赤ちゃんの口臭がキツい時に疑うべき9つの原因とその対処

赤ちゃんの口臭がキツい時に疑うべき9つの原因とその対処
いつも一緒にいてかわいらしい笑顔を向けてくれるかわいらしい我が子だけどふとした時に口臭が気になることはありませんか?口臭はこんなに小さなときからあるものだろうかと不思議に思われるかもしれません。

どこか内臓が悪いのだろうか、それともブラッシングのやり方が間違っているのかしらと育児書をひっぱりだしてブラッシングの仕方を見直される方もいらっしゃるかと思います。

原因究明のために、どこの病院がよいのか、また連れていけば病院先で他の患者さんと接する事により2次感染の可能性もでてくる、交通機関でのぐずりのことも考えるとなかなか行動を起こせないでしょう。

そこで、赤ちゃんの口臭がキツい時に疑うべき9つの原因とその対処方法を今日はお伝えしたいと思います。少しでも不安なお気持ちを取り除けるようお役に立てることを願っています。



 

赤ちゃんの口臭がキツい時に
疑うべき9つの原因とその対処

 

その1: 寝起きと食事から数時間後に口臭がきつくなる

睡眠中は唾液の分泌が少ないので寝起きは口臭があります。また食事3時間前後にも同様なことが事がおきます。一番きつくなるその時間帯に、お茶や牛乳を与えてください。

 

その2: 虫歯と歯ぐきの病気

生え始めの乳歯は唾液で守られているものの寝ている間に唾液の分泌は少なくなり一番危険な状態です。ハミガキをせずに寝てしまった場合などは無理に起こさず、人差指にやわらかなガーゼを当てて、そっと歯をなぞってあげましょう。

虫歯の有無でご心配であれば、まずかかりつけの歯医者に確認して治療を行う事により口臭が消える場合もあります。小さなころより歯肉炎、歯槽膿漏もみられることがあります。

 

その3: おやつを考える

赤ちゃんのおやつはどうされていますか?市販のお菓子を買い与えていませんか?口臭の消し方としてお勧めなのが「3時のおやつ」です。果物をお勧めします。栄養の偏りが心配な赤ちゃんの事を考えると果物に含まれる成分はとても重要です。

口臭の消し方以外にも常に摂取するように心がけていきたいものです。

 

その4: 親と睡眠時間を合わせていませんか

共働きにより生活サイクルもご家庭により違ってきます。赤ちゃんが一緒に遅くまで起きていたり、仕事から帰ってきて「さあ、これから我が子と思いっきり遊びにつきあってあげよう」というのは情緒教育面からすればとてもすばらしい事です。

ですが赤ちゃんの睡眠時間はとても大切です。まずは睡眠不足をなくし、口臭を起こしやすい体質を改善していくとよいと思います。夜9時には寝かすようにしましょう。

 

その5: 栄養バランスは取れていますか

コンビニにいけばすぐにお手軽なお弁当から何まで手に入ります。ただ、食品添加物が多く含まれており、炭水化物が中心の栄養バランスが取れていないお弁当も中にはあります。

野菜嫌いだからといって野菜が含まれたスナック菓子を買い求めるお母さんもいますが、塩分の取りすぎですし、野菜も僅かしか入っていません。

お菓子を食事の代用品にあてるず、3食きちんと炭水化物だけではなくいろいろな栄養バランスをとりいれることにより唾液の分泌を促すのも大切です。

 

その6: 赤ちゃんの舌は白っぽくはないですか

舌は通常赤い色をしています。舌の上が白っぽくなっていましたらまずは舌の汚れから口臭がきているのかもしれません。白い原因はバクテリアです。

舌のケアでお勧めなのがアメリカの製品となりますが「セラブレス」というものです。日本でも通販で購入可能です。舌の汚れを取るものにジェルを塗り舌の上の汚れを落とします。

そのまま歯ブラシをしてもいいですし、個別売りで同じシリーズで口をすすぐ液を合わせて使えば効果が持続するのでお勧めです。

 

その7: 風邪をひいていませんか。胃からくることもあります。

熱を出したり、風邪をひいたりすると口臭がする場合があります。体力が消耗するので、胃も疲れてきます。簡単な手入れではハミガキの時に、無糖のヨーグルトでハミガキをして口をすすぎそのまま飲み込みます。

ヨーグルトには殺菌作用があるようですので胃を洗浄してくれるようです。

 

その8: 鼻に誤って赤ちゃんが何かを入れている場合があります。

口と鼻はつながっています。まず鼻がつまっていないか確認をしましょう。風邪をひいているわけでもないのにずるずるしている場合は耳鼻咽喉科にいってみてはいかがでしょう。

副鼻腔炎の可能性もあります。ご両親の見ていないところで絆創膏や小さく丸めたティッシュを鼻の奥に入れてしまいそのままにしている場合もあります。これが臭いの素です。

是非一度診察を受けていただくことをお勧めします。また鼻呼吸ではなく口呼吸をしている場合は鼻閉やアデノイド肥大の場合があります。口呼吸をしていると口の中が乾燥して唾液による洗浄力が低下して口臭がでてきます。

 

その9: 普段と変わりなく元気に遊んでいますか

あまり元気がなく、風邪をひいているわけでもなくなんとなくきつそうだと思ったら内臓の病気が関係してくる場合もあります。内臓の病気が原因で口臭がするのは肝不全、腎不全など重い病気の場合です。

このような場合は口臭以外の症状も見られてきます。一度小児科や保健所にご相談をされることをお勧めします。

 

如何でしたか?

今日お伝えした赤ちゃんの口臭について9つの原因とその対処について述べさせていただきました。赤ちゃんはたくさんおしゃべりをします。口が渇くと乾燥しますのでこまめに水分補給とハミガキをきちんとされていればあまり口臭は気になさらなくても良いでしょう。

最近は「ニオイ」に敏感な方が多くなり、「口臭が気になります」という病院にかけつけるお母さん方も結構いらっしゃいます。心配のない事がほとんどです。注意していただきたいのは、赤ちゃんが例え口臭がしても臭い顔をしたり本人の前で言わないようにしましょう。

対人関係を築けなくなります。赤ちゃんはお母さんが大好きです。病院にかかる前にこの9つの原因をその対処を見ていただき、少しでもあなたのお役に立てることを願っています。

 

まとめ

赤ちゃんの口臭がキツい時に疑うべき9つの原因とその対処

その1: 寝起きと食事から数時間後に口臭がきつくなる
その2: 虫歯と歯ぐきの病気
その3: おやつを考える
その4: 親と睡眠時間を合わせていませんか
その5: 栄養バランスは取れていますか
その6: 赤ちゃんの舌は白っぽくはないですか
その7: 風邪をひいていませんか。胃からくることもあります。
その8: 鼻に誤って赤ちゃんが何かを入れている場合があります。
その9: 普段と変わりなく元気に遊んでいますか