あごニキビの悩みを速攻解消するための7つの簡単ケア習慣

あごニキビの悩みを速攻解消するための7つの簡単ケア習慣

あごニキビは、傷みが伴う上になかなか治らず、おでこニキビのように隠すこともできないため、厄介ですよね。特に20代以上の大人になってからできるあごニキビは、十分なスキンケアを行っても、治りにくく、再発しやすい、その上ニキビ跡になりやすいという特徴があります。

あごニキビの原因は、間違った洗顔、皮脂の過剰分泌、睡眠不足、過剰なストレス、ホルモンバランスの乱れなどがありますが、ひとつだけではなく、複数の原因が絡まり合ってできると言われています。

そんな厄介なあごニキビですが、悪化を避けて、再発を防ぐことは可能です。ここでは、あごニキビをできるだけ早く改善させ、再発を防ぐためにできることをご紹介します。



 

あごニキビの悩みを速攻解消するための
7つの簡単ケア習慣

 

洗顔方法を見直しましょう


みなさんは、日ごろからどのように洗顔していますか?まずは、日ごろの洗顔方法が間違っていないかチェックしてみましょう。

▢洗顔料を十分に泡立てていない
▢ゴシゴシと力を入れて洗っている
▢熱いお湯で洗っている
▢洗顔料が肌に合っていない
▢1日に3回以上洗顔している

これらにひとつでもチェックがついたら、洗顔をしていても汚れが残っていたり、肌を傷つけたり、肌のバリア機能を壊していることがあります。ニキビの原因にもなってしまうため、洗顔を見直しましょう。

【正しい洗顔方法】
①手を洗う汚れた手で洗うのは、肌に汚れを付着させることになります。
②ぬるま湯で顔を洗う洗顔料を使う前に、落とせる汚れは落としておきましょう。
③洗顔料を十分に泡立てるできるだけ多くのきめ細かい泡を作りましょう。ネットを使うと◎
④作った泡を顔に乗せて円を描くように優しく泡で顔を洗うおでこ→頬→まぶた→鼻→小鼻→あご→口の順に指が顔に触れないように洗うのがコツ!
⑤泡が残らないようにしっかりとすすぐ特に、髪の生え際やあごは、すすぎ残ししやすい部分です。やりすぎかなと思うくらいがベスト!
⑥新しいタオルで水分をしっかり取る汚れたタオルでゴシゴシ拭いてしまうと、これまでの努力がすべて無駄になります。新しいタオルを肌に当てるように拭きましょう。

洗浄力が高い洗顔料は、肌本来のバリア機能を壊し、肌を乾燥させます。自分の肌に合った適度な洗浄力の洗顔料を選んでくださいね。また、ニキビができている部分は、より優しく洗いましょう。

 

十分な保湿をしましょう


あごニキビができるのは、あごが乾燥しやすいことにあります。その理由はふたつ。・角質層が硬くなるため、毛穴が詰まりやすい・皮脂が過剰に分泌されるためこのふたつの要因が絡み合うことで、ニキビができやすくなってしまうのです。つまり、乾燥を防ぐことがニキビの予防に繋がるということですね。

正しい洗顔で汚れをしっかりと落としたら、十分な保湿をしましょう。おすすめは、植物由来の保湿成分が配合されているケア商品です。ニキビができている場合には、炎症を防ぐ効果を持つ化粧水でケアしましょう。

 

体の内側からケアしましょう


あごニキビは、皮脂の過剰分泌が原因となっていることがあります。皮脂の分泌を抑える効果を持つビタミンB群を積極的にとり、体の内側からニキビを改善しましょう。

【積極的に摂取したい食材】
・皮脂の分泌を抑えるビタミンB2を多く含む食材レバー、豚肉、納豆、イワシ、きのこ類など
・新陳代謝を促すビタミンB6を多く含む食材バナナ、マグロ、牛レバー、大豆、卵など

【控えたい食材】
・動物性脂肪牛乳、乳製品、肉類など・糖分ジュース類、お菓子類など
・刺激物辛いもの、酸っぱいもの、塩辛いものなど
・血糖値を急激に上昇させる食品(高GI食品)インスタント食品、甘いもの、缶詰など

これらは、皮脂腺を刺激してしまうので、皮脂の過剰分泌につながります。摂取量には注意しましょう。

 

ホルモンバランスを整えましょう


あごニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因となることもあります。ホルモンバランスが乱れる要因は、性周期によるものだけではありません。日ごろの生活の中にもホルモンバランスを乱す要因があるのです。まずは、日ごろの生活の中に、ホルモンバランスを乱す要因がないかチェックしてみましょう。

▢睡眠不足▢不規則な生活
▢栄養が偏った食生活
▢環境の変化
▢強いストレス

この中に、思い当たる部分がある方は、ホルモンバランスが乱れていることが原因かもしれません。規則正しい生活、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

ストレスの要因を取り除くことができれば良いのですが、容易なことではありませんよね。適度にストレスを発散させ、ストレスとうまく付き合うことが大切です。ホルモンバランスを整えることは、あごニキビそのものをケアするよりも重要です。日ごろの生活習慣を見直して、改善できるところは改善しましょう。

 

紫外線対策もしっかりとしましょう。


紫外線によるダメージと言えば、シミやそばかすをイメージする人が多いですよね。でも実は、ニキビの原因にもなることがあるのです。紫外線を浴び続けると、体は角質を厚くして紫外線から肌を守ろうとします。

このときに、古くなった角質が毛穴に詰まるとニキビができやすくなってしまうのです。さらに、紫外線によるダメージにより肌のバリア機能が低下すると、ニキビを悪化させることもあります。

ニキビの改善だけでなく、再発を防ぐためにも紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。・でかける前には日焼け止めを塗る・帽子や日傘を活用するなどして、紫外線を直接浴びない工夫をしましょう。

 

あご周りの冷えを解消しましょう


スキンケアや生活習慣をしっかりしていてもあごニキビが改善しないという場合は、冷えが原因かもしれません。

▢首周りが冷えている気がする
▢なんとなく肩がこっている気がする

これらに思い当たる方は、冷えによってあご周りのリンパの流れが悪くなっているかもしれません。あご周りのリンパの流れが滞ると、あごニキビができやすくなるため、リンパの流れをスムーズにしましょう。

【あご周りのリンパの流れをよくするマッサージ】
①鎖骨周りをやさしくさする
②両手の親指と人差し指であごをつまみ、耳の後ろまで移動させる
③耳の後ろに到達したら、人差し指を離し、うなじを通り鎖骨まで親指を移動させる

これだけでもリンパの流れはよくなりますが、合わせてストレッチや入浴などで体全体の血行を良くすると良いでしょう。

 

皮膚を清潔に保ちましょう


あごニキビの改善や再発の予防のためには、皮膚を清潔に保つことも大切です。皮膚を清潔に保つと聞くと、洗顔のことばかりに気を取られがちですが「髪の毛による刺激」と「寝具の汚れ」にも注意しましょう。髪の毛が長いと、髪の毛があごに触れることがあります。

特に毛先の汚れや整髪料が刺激となりニキビを悪化させることがあるため、あごニキビができている場合には、髪の毛があごに触れないようにしましょう。また、枕や布団などの寝具が汚れていると、あごニキビを悪化させます。

寝具はできるだけ清潔に保ちましょう。毎日の交換が理想ですが、難しい場合には、枕の上にタオルを敷く、布団類の襟口はタオルで保護するなどして、タオルは毎日取り替えましょう。

 

いかがでしたか。

ニキビができると、ニキビそのものをケアすることに気を取られがちです。もちろん、ニキビケアも大切ですが、あごニキビを早く治し、再発を防ぐためには、日ごろの生活習慣の見直しや外的な刺激に対する対策、体内からのアプローチも忘れずに行いたいですね。

一度にすべてを見直すのは難しいという場合には、できるところから改善してみましょう。また、あごのニキビは、婦人科系疾患のサインとして現れることや虫歯が原因となっていることがあります。

生活習慣を見直し、適切なケアをしていてもニキビが治らない、一度治ったのに、すぐにまた繰り返してしまうという場合には、念のため婦人科や歯科医院を受診してみることをおすすめします。

 

まとめ

あごニキビの悩みを速攻解消するための7つの簡単ケア習慣

・ 洗顔方法を見直しましょう
・ 十分な保湿をしましょう
・ 体の内側からケアしましょう
・ ホルモンバランスを整えましょう
・ 紫外線対策もしっかりとしましょう。
・ あご周りの冷えを解消しましょう
・ 皮膚を清潔に保ちましょう