あごニキビが治らない原因と根本から治す3つの方法

あごニキビが治らない原因と根本から治す3つの方法

ニキビって、目立つように顔のTゾーンに発症しますが、あごにもニキビが発症して悩まされることがありますよね。あごにニキビができると、なかなか治らなくて、繰り返して発症するので、とても厄介です。

大人になってからのニキビは、特に女性にとってはメイクにも影響して、出かけ先の対面で気になってしまいます。早く、治したいですよね。

自分の顔を鏡で見て、ニキビを見つけると、きれいにならないとはわかっていても、我慢できなくて潰してしまう人が多いです。

なかなか治らなくて、繰り返して発症する、あごニキビ、潰さずに治すことができる方法があれば知りたいと思いませんか。そこで今回は、「あごニキビが治らない原因と根本から治す3つの方法」ということで、お伝えします。



 

あごニキビが治らない原因と
根本から治す3つの方法

 

あごは、Tゾーンより乾燥しやすい


あごは、Tゾーンより乾燥しやすいのは、汗をかきにくい箇所だからです。そして、乾燥しやすいということで、あごニキビは繰り返してしまうというメカニズムがあります。最近注目されているインナードライ肌という状態になっているので、治りにくいあごニキビが発症するということなのです。

オイリー肌、脂性肌、乾燥肌、敏感肌のケアがあるように、インナードライ肌のケアの方法があります。インナードライ肌というのは、どういう状態か?テカテカになるほど皮脂が分泌されているのに、実は肌の内側がカラカラに乾いている状態を言います。

あごニキビの対策は、インナードライ肌の対策をするという点で考えてみてください。皮脂を拭き取るよりも、洗顔回数を増やすよりも、徹底した乾燥対策をする必要があるというこになります。

皮脂って、油紙やティッシュを使って拭き取りたくなりますよね。しかし、皮脂を拭き取るというあごニキビ対策には、おすすめできない理由があります。それは、肌からの水分蒸発を進行させてしまうからです。

洗顔回数を増やすいう対策も同じように、控えたい理由があります。やはり、肌の乾燥を促進してしまうからです。特に、合成界面活性剤などが入っている、強い洗顔料を使うと、角質の保水機能を下げてしまいます。

洗顔料は洗浄力が弱く刺激が少ない物に変えて、洗顔時の水温は、30~35度くらいにしてみてください。あごニキビの対策で、保湿するアイテムを使うなら、浸透力がすぐれているものを選びましょう。

 

女性ホルモンを整える


女性の体は、2種類のホルモンがバランスよく分泌されます。生理後から次の排卵日までは、卵胞ホルモンの分泌が増えます。排卵日から次の生理日までは、黄体ホルモンが分泌されます。黄体ホルモンは男性ホルモンであるアンドロゲンに似た作用もあるので、生理前になるとあごニキビが発症しやすくなります。

あごの周りは男性ホルモンの影響を受ける場所なので、あごニキビが発症しやすくなるというメカニズムがあります。女性の体においても、男性が持つ量の約5~10%くらいの男性ホルモンが分泌されます。

女性はあご周りは、男性に比べて毛穴が発達していないので、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴がすぐにつまりるのです。その結果として、あごニキビが発症しやすくなるというわけです。そこで、女性ホルモンを整えることが大事になってくるのです。ストレスを和らげることで、女性ホルモンを整えましょう。

女性ホルモンを整えるには、睡眠不足の改善、偏った食生活の改善、運動不足の解消、禁煙、禁酒、ダイエットの中止などが考えられます。サプリメントを選ぶなら、ビタミンB6、ビタミンE、プラセンタ、大豆イソフラボンなどの成分が含まれているものがおすすめです。

アロマを活用するなら、ジャーマンカモミール、クラリーセージ、ゼラニウム、スイートマジョラム、ローズウッド、ローズオットー、ネロリなどがおすすめです。リラックス効果ですね。

 

胃腸の乱れ


あごニキビのように、フェイスラインにニキビができやすいのは、胃腸の乱れが原因であると考えられます。便秘が続く時も、下痢が続く時も、あごニキビができる原因となります。日常生活において、食生活の注意と体の冷えの注意が必要です。

深夜に食事をする生活が続いたり、体を冷やすような飲食が続いたりしていると、胃腸の乱れにつながって、あごニキビができてしまうのです。そう言えば、身の覚え、ありますよね。

 

以上、あごニキビが治らない原因と根本から治す3つの方法についてお伝えしましたがいかがでしたか。ニキビができる大きな原因は、皮脂の分泌と乾燥ということになります。ニキビ対策は、徹底した保湿が必要だということです。

ホルモンバランスで考えると、男性ホルモンがあご周りに影響します。女性の中の男性ホルモンや男性ホルモンに似ている黄体ホルモンにより、皮脂が分泌されるようになります。

その上、女性は鬚が生えないので、毛穴が発達していないので、皮脂がつまりやすい構造になっているんです。女性ホルモンを整えることも、あごニキビの対策には重要なポイントになります。

また、胃腸の乱れも、あごニキビの発症につながりがあります。便秘が続く時も、下痢が続く時もできやすいです。あごニキビは食生活や体の冷えにもじゅうぶん注意しましょう。

 

まとめ

あごニキビを治すには

●インナードライ肌の対策をする。
●女性ホルモンを整える。
●胃腸の乱れを整える。