汗かきの原因を突き止めて、今すぐさらさらになる7つの方法

汗かきの原因を突き止めて、今すぐさらさらになる7つの方法

汗かきはイメージも見た目も不潔に見られがちです。他人を見たときに自分自身もそのように感じるからこそ、汗をかくことに敏感になってしまいます。汗かき体質かなと感じたらその原因を突き止めてみましょう。原因が分かれば対策を取ることも出来ます。

正しい対処法であれば汗をかいても清潔に快適に過ごすことが出来ます。自分はどうして汗かきなのかを知って、正しい知識と対応で汗をかきやすい季節をサラサラに過ごしましょう。この季節に汗知らずで爽やかに過ごすことが出来る人は清潔感が増し、魅力的に見えます。早速7つの方法をチェックしてみてください。



 

汗かきの原因を突き止めて、
今すぐさらさらになる7つの方法

 

多汗症と汗かきの違いとは?


多汗症は体温調整を必要としないのに汗を大量にかいてしまう現象で、汗かきは暑さや体を動かしたときの体温調整のために汗をかく現象です。多汗症と汗かきは全くの別物です。

多汗症は病気やストレスが原因の場合が多々あります。どう考えても体温調整が必要ではない状況で大量に汗をかいてしまうという場合は、病院やストレスの改善を目指してみることが改善の糸口になります。

 

今すぐ汗を止めたい時は冷やしてみよう


前項でもお伝えしたように、汗をかくのは体温調整のためです。体温が上昇しているために汗をかくのですから、体温を下げることで汗を止めることが可能です。体温を下げるのに効果的なのは首の後ろを冷やすことです。

露出していることが多く、出先でも冷やしやすい部位です。自宅や人目を避けることが可能であれば、足の付け根やわきの下など太い血管が通っているところを冷やすことで体温を効果的に下げることが出来ます。

 

ツボを刺激で汗を止めてみよう


手を握った時に飛び出る小指の付け根付近にあるツボの後谿や、手の甲の親指と人差し指の骨の合流する地点付近にあるくぼみの合谷など、人体には汗を止めるツボが数多く存在します。

親指やボールペンなどで刺激するとすっと汗が引きます。手だけではなく足や上半身などにも汗を止めることに効果的なツボは多く存在しています。最も手軽に人目を気にせずにできるので試してみてはいかがでしょうか。

 

汗かきの救世主、イソフラボンです


カフェインやニコチン、刺激の強い辛い食べ物は交感神経を刺激するため汗をかきやすくなります。逆に刺激しにくい食品はイソフラボンを多く含んだ食物で豆腐やアボガド、山芋などが効果的です。汗のにおいが気になる場合は肉類を控えて柑橘系などを摂取すると汗のにおいを抑えてくれます。

 

肥満よりも新陳代謝が重要です


汗かきは肥満の人が多いと言われていますが、確かに皮下脂肪が断熱材の役割を果たすため体温が上昇し汗をかきやすくなります。太っていると汗をかきやすいのは間違いありませんが新陳代謝が悪すぎると肥満でも汗をかけない人もいます。

新陳代謝が良い人は活発な代謝で代謝熱が発生し、体温が上昇するため汗をかきやすくなります。代謝が良い人は痩せていることが多いため、必ずしも肥満が汗かきになるというわけではありません。

 

積極的に水分を取りましょう


汗となる水分を減らせば、汗の量を抑えられると考える人もいるようですが、摂取する水分の量を減らしても汗の量にほとんど影響はありません。むしろ体調に異変をきたし、脱水症状などを引き起こす分無意味どころか危険ですらあります。

水分を取ることで汗の濃度を分散できるため、べたべたといつまでも残る不快な汗ではなくなりますので、水分は積極的にとる方が、汗かき対策には有効です。

 

上手に汗をかきましょう


運動をすると汗をかくからしないと考えるのも大きな間違いです。汗腺が退化するため手足の汗腺が退化し、化粧崩れなどの原因となる汗が顔から集中的にかくようになります。汗腺が退化しているとべたべたドロドロの汗になるので、不快感は倍増します。

積極的に運動をすることによって汗をかき、汗腺を健康的に保つことが出来ると、すぐに渇きサラサラの状態を保つことが出来る良質な汗をかくことが出来ます。汗をかいてもいい状態の時にはしっかりと汗をかき、良質な汗をかけるよう汗腺は怠けさせないこと。それが汗をかいても快適に過ごすための重要なポイントになります。

 

いかがでしたか?

汗をかくのは体温調整のために必要なことだからです。水分を取っているか、ストレスをため込んではいないか。刺激物の過剰摂取はないか、汗腺が怠けていて汗が出る場所が限定されてはいないかなど考えられる原因は多くあり、原因が分かれば対処することが可能です。

現代人は汗をかくのが下手な人が多いと言われています。幼少期から体温調整を汗ではなく環境に依存しているためです。不快な汗をかくことが問題であって、良質な汗はすぐに渇き匂いもありません。

ここぞという汗を抑えるツボや効率的に体温を下げることで汗を抑えることも出来ますので、できる限り汗腺を正常に保ち、爽やかな汗をかけるようにしましょう。体温調整が必要ない状態でも大量の汗をかく場合は、ストレスや病気の可能性もありますので、改善が見られない場合は専門の病院などで原因を突き止め、汗かきな体質と上手に付き合っていけるように対応してみましょう。

 

まとめ

汗かきの原因を突き止めて、今すぐさらさらになる7つの方法

・ 多汗症と汗かきの違いとは?
・ 今すぐ汗を止めたい時は冷やしてみよう
・ ツボを刺激で汗を止めてみよう
・ 汗かきの救世主、イソフラボンです
・ 肥満よりも新陳代謝が重要です
・ 積極的に水分を取りましょう
・ 上手に汗をかきましょう