30代以降は要注意!女性の抜け毛を助長する5つの生活習慣

30代以降は要注意!女性の抜け毛を助長する5つの生活習慣
女性の抜け毛は30代を過ぎると徐々に増えていきます。若い頃は「髪が薄くなるのは男性だけ」「私に限って毛が薄くなることはないだろう」などと過信していても、30代を過ぎると髪質に張りがなくなったと感じたり、朝起きたら枕に毛が多くついていることに気づくことが増えるのです。

最初は年齢とともに髪質が変わってきたのかな、と思う程度かもしれませんが、そのまま放置をしていると、髪全体にボリュームが無くなってしまうこともあり得ます。そうなってから改善をするのは難しいですから、30代を過ぎたら女性の抜け毛防止対策のために生活習慣から見直しておくことが大切です。

女性なら、何歳になってもおしゃれを楽しみたいですよね。そこで今回は、年齢を重ねた時に髪のボリュームが無くなってしまわないために、女性の抜け毛を助長する生活習慣とその改善方法についてお伝えします。

 

30代以降は要注意!
女性の抜け毛を助長する5つの生活習慣

 

栄養不足になりがち

30代を過ぎた女性で抜け毛の原因になりやすいのが栄養バランスの偏りです。現代女性は結婚をした後や出産をした後も仕事を続ける人が多く、30代を過ぎると昇進などを経て仕事が忙しくなり、栄養バランスを考えた食事をしっかりととることが難しくなりがちです。

しかし、毛髪の主成分はタンパク質ですから、肉や魚などのタンパク質を十分に摂らなくてはいけません。また、タンパク質以外にも鉄分、ビタミン、亜鉛などの体の代謝に欠かせない栄養分は重点的に摂取する必要があります。代謝を良くし、タンパク質を十分に摂ることでしっかりとした髪質を維持できるのです。

また、過度なダイエットで食事制限をすることも女性の抜け毛には大敵です。食事制限をするのであれば、1日に必要な栄養分はしっかり摂ることができるように綿密なプランニングが必要です。

 

喫煙と飲酒

仕事のストレスからタバコがやめられないという喫煙習慣、また、接待や会社の飲み会でお酒を飲みすぎたり、会社帰りに飲み屋に酔ったり自宅で晩酌するなどの飲酒習慣も女性の抜け毛の原因の一つです。

喫煙をするとニコチンが血流を悪くします。血流が悪いと頭皮に十分な栄養が循環しなくなりますから、毛髪がやせ細って抜けやすくなるのです。自分の意志だけで禁煙がどうしてもできないという人は、病院に相談しに行くことをおすすめします。

また、飲酒は適量であれば血行が良くなったり、ワインなどであればポリフェノールなど身体に良い栄養を含んでいる場合もあります。しかし、過剰にアルコールを飲みすぎるとアルコールを分解するために必要なDHTという成分が体内で増え、これが抜け毛の原因になるのです。

 

脂質の摂りすぎ

外食が多くなりがちな女性や、ファストフードが好きな女性は、脂質が多い食事の摂りすぎにも注意が必要です。女性の抜け毛の原因の一つには、頭皮が脂っぽくなって毛穴に脂がつまって毛が抜けてしまうということもあるためです。

外食をするなら和食を中心にするとか、脂質が多い食事をとる時には野菜を意識的に食べてなるべく脂質の摂取量を減らすような工夫をするなどして頭皮が脂っぽくならないようにしなくてはいけません。

また、ハンバーガーやフライドポテトなどのファストフードは脂質が多いだけでなく、栄養バランスも悪くなりがちです。時間がない時には手作りの惣菜弁当や野菜が多いファストフードを選ぶことで脂質摂取のコントロールをすることをおすすめします。

 

カラーやパーマ

30代を過ぎると白髪が生え始める女性が多く、カラーリングをする機会が増えますよね。しかし、カラーリングやパーマなどで薬剤を使うことは頭皮には強い刺激となって、女性の抜け毛の原因になってしまいます。

とは言え、白髪染めはしたいですし、おしゃれでパーマもしたいと言う人は、なるべく頭皮に刺激が弱いカラー剤やパーマの仕方を選ぶようにすると、抜け毛を抑制できます。カラー剤にはオーガニック成分で低刺激なものがありますし、パーマも低刺激パーマなどで頭皮にダメージが少ない方法があります。

美容師さんに相談するなどして頭皮に良いヘアケアを選ぶことが、30代を過ぎた女性の抜け毛を予防するには必要なのです。

 

睡眠不足と運動不足

30代を過ぎると体が冷えやすくなったと感じる女性は多いですよね。これは年齢とともに筋力が衰えて体の基礎代謝が悪くなり、血行の流れが悪くなっている証拠です。血行の流れが悪くなると頭皮や毛髪に十分な栄養が巡っていきませんから、毛が細くなって女性の抜け毛の原因になってしまいます。

そのため、30代を過ぎたら運動をする習慣をつけなくてはいけないのですが、子育てや仕事で忙しいと運動をする余裕がなくなってしまいがちです。そこで、スポーツジムの会員になるとか、通勤定期を1つ先の駅から購入して1駅余分に歩かなければいけないようにするなど、運動せざるを得ない状況にしてしまうのがおすすめです。

また、睡眠不足が続いたり、仕事でストレスがたまるのも血流を悪くする原因になりますから、規則正しい生活と定期的なストレス発散方法を持っておくことも女性の抜け毛予防対策になります。

 

如何でしたでしょうか。30代の女性の抜け毛の原因は、今回お伝えしたように生活習慣と体質の変化が大きく関係しています。女性は年齢を重ねるとホルモンバランスが崩れやすくなったり、出産をきっかけに体質が大きく変わることもあります。その体質の変化が抜け毛につながってしまうのです。

しかし、気持ちは若いという女性は、20代の時と同じような生活スタイルを続けてしまいます。飲酒の量や喫煙、不規則な食事に睡眠不足などの生活習慣の乱れは、若い頃は強い回復力や免疫力、体の基礎代謝の良さなどでカバーできていましたが、30代を過ぎるとそれらが衰えて女性の抜け毛の原因になってしまうのです。

女性の抜け毛で変化を感じ始める前に、自分はいつまでも若いと過信せず30代を過ぎたら栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活、適度な運動を意識的に心がけましょう

まとめ

女性の抜け毛を防ぐ生活習慣とは

まとめ見出し挿入
・髪の主成分であるタンパク質をしっかり摂る
・タバコは止めてお酒は適量を心がける
・脂質の摂りすぎで頭皮を脂っぽくしない
・カラー剤は頭皮に刺激が低いものを選ぶ
・規則正しい生活と運動で血行を促進する


連記事
タイトルとURLをコピーしました