がアップするのです。今回は2か月もダイエット期間があるのですから、筋肉を付けながら実施した方が結果的に体重が落ちやすくなります。

筋肉は健康的な体型を作ると同時に、ダイエットの効率を上げる大切な要素の一つです。筋トレはきつくて苦手だという人こそ、この機会に集中的に取り組んでみて下さい。

 

ダイエットモードに切り替えられる点を見出そう

ライフスタイルイメージ

食事、有酸素運動、筋トレを全て普段の生活に取り入れるのは、たった2か月のダイエットだとしても難しいものです。特に、普段から余暇の時間があまり無い人は、運動のための時間を割くのも困難でしょうし、食事も細かく制限していられないでしょう。

それでも2か月はダイエットをすると決めたのですから、自分のライフスタイルの中で隙間を見つけてダイエットのために割ける時間を見つけましょう。また、逆の発想で、仕事が暇になる時期を見計らってダイエットにチャレンジするという方法もあります。

普段と同じ生活をしながらダイエットに取り組むなら、例えば通勤時に片道45分は歩くようにするとか、自転車通勤にするなどで有酸素運動はクリアできます。食事は厳密に計算するのが難しければ、カロリー表示のある市販のお惣菜を組み合わせるという方法があります。また、食事そのものではなく間食をやめる、コーヒーに入れる砂糖をやめるなども取り入れたい部分です。

これらは一例ですが、要するに自分の普段の生活から無理なくダイエット仕様に切り替えられる点を見出すということです。たった2か月のダイエットではありますが、無理なスケジュールを組んで頓挫しないようにする配慮も必要です。

 

以上、集中ダイエットの方法をお伝えしました。2か月のダイエットを長いと感じるか、短いと感じるかは個人で違います。ですが、客観的に見ると、大人における2か月は、あっという間に過ぎ去る時間とも言えますよね。

そんな短期間ですから、食事も運動も、少々ハードめに設定しても意外と乗り切れる人が多いです。もちろん身体を壊したり、本業に支障をきたすほどの無理設定はおすすめできませんが、いつもはやらないような運動や、物足りなさを感じるくらいの食事でも、痩せるためと思えばストレスなく取り組めるはずです。

一般的にダイエットは3か月以上かけるのが王道ですが、計画的に取り組めば、2か月でも十分な結果は出せます。「あと2か月しかない」と焦るのではなく、「あと2か月もある」と考えて、理想体型を目指して努力しましょう。


連記事