赤ニキビのケアを知って ストレスなしの快適生活をゲット!

赤ニキビのケアを知って ストレスなしの快適生活をゲット!

『赤ニキビ』、と言うと、はたから見ると痛々しいし、自分でも外に出歩きたくないと恥ずかしくなってしまうものですよね。

「しっかり洗顔をしているはずなのに、どうして?」と肌も心も傷ついてしまう事を言われたり、悩めば悩むほどイライラしてつぶしたりして、状況はさらに悪化したりして、どうしようもなくなったりする事もあるでしょう。

そんなに自分を追い込まなくても良いんです。今日まで頑張りましたね。これから7つのケアの方法をご紹介しますので、今日からは、ケアを知って、もっともっとラクにストレスフリーの生活を楽しみましょうね。



 

赤ニキビのケアを知って
ストレスなしの快適生活をゲット!

 

手を清潔にしましょう。


まずは、ついついニキビを触ってしまう手です。手にはバイ菌がいっぱい居ます。ただでさえ、菌で赤くなってしまっている赤ニキビを、そんな手で触るとどうでしょう?想像しやすいですよね。

ニキビを悪化させないために、最低限手を常に清潔な状態でキープしましょう。洗顔後は、乾燥しているなら優しくその手でお肌を包み込んで、化粧水や乳液で肌の保湿をしましょう。

 

洗顔料で洗顔しすぎないようにしましょう。


赤ニキビがいつまでも治らないからと言っても、そのまま同じニキビ専用の洗顔料をずーっと使っていませんか?続けていて効果的な人も居ますが、肌に合わなければ、ダメです。

肌は一層赤く、かゆくなっていませんか?たとえ洗顔料が体質に合っていても、一生懸命ゴシゴシやって洗っていたらダメです。赤ニキビがある状態は、ケガをした状態に似ていて、ゴシゴシやると再生はするどころか、その中に一生懸命石鹸を塗りこんでいるようなものです。

洗顔料を色々試してみて、肌がボロボロになっていませんか?あまりに治らないからといって、たっぷり量を増やしたり、色々試すと、敏感肌だと肌が炎症を起こして、余計に悪化してしまうことがあります。

その場合は、一旦洗顔料の使用を止めてみましょう。意外にぬるま湯と冷水だけの洗顔にして、肌本来のバリア機能が復活し、落ち着く場合もあるのです。

ただ、基本は、ぬるま湯で、洗顔料を適量だし、優しく泡立てネットで泡立てた泡でそっと洗顔し、洗顔料が肌に残らないよう洗い流した後は、冷水でしっかり毛穴を引き締めましょう。そうする事によって、毛穴の中に埋まっていた角栓が自然と出てきて、治ります。

 

睡眠時間をきっちり確保しましょう。


ニキビに大敵なのは、睡眠時間です。現在しっかり眠れていますか?日常生活や恋愛や人間関係での悩みに取り付かれていませんか?周りの一挙一動に怯える必要はないのです。

人それぞれ悩みがあるし、完璧そうに見える人に劣等感を感じても、その人は悩みを出していないだけかもしれないし、意地悪な人でも、本人は気付かずやっているかもしれないし、そういった場合は、ある日ふと良い面が垣間見える時もあるものです。

気付いている場合も、人間は完璧じゃない、他人は他人、自分は自分と割り切っていけば、大抵の周りの雑音はスルーできるようになります。少なくとも22時には寝ましょう。

おやすみ前には、落ち着ける音楽を聴いたり、ゆったりお風呂につかれば疲れも取れるので、あまりストレスを溜め込まないようにしましょう。枕カバーに関しては、毎日取り替えるか、清潔なタオルをしいて、それを取り替えるようにしましょう。肌が傷つかないように、マスクをして寝てもいいでしょう。

 

食生活のバランスに気を配りましょう。


ニキビが出来た時に考えたいのは食生活です。油物やお菓子を多くとっていませんか?乾燥肌なのかオイリー肌にもよりますが、赤ニキビに、油や糖分は大敵です。

適量の油なら良いのですが、とりすぎは毛穴が詰まる原因となり、糖分過剰は肌の酸化スピードを速め、肌年齢が一気に上がってしまいます。好き嫌いなく、バランスのよい食事を心がけましょう。食生活を改善したり、水分を多く摂取したりすると、これまたニキビに毒な便秘も解消に近付くでしょう。

 

運動を心がけましょう。


先に言いましたが、食生活を改善しても便秘が解消しないと言う方は運動不足かもしれません。運動をせず、家にずっと居て、どんどん溜め込む体質になってしまうと、体中で毒素が溜まっていき、肩こりや頭痛の原因にもなります。

運動をすることによって、体内の血液などの循環が良くなり、ストレスも解消されます。肩こりや頭痛は、ニキビに大敵なストレスの元なので、追い払いましょう。

赤ニキビに侵食された上、暑すぎたり、寒すぎたりする時はなんとなく、外に出て運動しづらい、と言う場合もあると思います。その場合は、家の中で、肩回しをしたり、柔軟体操をしたり、腹筋・背筋・腕立て伏せなどの筋力トレーニングをしたり、ヨガをしても良いでしょう。

 

鏡を見て言い聞かせましょう。


これは、精神トレーニングですが、「今日もキレイだね~。」とか「笑顔可愛いね~。」とか、心から自分に言い聞かせましょう。赤ニキビが酷くなると、周囲の言葉も酷く突き刺さるようになり、自分自身も鏡を見ながら酷い言葉を自分に浴びせてしまっていませんか?

それにより、ますます傷ついて、次第に表情も暗くなってしまいます。しかし、自分だけは、ずっと自分の回復能力を信じるのです。人間はみな、生まれた頃は肌はとってももちもちしていて、つやつやしていて、とてもキレイなのです。

ニキビの下には、その肌が眠っています。今は仮面をかぶっているだけです。心から、自分の力を信じてあげることによって、内面からどんどんキレイになっていくでしょう。

 

掃除をしましょう。


毎日何処かをいつも掃除しましょう。掃除の習慣が身につくと、肌も心も綺麗になれます。ホコリやダニはニキビが大好物です。晴れた良いお天気の日に、お布団を干したりすると、ポカポカして眠くなったりします。

窓をきれいに磨けば、そこには一生懸命な自分の顔が映るでしょう。しっかり洗顔しても、周りが汚れていたら、気分も暗くなるし、何もやる気がおきなくなります。「私はホコリやダニと全面戦争をするんだ!」くらいの勢いで掃除をしましょう。

すると、少々疲れますが、運動にもなり、お部屋もピカピカになり、スッとした気分になることでしょう。

 

いかがでしたか?

やや精神論っぽくはなってしまいましたが、洗顔だけしても、ストレスを溜め込んでしまっては、またニキビは復活してしまいます。その悪循環から一歩踏み出しましょう。赤ニキビになると、常に劣等感との闘いです。

自分に優しくなり、自分の可能性を信じることが大切です。それには、何かが欠けていてもダメです。ストレスに強くなり、お手入れや掃除がしっかり行き届いて、楽しく食べて、自分を褒めてあげることによって、うまく働いていきます。

エステや病院にいくのも一つの手ですが、(薬も最終手段です)再発を防ぐためには、基本的なこの7つの方法が身に付くことが大切でしょう。あなたなら出来ます。ファイト!!

 

まとめ

赤ニキビのケアを知ってストレスなしの快適生活をゲット!

・ 手を清潔にしましょう。
・ 洗顔料で洗顔しすぎないようにしましょう。
・ 睡眠時間をきっちり確保しましょう。
・ 食生活のバランスに気を配りましょう。
・ 運動を心がけましょう。
・ 鏡を見て言い聞かせましょう。
・ 掃除をしましょう。