赤ニキビができる原因と炎症を抑える改善方法

赤ニキビができる原因と炎症を抑える改善方法
鏡を見て、赤ニキビを見つけると、ヤバイ!なんて思わず声を上げてしまいますよね。赤ニキビには、かゆい、痛い、潰したくなるなどの悩みがあります。「悪化させないために、触らないようにしましょう」と言われるのですが、膨らんだ赤ニキビ、気になってついつい、指で触れたくなります。

他にも、やってはいけないと言われることがあります。1日に何度も洗顔をすること、ファンデーションやコンシーラーを厚く塗ること、油分の多い化粧品を使うことなどと、何かと制限されてしまいます。

どうしても、潰してしまいたくなる赤ニキビ、悩まなくて済む方法を知っておきたいものです。そこで今回は、「赤ニキビができる原因と炎症を抑える改善方法」についてお伝えします。



 

赤ニキビができる原因と
炎症を抑える改善方法

 

皮脂の過剰分泌


赤ニキビができる原因は皮脂の過剰分泌です。毛穴に詰まった皮脂を栄養素として、ニキビの原因となるアクネ菌が増えてしまい、そのように大量に繁殖したアクネ菌により、皮膚組織が刺激されることによって炎症を起こしてできるのが赤ニキビです。

皮脂の過剰分泌する原因は、洗顔のし過ぎ、不規則な生活が考えられます。過剰な洗顔は肌を乾燥してしまい、皮脂をいっそう分泌させてしまいますし、また、ターンオーバーの乱れにつながる食生活、睡眠不足は、赤ニキビができやすくなります。

 

かゆみを伴う赤ニキビ


かゆみを伴う赤ニキビの場合がありますよね。かゆみの原因は、肌が機能低下していることが大きいです。肌が乾燥していることと使用している化粧品が合わないことが心配されます。肌の機能が低下すると、菌、ダニ、アレルゲンなどから肌を守ることができずに、かゆみにつながるということが考えられます。

体策の一つとしては、枕カバーなどの寝具の洗濯をこまめにすることも挙げられます。毎日、清潔なタオルを用意して、枕に巻くなどの工夫もしてみてください。また、化粧品を選ぶ時は、必ずパッチテストを行って、肌が赤くなったり、かゆくなったりしないかを確認しましょう。

 

痛い赤ニキビ


痛い赤ニキビは、細胞と菌が戦っている状態で、アクネ菌や雑菌が繁殖してしまうと、皮膚の細胞は細菌の繁殖を止めようとするのです。炎症しているので、痛みだけではなく、熱をもったりします。

痛みを抑える方法として、冷たいタオルを肌にあてるという方法は一時的な対処としてはOK。頻繁に冷たいタオルで炎症を抑えると、肌が乾燥してしまうことから、逆効果になる心配があります。

 

炎症を抑える成分が含まれる化粧水


赤ニキビ体策には、炎症を抑える成分が含まれる化粧水を使用する方法もあります。注意したいのは、抗炎症成分が強いと、肌に対する刺激が強く、敏感肌の場合は乾燥を招くことです。抗炎症成分が強いものを選ぶと、炎症を抑えるために専用の化粧水を使ったのに、かえって悪化したという失敗をしてしまいます。

参考までに、サリチル酸は、抗炎症作用の強い成分で、安心な抗炎症成分は、オウゴンエキスやカミツレエキスなどの天然ハーブ成分があります。また、抗炎症作用だけでなく、抗アレルギー作用も持っている成分として、甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)という成分もあります。

 

自分で潰しても良い時


赤ニキビは、自分で潰しても良い時があって、痛みや炎症を起こしている赤ニキビは、完治に向かっていくと痛みはなくなります。赤ニキビが痛みがなくなっている場合は、自分で膿を出してしまっても大丈夫です。自分で膿を出す時は、針、コメドプッシャー、ピンセットを使うことをおすすめします。

赤ニキビの膿の出し方の説明は、蒸しタオルで毛穴を開いて、消毒した針で、赤ニキビの白い膿の中心に穴をあけておき、次に、コメドプッシャーを膿の中心に3秒押し当てて離すという動作を3回くらい繰り返して、白い膿が出てきたら、ピンセットで取り除いて、最後に患部を消毒して下さい。

 

洗顔の仕方


洗顔の仕方に気を配る必要があり、泡で顔を包むように洗って、ぬるま湯で、すすぎを念入りに行ってください。 洗顔料を使うのは、1日1回にして、あとは、ぬるま湯のみで洗うようにしましょう。洗顔後に使うタオルは、毎回、清潔なものを用意してください。

赤ニキビを繰り返す原因となる肌の乾燥につながるので、洗顔の回数を多くしないこと、洗顔料を使いすぎないことに注意しましょう。

 

以上、「赤ニキビができる原因と炎症を抑える改善方法」についてお伝えしました。炎症を抑えるという点では、炎症を抑える成分が含まれる化粧水を使用するのが好ましいでしょう。

化粧水選びがポイントとなりますが、オウゴンエキスやカミツレエキスなどの天然ハーブ成分を採用しているものがおすすめ。逆に、注意したいのは、サリチル酸など、抗炎症作用の強い成分が配合されているものです。

赤ニキビの根本的な体策は、皮脂の過剰分泌を防ぐことですが、洗顔の回数が多過ぎること、不規則な生活には注意が必要となります。過剰な洗顔は肌を乾燥してしまうので、皮脂をいっそう分泌させてしまいます。

そして何よりも、ターンオーバーの乱れにつながる食生活、睡眠不足は、赤ニキビができやすくなります。

 

まとめ

赤ニキビができる原因は

●皮脂の過剰分泌が赤ニキビの原因。
●かゆみの原因は、肌の機能低下。
●痛い赤ニキビは、細胞と菌が戦っている。
●炎症を抑える成分が含まれる化粧水を使う。
●自分で潰しても良い時がある。
●洗顔の仕方に気を配る。