興味はあるけどちょっと高い、、、7つの育毛剤ホントの効果

興味はあるけどちょっと高い、、、7つの育毛剤ホントの効果
2010年の調べではハゲている。薄毛に悩んでいる日本人の人口は1260万人もいると言われています。男性ですと約20%の人がハゲや薄毛に悩んでいて、これは5人に一人はハゲに悩んでいるという事です。

此処ではそんな人達の為のアドバイスとして有名所、育毛剤の効果や選び方についてご紹介しましょう。



 

興味はあるけどちょっと高い、、、
7つの育毛剤ホントの効果

 

その1: 若年性脱毛症・男性型脱毛症(AGA)用プロペシア

薄毛になる原因には若年性脱毛症・男性型脱毛症があり、どちらも 男性ホルモン「テストステロン」と「5αリラクターゼ」と言う還元酵素と結びつくことによって「ジヒドロテストロン」(DHT)へ変化し、この「ジヒドロテストロン」がハゲ・薄毛を引き起こす原因、促進させる要因に成るわけです。ですから、「テストステロン」と「5αリラクターゼ」が結びつく事が抑えられればハゲにならないし、発毛を促す事ができるわけです。

では、どうしたら良いのか?男性ホルモン抑制作用のある育毛剤・発毛剤として「プロペシア」などがあります。この薬は一般にある頭に塗るタイプの育毛剤ではなく、服薬するタイプの薬になります。また、ドラッグストアなどの一般大衆薬とは違い病院で診察・診断してもらい医師の判断・指示での処方となります。ですので、ハゲ治療には最も効果的とされています。ですが、医師の診察・診断が必様な為、金額が高額になる事と、薬である為、副作用もあります。病院もAGAの専門とAGA以外の診療を行っている病院の2種類あり、どちらでも処方・診断はしてもらえますが健康保険の適応外治療となりますので一ヶ月あたり約2万円~3万円はかかります。ちなみに雨上がり決死隊の宮迫さんはスカルプシャンプーだけで髪が増えたのではなくAGA治療(プロペシアの服用)も行ってハゲが改善しました。

 

その2: リアップx5

日本ではミノキシジル成分配合の育毛剤として初めて大正製薬から登場しました。最初の頃はミノキシジルが1%しか含まれていませんでしたので、人気の割には効果が少ないとの声が聞かれました。その後ミノキシジルの保有量が5%にUPしたことにより、ミノキシジルの効果もUPしました。ミノキシジルの効果は、その保有量(パーセンテージ)に比例して効果が現れる為、日本では認可されていませんが海外では10%~15%のものまで出回っています。なぜ、日本での認可が5%までなのかと言うとミノキシジルには少なからず副作用が出る方もいるからです。ですが、発毛効果がある育毛剤として医学的に認められ一般に販売されているのはリアップだけです。値段は60mlで7400円です。

 

その3: ナノインパクト

ナノインパクトはホソカワミクロンがナノテクノロジーを用いて開発した商品です。ナノとは1メートルの10億分の1、1ミリの1000分の1と言う単位で、ナノインパクトには育毛成分をこの超微粒子に封入することで、毛穴が詰まった毛乳頭へも浸透させ10時間以上も有効成分を放出し続けると言われています。育毛成分も天然由来の成分から出来ており副作用もないので安心して使用できると思います。効果は血行促進と男性ホルモンの抑制に効果があり育毛と発毛を促す成分が入っています。塗る育毛剤としては1万円前後と高額です.使い心地は適量塗った跡、毛根に成分が効いているという血行促進効果が感じ取れ頭がジンジンします。

 

その4: アロエ成分配合育毛剤

昔からアロエは万能薬とされ火傷や傷口に塗ると早く直ると言われていますが、アロエの中にはタンニン酸が多く含まれており、タンニン酸が細胞を活性化させ細胞を再生させる効果がありる為です。この効果を脱毛に悩む方に臨床実験したところ個人差はありますが、抜け毛の減少や育毛効果が見られたというデータがあります。このアロエ成分(アロエエキス)に着目した商品として小林製薬から発売されているアロエ育毛液があります。効果としては、頭皮を柔らかくし髪が育ちやすい環境を整え潤や保湿を与えます。特にアロエ臭さもなく、ほぼ無臭で適量を頭皮につけた後は血行促進されている感じでジンジンしてきます。頭皮環境を整えるには最適化と思います。価格は6000円前後です。

 

その5: BUBKA

このブブカには海藻エキス-1(コンブ、ワカメ、モズク)(M-034エキス)が配合されており、更に脱毛因子の「ジヒドロテストロン」を77%ブロックするオウゴンエキスも配合されています。全部で育毛成分を32種配合しており天然由来の成分である為、副作用もなく安心して使用できる商品です。またこの商品の特徴としてサプリメントも一緒についてくる為、育毛剤とサプリメント、内と外からのアプローチが目的になっています。サプリメントには育毛に必用な亜鉛、大豆イソフラボン、ビタミンE、ミレットエキス、ノコギリヤシが配合されています。金額は1万2千円前後です。

 

その6: 柑気楼

みかんや柑橘系の皮にはリモネンという成分が入っており、この成分が頭部の毛乳頭に刺激をあたへ血行を促進する効果がある事が分かっています。中国ではみかんの皮を陳皮(ちんぴ)と呼び血行促進の漢方薬として使われています。この効果が入っている育毛剤として有名なのが柑気楼です。柑気楼には青みかん、ゆず、だいだいの柑橘エキスが配合されており乾燥した頭皮に潤いをあたへ頭質を柔らかくし保湿力を高めます。また甘草、千振、高麗人参などに含まれる植物エキスを配合していて、天然由来の成分が抜け毛を防ぎ、育毛・発毛を促進します。アロエ成分の育毛剤と同じく頭皮環境を整えて育毛・発毛効果を促す商品と考えていいでしょう。価格は6000円前後です。

 

その7: 若年性脱毛症・男性型脱毛症(AGA)用フィンペシア

フィンペシアはその1で記載したプロペシアのジェネリック薬品でインドで開発されました。日本では未認可の為、個人輸入となり副作用等のリスクは自己責任となります。効果は認可のプロペシアと殆ど変わりなくジェネリック医薬品の為、ネットなどで安価に手に入ります。価格は2200円~4000円前後となります。

 

今回、記載した育毛・発毛効果がある育毛剤・発毛剤はどれを使用するにしても100%誰にでも効く分けではなく、薄毛になった原因にその育毛剤があっていれば効き目が現れますし、また個人差もありますので、短期間で効き目がなかったからと言って次から次へ新しい商品を使用するのではなく、最低でも半年か一年は使用して、まったく効果が現れないようでしたら他の商品へ変えてみたほうが良いでしょう。薄毛になって行くのも徐々になっていくように育毛・発毛効果も徐々に現れると思ってください。

 

まとめ

興味はあるけどちょっと高い、、、7つの育毛剤ホントの効果

その1:若年性脱毛症・男性型脱毛症(AGA)用プロペシア
その2:リアップx5
その3:ナノインパクト
その4:アロエ成分配合育毛剤
その5:BUBKA
その6:柑気楼
その7:若年性脱毛症・男性型脱毛症(AGA)用フィンペシア