あごニキビの原因を見つけてきれいな肌にする5つの秘訣

あごニキビの原因を見つけてきれいな肌にする5つの秘訣
あごにニキビができると、なかなか治らなかったり、痛かったりして、困りますよね。更に、あごのニキビは大きくなりやすかったり、痕が残りやすかったり・・・。実は、あごはニキビができやすい場所なんです。 あごは顔の他の場所に比べて、汗はあまりかかない場所。それなのに、ニキビができやすいなんて不思議に思われる事でしょう。

なぜあごにニキビができやすいのでしょうか。あごには、皮脂を分泌する器官である皮脂腺が多く分布されています。しかし、汗をかく汗腺はあまり分布されていないため、汗をあまりかかず乾燥状態になりやすく、結果、皮脂が過剰に分泌される場所になります。そして、分泌されやすい皮脂が詰まると、あごニキビの原因となるのです。

皮脂が分泌されやすいのは体の構造のため、変えることはできません。ですが、皮脂が詰まりやすい原因を知って、対策を取れば、あごニキビを予防しきれいな肌でいられるのです。そこで今日はあごニキビの原因を見つけてきれいな肌にする5つの秘訣についてお伝えします。あごニキビの原因と対策を知って、きれいな肌を目指しましょう。



 

あごニキビの原因を見つけて
きれいな肌にする5つの秘訣

 

ホルモンバランスの乱れを整える


あごニキビの一番の原因は、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌量が通常よりも活発になり、皮脂が詰まりやすくなるため、あごニキビの原因となります。

ホルモンバランスが乱れる原因は、女性の場合は生理周期によって起きる黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの増加によるものがあります。プロゲステロンは、増加すると皮脂分泌が活発になります。男性の場合は、皮脂分泌が活発になる男性ホルモンのアンドロゲンが元々強く、皮脂線が多いあごは皮脂分泌量が増えやすいため、あごニキビができやすいです。

生理周期によるものや男性の場合のホルモンバランスが原因によるニキビは、対策としては、洗顔をするタイミングを増やしてみるのが秘訣です。皮脂の分泌量が多い状態なので、皮脂や汗をかいたらこまめにふいたり、水だけで良いので洗顔をするとよいでしょう。

この時に大切なのが、朝夕の洗顔以外は、洗顔料を使わないこと。洗顔料を使ってこまめに洗顔をすると、洗顔料が皮脂を落としすぎてしまうからです。こまめに洗顔をする時は、皮脂を落としすぎないように、水だけでするようにしましょう。

 

ターンオーバーの乱れをなくす


ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことです。肌は毎日新しい細胞が生まれ、肌の角質となって体を守り、約40日の周期で古い角質が垢となって落ちて、また新しい肌に生まれ変わるということを繰り返しています。それがターンオーバーの仕組みなのですが、ストレスによってホルモンバランスが乱れると、このターンオーバーが乱れてしまうのです。

ターンオーバーが乱れると何が起きるのかというと、本来落ちるはずの古い角質が落ちず落ちなかった古い角質が厚い層となり毛穴を塞いでしまいます。その結果、毛穴から排出されるはずの皮脂が毛穴にたまってしまい、あごニキビになってしまうんです!

ターンオーバーの乱れをなくす秘訣はよく眠ること。睡眠不足はストレス増加の原因となりますが、肌のターンオーバーの乱れにとっても重要な原因なのです。それは、ターンオーバーは眠っている間に行われるから。肌にとって一番良いのは午後10:00〜午前2:00の間に眠ることと言われていますが、ターンオーバーは約6時間かけて行われるため、まず最低でも6時間眠ることが大切です。

また、眠る前は必ず洗顔と、化粧をしている場合はクレンジングを行ってください。洗顔やクレンジングを行っていない状態だと、皮膚に汚れが付いたままになり、ターンオーバーのうまく行われません。

 

間違ったスキンケアをしない


あごニキビの原因のひとつとして、間違ったスキンケアを行っている場合もあります。ニキビができると、皮脂の分泌が多いと思い、つい洗顔の回数を増やしてしまいがちです。ですが先に書いたように、洗顔の回数を増やしてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまい、逆に肌の角質層を傷つけてしまうのです。

あごニキビは、乾燥肌の人でもできます。それは、ニキビの原因が、皮脂の量ではなく毛穴のつまりやすさによるものだから。たとえ皮脂の量が多くても、お肌のターンオーバーで古い角質が正常に剥がれ落ちていけば、毛穴はつまらず、自然とニキビもできやすくなります。

また、肌はとても繊細にできています。そのため、洗顔をする時は力を入れず、優しく洗うことも大切です。ごしごしと力を入れて過剰な摩擦や刺激を与えると、薄い角質層を傷つけてしまい、肌が本来持つ保湿機能を低下させてしまいます。 その結果、肌が乾燥しやすくなったり、逆に皮脂を過剰に分泌してしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

また、洗顔後は適度な保湿が大切です。保湿を一切しないと、皮脂を過剰に分泌してしまうことがあり、あごニキビの原因となってしまいます。朝夕の洗顔と、洗顔後の保湿を心がけましょう。

 

外的な刺激を減らす


あごニキビは、外的な刺激も大きな原因です。あご周りは日常的によく手が触れやすく、髪の毛や服の襟といった、物がよく触れやすい場所です。そういった物が触れることで、あごには雑菌がつきやすく、そうした雑菌が毛穴に入り込み、炎症を起こし、あごニキビになるのです。

また、あごに髪の毛が触れていると、髪の毛の雑菌があごのあちこちに付いてしまい、あごニキビが広がってしまいます。 また、男性の場合は、髭剃りの際にシェーバーやカミソリの刃などからあごに雑菌が付着し、あごニキビになってしまうこともあります。

外的な刺激をあまり受けないようにするために、あごにあまり髪が触れないように髪を束ねたり、口周りだけではなくあごも清潔に保ちましょう。髭剃りやシェーバーを使用する際は、あごに極力傷をつけないように、シェービングフォームやローションを使って使用するようにしてください。髭を剃ったあとも、必ずあごに保湿をし、使用後のシェーバーも清潔にしておきましょう。

 

体を冷やさない


体の冷えがあごニキビと関係があるなんて、不思議ですよね。なぜ体の冷えがあごニキビの原因となるのかというと、体の冷えによる血行不良により、体の新陳代謝が下がってしまうからなのです。

冷えによって体全体が血行不良となると、皮膚が酸素不足になり、新陳代謝が下がり、老廃物がたまってしまいます。 その結果、ターンオーバーが遅れ、あごニキビができやすくなってしまいます。

また、体が冷えているとホルモンバランスも乱れて、あごニキビができやすくなったりもします。また、 腎臓が冷えてしまうと、腎臓機能が低下して、あごニキビができやすくなってしまいます。

このように、体の冷えはたくさんのあごニキビの原因を引き起こします。現代、冷え性の人がとても増えていると言われていますが、体の冷えは様々な体の不調を引き起こすので、放っておかずに対処していく必要があります。

冷えには、きちんと湯船に浸かってお風呂に入ることが大切です。忙しいからとシャワーですませてばかりいると、体が暖まる機会がなく、冷えやすくなります。長時間湯船に浸からなくても、30分程度の半身浴もおすすめです。

また、冷えには食事も大切で、体を暖める食べ物を採るようにしましょう。体を暖める食べ物は、生姜がおすすめです。逆に、冷たい飲み物や、体を冷やす白砂糖等の食べ物は、控えるようにしましょう。

 

あごニキビの原因には、ターンオーバーや皮脂の分泌量といった皮膚だけのものでなく、ストレスによるホルモンバランスの乱れや冷えなど、様々なものがあります。そのため、あごニキビの原因を見つけて改善し、きれいな肌を目指すには、生活習慣自体を見直すことが一番効果的です。

朝と夕にきちんと洗顔をし、食事は体を労り暖めるものを摂取し、シャワーよりもゆったりと湯船に浸かるようにして、睡眠時間も最低6時間は取るようにする。そうすることで、あごニキビが改善し、同時にストレスや冷えも改善することができます。あごニキビの改善で、自然とストレスや冷えも改善できるなんて、一石三鳥くらいになりますよね。

生活習慣から改善するというのは、直ぐに変化が現れるというものではありません。ですが、毎日の過ごし方をより体に良いものに変えていくことで、あごニキビは着実に改善されていくのです。あごニキビの原因を見つけてきれいな肌にする5つの秘訣で、あごニキビを改善し、更には健康的でストレスの少ない毎日を手に入れましょう!

 

まとめ

あごニキビを改善するには

・ ホルモンバランスの乱れを整える
・ ターンオーバーの乱れをなくす
・ 間違ったスキンケアをしない
・ 外的な刺激を減らす
・ 体を冷やさない