汗臭い時期の対策!体臭をしっかり抑えられる予防法

汗臭い時期の対策!体臭をしっかり抑えられる予防法

夏になると気になるのが、汗。特に人の多いところへ行くと、自分が汗臭いのではないかと不安になりますよね。汗臭さは時として人に不快感を与えてしまうものです。なんとかして汗臭いのを対策したいところです。しかし、生きていく以上汗を止めることはできないので、汗臭いにおいを軽減するためには対策をとることが必要となってきます。

さらに、汗のにおいは服にも移りやすいため、衣料の扱い方にも注意が必要です。今回は、汗をかく仕組みと、なぜ臭いが発生してしまうかを知り、体と衣料両方のケアの仕方を紹介していきます。これでどんなに暑い日だって、どんなに汗をかいても怖くありません。誰にも汗臭いなんて言わせないように対策していきましょう!



 

汗臭い時期の対策!
体臭をしっかり抑えられる予防法

 

汗をかく仕組みを知ろう


皮膚には「エクリン腺」と「ポクリン腺」という二種類の汗腺が存在します。エクリン腺は全身にあり、気温の変化や辛い物を食べた時に作用し、発汗を促します。そのため、通常汗をかいたと感じるのはエクリン腺から出る汗となります。ポクリン腺は主にワキの下や乳首・陰部などに存在し、思春期や壮年期に活性化するものです。つまり性的興奮により作用し発汗します。

 

汗が臭うのはなぜ?


汗腺には、血中のミネラルをろ過する機能があります。しかしこの機能が低下するとベトベトした汗となり、アンモニアの成分を多く含むようになります。汗臭いと感じるのはこのアンモニアが臭いを放つためです。実は本来、汗は無臭なのです。

また、アンモニアは皮膚表面をアルカリ性にする作用があるので、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖すると臭いもきつくなります。汗臭いのはアンモニア対策をする必要があるのですね。

 

汗臭くない体を保つ


汗臭いのを防ぐには、「体」と「衣料」の両方への対策が必要です。「体」への対策としては、汗腺から出るアンモニア臭を減らすことです。アンモニア臭が軽減できれば、本来汗は無臭なのですから、汗をかいても臭いません。夏の暑い時期はシャワーで済ましがちですが、できればゆっくりお風呂に浸かりましょう。そうすることで皮膚が柔らかくなり、汗腺を広げることができます。

汗腺が開けば洗浄効果が高まりアンモニア臭を排除できます。また、汗臭いのを対策する体の洗い方は、殺菌効果のある石けんを使用することです。やり方で注意するのが毛穴の向きです。毛穴は様々な方向を向いているため、あらゆる方向からこすり洗いするとよいでしょう。足や脇など臭いの籠もりやすい場所は重点的に洗います。

 

食生活を見直す


食生活の欧米化により、肉類を多く摂取するようになってから日本人の体臭が強くなったとされています。やはり和食は日本人の体にあった食べ物です。野菜や穀物を中心とした食事に切り替えましょう。さらにビタミンには抗酸化作用があります。

においの原因となる活性酸素を除去してくれますので、意識的に摂取することで汗臭いのを対策できます。食生活の改善によって、汗の質を変えることができます。ベトベトした汗臭い体から、さらさらとした無臭の汗を気持ちよくかける体質にしていきましょう。

 

洗濯したから綺麗になったと思っていませんか?


続いて汗臭い「衣料」への対策です。服は思っている以上に汗を吸いやすく、臭いもつきやすいものです。特に夏場は、気温や湿度も高いことから、雑菌が繁殖しやすく、ちょっとでもメンテナンスを怠ると臭いは酷くなるばかりです。

毎日洗濯をしているから大丈夫と思っていませんか?実は、洗濯程度では雑菌は落ちません。一旦は綺麗で臭いがなくなったように思っても、後から臭ってきます。消臭や除菌出来る洗剤を選ぶようにしましょう。特に酸素系漂白剤がオススメです。

酸素系は塩素系と違い、鼻につく臭いもなく、色柄物にも使用できます。また、過炭酸ナトリウムは水に溶けると活性酸素を出し汚れやシミを分解するため、繊維の内側にある臭いの元まで根絶できます。汗臭いのを完全に対策するのには、正しい洗濯をする必要があるのですね。

 

洗濯できない衣料のケア方法


毎回洗濯のできないスーツなどは、連続着用は避けましょう。型崩れ防止にポケットの中身は出し、前のボタンはかけないで、風通しのよいところに吊します。そしてブラッシングをします。しかし沢山汗をかいたときは、蒸しタオルを優しく押し当てて汗を拭き取るようにします。

また、毎日ケアをするのは大変という人は、菌の繁殖を抑制でき、においも防ぐことができる抗菌タイプの衣料がオススメです。お店でシールやタグで分かり易く表示されていることが多いですので、そのようなものを選ぶようにしてみてはどうでしょうか。

 

消臭ケア商品を使って汗臭いのを対策する


CMでもよくやっていますね。置くだけ、吹きかけるだけで消臭・抗菌ができるといったものです。ケア商品には大きくわけて4種類あります。体質や目的に合わせて選びましょう。「制汗タイプ」は汗の多い人に効果的です。

「拭き取りタイプ」は、汗ジミを防ぐことができるので、衣料への臭い移りが気になる人向け。「消臭タイプ」においを目立たなくさせる効果があります。肌に直接スプレーしたり塗ったりするタイプと、衣類にスプレーするタイプがありますのでお好みの方を選びましょう。「殺菌タイプ」は、殺菌効果が高いため、においが強い人にオススメです。

 

いかがでしたでしょうか。

汗臭いのを対策する方法をいくつか紹介しました。どの方法をとっても、まめなケアが必要となります。しかし、汗臭いのを恐れるあまり、クーラーの部屋に居てばかりでは、発汗する機能を低下させてしまいます。汗は毛穴を開かせ肌を清潔に保ち、身体の老廃物を排出する大切な役割を持っていることを忘れてはいけません。運動などをして適度に汗をかくことは大切です。

日頃からしっかり対策をしていれば良い汗がかけるようになるはずです。また、衣類はマメにメンテナンスを行い、清潔に保つようにすれば汗臭さの発生を減らせます。汗臭いのを対策するのは、日頃の行いしだいでもあります。面倒くさがらず行うことで、自分も周りの人も気持ちのいい夏を過ごしましょう。

 

まとめ

汗臭いなんて言わせない。ばっちり対策法

・汗をかくのは二種類の汗腺から
・汗が臭うのはミネラルをろ過する機能の低下
・汗臭くない体に変えるためにゆっくりお風呂に入る
・食生活を見直す
・洗濯は酸素系漂白剤がオススメ
・洗濯できない衣料は抗菌タイプの衣料を選ぶ
・消臭ケア商品を使って対策する