簡単スッキリ☆赤ニキビの正しい治し方

簡単スッキリ☆赤ニキビの正しい治し方赤く腫れてしまった赤ニキビは目立ってしまうし痛みもある上に繰り返しできてしまう困り者なので、きれいに治って再発しない赤ニキビの治し方があるのなら試したいものですよね。症状ごとに色が変わっていくニキビの中で赤ニキビは重度の一歩手前

放置しているとさらにひどい黄ニキビや茶ニキビ、紫ニキビになってしまいます。赤ニキビはニキビが重度の状態に入ったことを知らせる赤信号。赤ニキビの段階で治さないとニキビ跡が残って、取り返しがつかなくなってしまうかもしれません。

ニキビができてしまったら初期症状のうちに治してしまうに越したことはありませんが、赤くなってきた段階でも諦める必要はありません。赤ニキビは治し方を間違えなければ治ってくれますよ。そこで今回は赤ニキビが出来る理由と赤ニキビの正しい治し方についてお伝えします。



 

簡単スッキリ☆

赤ニキビの正しい治し方

 

赤ニキビが出来る理由


ニキビは毛穴が角栓と呼ばれる古い皮膚と皮脂が混ざってできたもので詰まってしまい、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことでできてしまいます。最初は塞がった毛穴部分がプツっと膨らんだだけの白ニキビ、次に毛穴に溜まった皮脂が塞がった毛穴から漏れ出してニキビのてっぺんに黒い色がつくのが黒ニキビです。

白ニキビと黒ニキビはニキビの初期症状なので、この段階では肌のターンオーバーが正常に働いてくれれば自然治癒することもあります。次の段階が赤ニキビ。毛穴の中で酸化した皮脂にアクネ菌が繁殖し炎症を起こしてしまい、ニキビとその周囲が炎症のせいで赤くなってしまった状態です。炎症は初めに皮膚の表面で起きますが、症状が進むと毛穴の中まで炎症の範囲が広がってしまいます。

炎症を起こした毛穴の中が化膿して膿が溜まり、酸化した膿が毛穴から漏れ出して毛穴に黄色い膿が見えている状態が黄ニキビです。このように赤ニキビといっても段階があります。赤ニキビは正しい治し方で、炎症の状態が軽いうちに治してしまいましょう。

 

赤ニキビには絶対触らない


赤ニキビの正しい治し方として最初にやってほしいことが赤ニキビを絶対に触らないことです。これはニキビを治す上で一番大切なことなのですが、ニキビは刺激を与えられると症状が悪化するため触ってはいけません。炎症を起こしている赤ニキビは痒みや痛みを伴うことがあるので掻いたり叩いたりしたくなりますが、それらの過度の刺激で炎症はさらにひどくなります。

痒みや痛みが我慢できない時は冷やした清潔なタオルで患部を冷やしてあげることで一時的に痒みや痛みを抑えることもできますが、頻繁にやると肌の乾燥を招いてしまうため、痒みや痛みが続くようなら市販のニキビ薬を使うか皮膚科で治療してもらいましょう。

 

炎症とアクネ菌の繁殖を抑える


赤ニキビはアクネ菌の増殖によって炎症を起こしたニキビですので、炎症とアクネ菌の繁殖を抑えることが赤ニキビの正しい治し方になります。炎症を抑える効果のあるニキビケア用のローションや化粧水を洗顔後に使いましょう。

洗顔に使う洗顔フォームも低刺激のニキビケア用のものがありますので、肌にできるだけ刺激を与えないケアをすることで赤ニキビの進行を抑えます。アクネ菌の殺菌はニキビ用の市販薬を使う他に医師に処方してもらう抗生物質を使う方法もあります。赤ニキビは進行してしまう前に治すことが大切ですので、炎症止めと殺菌はできるだけ早い対処をしてください。

 

正しい洗顔で肌を清潔に保つ


ニキビは古い皮膚と皮脂が混ざってできた角栓が毛穴を詰まらせることから始まります。できてしまったニキビを赤ニキビにしてしまうアクネ菌を毛穴の中で増殖させない正しい洗顔方法も赤ニキビの治し方のひとつですので、ぜひ習慣化してください。

正しい洗顔のポイントは低刺激と保湿です以下の7点に気をつけて毎日の洗顔を行いましょう。

・洗顔前に手もよく洗い、髪の毛を上げて顔に雑菌が付かないように注意する
・洗顔は洗髪の後にして、肌に残ったシャンプーも洗い流す
・ぬるま湯を使った素洗いで毛穴を十分に開く
・低刺激の洗顔フォームで泡洗い(ゴシゴシ洗いは禁物)
・すすぎもぬるま湯で十分に
・こめかみ、顔のUゾーンも忘れず洗顔する
・洗顔後の保湿ケアは肌にあった低刺激のものを使う

またしっかり洗顔するためにと1日に何回も洗顔してしまうのは肌やニキビに余計な刺激を与えてしまいます。洗顔は1日に1回でしっかりとやるようにしてください。

 

肌のターンオーバーを正常化する


肌は28日周期の肌のターンオーバーで古い表皮を落として新しい表皮に入れ替えていて、正常にターンオーバーが働いていれば、ニキビはできにくくなり、できてしまっても自然治癒が期待できます。逆に肌のターンオーバーが乱れたり機能しなくなると、ニキビの元である角栓はいつまでも毛穴を塞いだままになってニキビができてしまうのです。

肌のターンオーバーを正常なサイクルに保ち、機能しない場所を無くすことが赤ニキビを早く治す治し方にもなります。肌のターンオーバーを正常に働かせるためにはセルフケアをやることをお勧めします。以下のポイントは肌のターンオーバーのサイクルを乱す原因です。これらに気をつけることで正常な肌のターンオーバーを保ちましょう。

・ニキビを手で触ったり髪の毛がかかっているなどの余計な刺激
・睡眠不足
・偏った食生活による栄養不足
・胃腸の機能低下
・ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ

食生活や運動などの習慣も大切ですが、肌のターンオーバーと睡眠は密接に関係しています。肌のターンオーバーをコントロールしている女性ホルモンは睡眠中にその大部分が分泌され、起きている間はほとんど分泌されないのです。また女性ホルモンの分泌は午後10時から午前2時に最大化し、この時間帯以外の分泌はほとんどありません。

午後10時から午前2時の時間帯に眠っていないと肌のターンオーバーは正常に働かなくなってしまうのです。肌のターンオーバーを正常に働けば、赤ニキビの症状の進行を食い止められます。その意味で午後10時から午前2時をまたいだ十分な睡眠は赤ニキビの正しい治し方のひとつと言えるでしょう。

またこの時間帯の睡眠中には各種ホルモンの分泌が盛んにし、骨や筋肉の増強や胃腸などの内臓の機能修復なども活発になります。ニキビ予防だけでなく健康維持や肥満防止のためにも夜更かしせずに早寝早起きの習慣をつけましょう。

 

いかがでしたか。赤ニキビを正しい治し方で治さないとニキビが化膿して跡が残ってしまう重度のニキビに進行してしまいます。赤ニキビは毛穴に詰まった酸化した皮脂がアクネ菌に感染して炎症を起こしてしまった状態です。

最初は毛穴の周囲で炎症が起きますが症状が進むと毛穴の内部まで炎症を起こして、毛穴の中が化膿した黄ニキビに進んでしまいます。赤ニキビは殺菌と炎症止めをして、洗顔で肌を清潔な状態にすることが治すためのポイントです。赤ニキビの症状が進んでしまわないように対処はできるだけ早くやる必要があります。

市販薬やニキビケア用品を使う他に皮膚科での治療も効果的です。また赤ニキビを治すと同時にニキビを再発させないためにも、毎日の正しい洗顔と生活習慣の見直しによる肌のターンオーバーの正常化を心がけることも赤ニキビの正しい治し方のひとつであるばかりか、健康な生活のためにもぜひ心がけてください。

 

まとめ

赤ニキビを治すためには

・ 赤ニキビには絶対触らないようにしよう
・ できるだけ早く炎症とアクネ菌の繁殖を抑えよう
・ 正しい洗顔で肌を清潔に保とう
・ 生活習慣の見直しで肌のターンオーバーを正常化しよう