あごのニキビが悪化したら?原因をさぐって改善するコツ

あごのニキビが悪化したら?原因をさぐって改善するコツ
あごの下やフェイスラインのニキビって治りにくいし、何度もできてしまいますよね。ニキビというと鼻のまわりとかおでこにできたニキビを想像しますが、意外とあごはニキビができやすい場所なんです。

あごにできてしまったニキビはあっという間に赤く腫れてしまい、痛みが伴うこともしばしば。やっと治ったと思ってもすぐにまたできてしまうと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

あごのニキビについて間違った知識で間違ったケアをしていませんか?あごのニキビを治すにはなぜニキビができるのかを知ることが大切、原因に合わせたケアをしなければあごのニキビは治りません。

そこで、今回はあごのニキビの原因をさぐって改善するコツについてお伝えします。



 

あごのニキビが悪化したら?
原因をさぐって改善するコツ

 

 

あごのニキビは大人のニキビ


ニキビといえば青春の象徴。思春期にはつきものですが、あごにできてしまうニキビはちょっと違います。あごのにきびは思春期の頃にはできにくく、大人になってからできることが多いのです。

ニキビは皮膚の古い角質や皮脂が毛穴からうまく排出できずに毛穴をつまらせてしまうことでできてしまいます。思春期の頃にできるニキビの多くはホルモンバランスの乱れから皮脂が過剰に分泌され、発達が不十分な毛穴から角質や皮脂の排出が十分にできないことによってできてしまいます。

大人のニキビもホルモンバランスの乱れが原因のひとつですが、バランスが乱れる原因が違います。大人の場合はストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどによって男性ホルモンの分泌が増えることで皮脂の分泌が多くなり、ニキビを引き起こしてしまいます。

また女性の場合、性周期によって女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が促されます。黄体ホルモンで皮脂の分泌は活発になり、ニキビができやすい状況になるのです。

ストレスや生活習慣の乱れは古い皮膚細胞が新しい皮膚細胞に入れ替わる肌のターンオーバーと呼ばれる機能にも悪影響を与えます。ターンオーバーが十分に行われないと古い角質や余分な皮脂が肌に残り、ニキビができやすくなります。

あごは顔の他の場所とくらべて毛穴が少ない場所です。思春期にできるニキビは主に発達が不十分な毛穴の詰まりが原因ですから、毛穴の少ないあごにはニキビができにくいのですが、大人の場合、皮脂の過剰分泌だけが原因ではないため、あごにもニキビができてしまうのです。

肌のターンオーバーはニキビを治す効果もあるのですが、このターンオーバーが滞るようになるとニキビになってしまった角質も除去されず、老廃物がどんどん溜まってしまいます。あごのニキビがなかなか治らない原因です。

 

インナードライと間違ったスキンケア


あごに汗は出るでしょうか。あごというのはおでこや鼻に比べて汗をかきにくい場所。おでこや鼻とあごでは分布している汗腺の密度がかなり違います。

汗があまり出ないということは乾燥しやすいということです。表面が乾燥するのも良くないのですが、肌の内部まで乾燥したインナードライという状態になるとニキビ発生の赤信号です。

インナードライの状態になると皮膚は保湿するためにさらに皮脂を分泌してしまい、あごにニキビができやすくなってしまいます。

乾燥しているのになぜかテカテカとしている。この状態がインナードライの特徴です。顔の他の場所よりも脂ぎってると思って、他の場所よりゴシゴシ洗顔したりしていないでしょうか。

インナードライになったあごの皮膚は水分を逃がさないように皮脂を余計に分泌させて保護しようとしています。それを洗顔料でゴシゴシして落としてしまうと、あごの皮膚はさらに皮脂を分泌します。

いくらゴシゴシやっても毛穴の中にも皮脂はたっぷり残ってしまいます。これではもうニキビになってくれと言っているようなものです。

皮脂はすでにニキビができてしまった毛穴にも分泌されます。あごにできたニキビがすぐに大きくなりしこりができてしまう原因にもなっています。

 


ヒゲ剃りだけじゃないあごへの刺激


肌への外的刺激は皮膚を敏感にさせます。また目には見えない細かい傷が肌にできてしまうことにもなりかねません。

あごへの刺激というとヒゲ剃りがすぐ思い浮かびます。皮膚にカミソリを当てるのですからその刺激は非常に強いものです。ですがあごへの刺激はヒゲ剃りだけではありません。

気がついたらあごを触っていたということありませんか。あごを触る癖がある人は結構多いようです。また頬杖もあごのラインに広範囲な刺激を与えます。

それ以外にも衣服のこすれや携帯電話で通話するときなどあごは顔の他の場所とは比べ物にならないくらいに刺激を受けています。

刺激を受けた肌は肌を守るために角質層を厚くさせ、皮脂をたくさん分泌してしまいます。

ニキビができるのは毛穴が塞がることが原因です。たくさんの皮脂を分泌してしまい、毛穴を塞ぎやすいのです。また触ったものについている汚れや雑菌が肌に残ることですでにできてしまったニキビを悪化させる原因になります。あごは他の場所とくらべて洗顔後のすすぎや保湿が十分に行われないことも多いようです。

洗い残しで雑菌が残ったり、不十分な保湿による刺激からの回復力不足にならないように、意識的にあごからフェイスラインにかけてのすすぎを十分にするとともに洗顔後の保湿も十分に行うことであごの皮膚への刺激を回復させるようにしましょう。

 

いかがでしたか。このようにあごのニキビは大人になってからできやすいニキビです。そして肌のターンオーバーの不順と肌のインナードライ化、他の部分より多い外的刺激によって、あごのニキビは悪化してしまいます。

悪化したニキビは炎症によって赤く腫れ上がります。また、皮脂が詰まった毛穴の中で老廃物とアクネ菌が化膿して、膿がでてくるまでに悪化してしまうこともあごのニキビには多く見られます。

悪化してしまったあごのニキビは治ったあとにも赤黒いシミが残ったり、毛穴の下の皮膚細胞まで破壊してクレーター上の陥没跡を残してしまう危険性も他の場所より高くなります。

生活習慣の見直しやストレス発散によってホルモンバランスを整え、十分な保湿と刺激へのケアで肌を健康な状態にすることがあごのニキビの発生を防ぐと同時に出来てしまったニキビの早期改善のコツなのです。

 

まとめ

あごのにきびの発生と悪化を防ぐには

・生活習慣の見直しとストレス発散でホルモンバランスを整えよう
・乾燥しやすいあごの肌を十分保湿し、皮膚のインナードライかを防ごう
・意識的なあごのすすぎと保湿であごの洗い残しや保湿もれを防ごう