あごニキビの原因を理解して再発を完全防止する7つのケア

あごニキビの原因を理解して再発を完全防止する7つのケア

あごのニキビの原因は色々ありますが、顔のなかでもニキビが出来やすい部位であることが特徴です。とても目立つ場所であることや、悪化しやすいなど、あごのニキビは原因を理解してから対策をとる事がとても重要です。

あごのニキビの原因は、皮脂のバランスが悪いことが一般的です。炎症をおこしたり痛みが激しくなる事もあり、とても厄介なニキビです。

正しい方法で治療をしないとニキビ跡が残り、繰り返し同じ場所にあごニキビができる原因にもなってしまいます。とても複雑な要因が重なるアゴのニキビは、原因を理解してから効率よく再発を防止することが大切です。

では早速ですが、悩んでいる方にぜひ知ってほしい、あごニキビ防止の7つのケア方法をお伝えします。



 

あごニキビの原因を理解して
再発を完全防止する7つのケア

 

洗顔であごニキビを予防しましょう 


あごのニキビの原因は過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまう事です。洗顔のやりすぎは皮脂の分泌を活発にするため、皮脂が多く分泌されるあごにはさらにアクネ菌も繁殖しやすくなってしまいます。

毎日の洗顔は洗浄力にこだわらず、肌に優しい洗顔料を使用して、摩擦しないように泡をたっぷり使って洗顔をしてください。あごは石鹸成分が残りやすい部位でもありますので、洗顔のすすぎは時間をかけてしっかり行いましょう。

 

正しいクレンジングでメイクを落としましょう 


あごのニキビの原因となるファンデーションの残りを防ぐ為に、正しいクレンジングをする事が重要です。クレンジングにはジェル、オイル、クリームタイプなど色々ありますが、近年人気があるシートタイプでは毛穴の中まで綺麗にする事が出来ません。

そのためリキッドファンデーションなどは、あごの毛穴に詰まりやすく、ニキビの原因となってしまいます。手間がかかっても、クレンジング剤とメイクを馴染ませて綺麗に落としましょう。

 

保湿効果の高い化粧水でスキンケアをしましょう 


あごのニキビの原因は肌の乾燥による皮脂の過剰分泌があります。保湿をすることで肌のバリア機能も活発になりますので、皮脂のバランスを正常化することができます。

あごは化粧水がしっかりつかないこともあり、保湿が十分にできないことも特徴です。コラーゲンやセラミドなどの保湿成分配合の化粧水を使い、洗顔後はあごを手で包みこむようにして、たっぷり保湿をしてください。

 

あごの除毛は清潔な方法で行いましょう 


あごや鼻の下などの産毛はとても気になりますよね。カミソリで除毛をする際は、清潔なものを使用してください。何度も使用しているカミソリは雑菌がついていることもありますし、傷からばい菌が入り込む原因にもなります。

あごのニキビの原因となるアクネ菌も繁殖しやすくなりますので、顔の産毛を剃るときは使用するカミソリに注意をしましょう。毛抜きで抜く場合も同様ですが、肌に負担をかけないことも大切です。

 

あごを手で触るクセを治しましょう 


あごのニキビの原因となる様々な雑菌は、知らないうちに自分であごを触った瞬間についてしまう事があります。クセで触ってしまう方も沢山いると思いますが、手には見えない雑菌が沢山ついています。

あごは老廃物が溜まりやすい部位な為、毛穴にも汚れが溜まりやすくなっています。手であごをさわると、皮脂のバランスを崩す原因にもなりますので、なるべく手や指であごを触ることは避けましょう。

 

いかがでしたか。

一度できると治りにくいあごのニキビは、原因も色々異なります。ニキビ用の化粧水などもとても人気がありますが、スキンケアだけではあごニキビの完全予防をすることは出来ません。体を健康に保つことは、肌を丈夫にすることにも繋がります。

そのため、食生活や生活習慣なども見直して、あごのニキビ予防を本格的に始めることが必要です。どんな原因でも改善する為には時間がかかりますが、諦めずにニキビ予防ケアを続けてください。

女性は生理の前など、ホルモンの働きによりあごにニキビが出来やすくなる時期もあります。そのような場合も、初期の段階でニキビケアができるように、日頃から予防に重点をおいたニキビ対策をとるように心がけてください。

 

まとめ

あごニキビの原因を理解して再発を完全防止する7つのケア

・ 洗顔であごニキビを予防しましょう
・ 正しいクレンジングでメイクを落としましょう
・ 保湿効果の高い化粧水でスキンケアをしましょう
・ あごの除毛は清潔な方法で行いましょう
・ あごを手で触るクセを治しましょう