ひどい顎ニキビをさらに悪化させてしまった私の3つの失敗

ひどい顎ニキビをさらに悪化させてしまった私の3つの失敗
顎ニキビができると、ついつい触ったり鏡でじっくり観察してしまいたくなりますよね。でも、これらの行為は、顎ニキビを悪化させるものにほかならないのです。

顎ニキビは大きく腫れたり膿んだりしやすいという特徴を持つため、一度できると長引きやすいです。そんな長い付き合いになると、扱いが雑になってしまったり、逆に気になり過ぎてストレスの原因になります

このように、顎ニキビを治す妨げとなるものは意外とたくさんあります。それを知らずに間違ったケアをしたせいで悪化させたという人は少なくないはずです。今、顎ニキビに悩む人には、是非知っておいてもらいたいものです。

そこで今回は、顎ニキビを悪化させる原因となる間違った習慣やお手入れなどについてお伝えします。



 

ひどい顎ニキビをさらに悪化させてしまった
私の3つの失敗

 

洗い過ぎて乾燥させてしまった


顎ニキビは、皮脂の分泌過多により起こる思春期ニキビよりも、乾燥や敏感肌が原因で起こる大人ニキビとして出ることが多いものです。つまり、洗浄力が強い洗顔料を使い、さっぱりタイプの化粧水を付けているのでは、顎ニキビはどんどん悪化してしまうばかりということ

今では大人ニキビの対処法もかなり知られるようになりましたが、それでも「ニキビ=しっかり洗う、皮脂を取る」という認識の人は少なくありません。この間違った認識のままでいると、早く治そうと強い洗顔料で洗顔を続け、そのせいで顎ニキビの乾燥が進んで悪化し、そしてまた治そうと過剰に洗ってしまうという悪循環に陥りがちです。

これではいつまでも治らないのはもちろんのこと、酷い炎症によってニキビの内部組織が壊れてしまい、治った後もニキビ跡になってしまうという二次的なトラブルが発生します。そうならないためにも、顎ニキビができてしまったら、洗顔料はお肌に優しいものを使い、低刺激の基礎化粧品に切り替えるようにしましょう。

 

気になり過ぎてよく触ってしまった


顎は、無意識に手をやりやすい場所の一つ。その部分にプックリとした顎ニキビがあると、ついつい指先でいじってしまうものです。

でも、ニキビ、特に大きくなったものに指で触れると、指先の雑菌がニキビにうつり、さらに悪化させてしまいます。腫れたニキビというものは、既にかなり皮膚のバリア機能が落ちている状態のため、指先の常在菌にもすぐに負けてしまうのです。

もちろん、指でなければ何で触れてもいいというわけではありません。サイドの髪や洋服の襟、うつぶせで寝ている時の寝具など、触れると顎ニキビに悪影響を与えるものはたくさんあります。顎ニキビを少しでも早く治したいのなら、手やそれ以外のものが患部に触れないように気を付けましょう

髪型もサイドをすっきりとまとめるスタイルが良いでしょう。衣類も襟が大きなものやオフタートルのものはなるべく避け、胸元がすっきり開いたものを着用することをおすすめします。ストールやマフラーも不衛生になりやすいので、寒さが厳しい季節以外は避けた方が無難です。

 

絞って無理に芯を出してしまった


「顎ニキビが気になる」が高じると、しびれを切らして絞って芯を出し、手っ取り早く治してしまおうという発想に陥りがちです。確かに、方法を間違わなければ芯を出した方が早く治ることもあるのですが、素人が自分で無理やり行うと却って悪化させたり、毛穴が開いて一生残る跡になるリスクがあります

ニキビに傷を付けると芯と共に中に溜まった膿が出てきますが、消毒をしっかりしないとその膿が周囲に付いて、ニキビの範囲を広げることになりかねません。また、ニキビの芯を出す際は芯だけを上手に出す必要がありますが、ここで絞り過ぎてその奥にある組織まで出してしまうと、治った後に毛穴が広がる原因になります

どうしても顎ニキビの芯を出したいという人は、皮膚科で処置してもらうことをおすすめします。皮膚科なら芯を出しても良い時期なのかを見極めてもらえますし、処置後の悪化を防ぐための抗菌薬や軟膏を処方してくれます。お金はかかりますが、安心を買うと思えば安いものですよね。

 

いかがでしたでしょうか。ニキビの中でも特に顎ニキビにやってしまいがちな失敗についてご説明しました。

本文中では触れることやお手入れについて取り上げていますが、ニキビ全般のタブーとして、「ストレスを溜める」ということがあります。ニキビをストレスだと感じると、ついつい気になって触りがちになってしまったり、過剰なお手入れに走ってしまう原因となります。また、女性の場合はホルモンバランスの乱れと相乗し、顎ニキビをさらに悪化させることにも繋がります

顎ニキビを少しでも早く治すためには、お手入れし過ぎない、触り過ぎない、そして気にしないということが大切です。気になるものを気にしないようにするにはかなりの努力が必要ですが、顎ニキビから解放されるためだと思って意識改革をしましょう。

まとめ

顎ニキビを悪化させる行為は

・洗い過ぎて皮脂を取り過ぎ、乾燥させる
・気になり過ぎてよく触る、衣服や寝具が触れる
・絞って自己判断で無理に芯を出す