目立つあごニキビの原因は?早く治すためにできる5つの事

目立つあごニキビの原因は?早く治すためにできる5つの事
あごにニキビができても、原因が分からないと対処のしようがないですよね。一般的にあごニキビとは、あごだけでなく首筋にかけてのフェイスライン(Uライン)にできるニキビを言います。実はこれ、大人ニキビの特徴なのです。大人ニキビの原因は1つだけではなく、多くの要因が合わさって発生します。

そのため一度でもニキビが発生してしまうと治りにくく、同じ場所に何度もできてしまう厄介なものなのです。あごニキビを治すには、どのような原因でニキビができたのかを確認し、対処していく必要があります。

そこで今回は、あごニキビができる原因と早く治すためにできる対策についてお伝えします。あごニキビだけでなく大人ニキビ全般にも活用できる方法になっているので、ぜひ実践しましょう。



 

目立つあごニキビの原因は?
早く治すためにできる5つの事 

 

 

食生活を見直し、胃腸を整えよう


あごニキビができるのは、胃腸の不調が原因の場合があります。胃腸が悪いと新陳代謝が落ちてしまいます。代謝が落ちると肌のターンオーバーも遅くなってしまい、ニキビができたり悪化したりしてしまいます。ジャンクフードや肉・揚げ物などを食べていませんか?また、暴飲暴食も胃腸に負担をかけてしまうので、食事の際は腹八分目を心掛けましょう

また、あごのニキビに限らず、胃腸が悪いと肌に影響してしまいます。不足しがちな野菜や豆類を積極的にとるようにして、栄養バランスを整えましょう。とくに、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCはニキビ予防に最適なので、魚類や果物も一緒に食べるようにすると良いでしょう。

 

正しいスキンケアをしよう


毎日きちんと洗顔をしていても、あごの周辺のケアは疎かになってしまうものです。洗顔料やメイクの洗い残しが少しでもあると、毛穴に汚れが溜まってしまい、あごニキビの原因になってしまいます。なので、洗顔時はメイクや泡の洗い残しがないように、ぬるま湯で顔全体をまんべんなく洗いましょう

ただし洗いすぎは禁物です。あまりに何度も洗顔してしまうと、肌を守ってくれている必要な皮脂までなくなってしまいます。そうすると乾燥肌になってしまい、かえってニキビを発生させてしまうという悪循環に陥ってしまいます。洗顔は1日2回で十分です。

さらに、洗顔後の保湿も大切。保湿をしないと、乾燥した部分に菌が繁殖してしまい、ニキビを誘発してしまいます。特にUラインは適当に塗ってしまいがち。塗り忘れがないようにしっかりと保湿しましょう。

 

適度に運動しよう


「運動すると汗をかいて余計ニキビを悪化させてしまいそう…」と思われるかもしれませんが、運動不足があごニキビの原因になっていることもあるのです。運動をしないと免疫力が低下してしまい、ニキビをさらに誘発してしまうことになりかねません。適度な運動をすることにより新陳代謝がアップし、肌のバリア機能が高まります

さらに運動には、デトックス効果やストレス解消効果もあるので、健康的な肌を手に入れることができます。

運動が苦手という方は、ストレッチやヨガなど、軽く体を動かすだけでも構いません。忙しくてできないという方も、1日5分だけでも大丈夫なので試してみてくださいね。

 

紫外線対策をしよう


日焼け止めを塗るとき、顎までちゃんと塗っていますか?紫外線が当たると皮膚が乾燥し、ニキビを悪化させる原因になります。特にあごは他より紫外線を受けやすい部位です。日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりしてUVケアはきちんとしておきましょう。

また、「夏は日焼け止めを塗っていても冬は塗っていない」という人が意外と多いです。紫外線は夏だけではなく一年中発生するものです。季節や天候に関係なく、きちんと対策することが大切です。

 

ストレスを解消しよう


人間はストレスを感じることにより、抗ストレスホルモンを分泌します。このホルモンは男性ホルモンを刺激し、皮脂の過剰分泌を促します。あご部分の皮脂が大量に出てしまうと、あごニキビができたり悪化したりする原因に。このように、ストレスは正常なホルモンバランスを乱してしまいます

とは言っても、すべてのストレスのもとを絶つことは簡単ではありませんよね。したがって日常の中で、少しでもリラックスできる時間を自分に作ってあげることが大切になります。カラオケに行ったり友人に会ったりして発散するのもい良いでしょう。深呼吸するだけでも解消されます。できるだけストレスを溜め込まないよう、自分なりに少しずつ発散していきましょう

 

いかがでしたか。あごニキビの原因は実に多く、思春期ニキビのように1つだけ気を付ければ治るというものではありません。

また女性と男性で、あごニキビの原因が変わってくる場合もあります。先程ホルモンバランスの乱れとニキビの関係についてご説明しましたが、女性はストレスがなくても、生理の2週間前からホルモンバランスが乱れてしまう性質があります。対する男性は、髭を剃る習慣があるため、カミソリであごの皮脂が落ちたり洗顔不足があったりという原因でニキビが発症してしまいます。そのため、女性は生理前後は食生活に気をつけ、男性は髭剃りの後スキンケアを十分にする必要があります

このように、性別によってもニキビ対策の仕方は変わってきます。まずは自分のあごニキビの原因を理解し、早く治せるよう、そして再発しないように対策していきましょう!

 

まとめ

あごニキビを早く治すには

・食生活を見直し、胃腸を整えよう
・正しいスキンケアをしよう
・適度に運動しよう
・紫外線対策をしよう
・ストレスを解消しよう


連記事