もう汗の臭いに悩まない!かなり効果のある7つの生活習慣改善術

もう汗の臭いに悩まない!かなり効果のある7つの生活習慣改善術

ワキガとまではいかなくても、汗の臭いが自分で気になる事ってありますよね。汗の臭いは人から指摘されても嫌だし、気になるからと言って人に相談もできません。多くの人がもっている悩みなのです。

一人で悩む事から、解放されましょう。意外と自分自身が臭いにとても敏感になっているだけだったり、気を使いすぎていたりしているだけかもしれませんよ。



 

もう汗の臭いに悩まない!
かなり効果のある7つの生活習慣改善術

 

汗をかいたらきちんとふき取る

皮膚から出る汗には、臭いがしない「エクリン汗腺」と臭いを発生させる「アポクリン汗腺」の2種類があります。「エクリン汗腺」は汗をかいて体温を調節する効果と、皮膚を殺菌する効果があります。

この無臭の汗でも、6時間ごろが一番臭うと言われています。それは皮膚の常在菌繁殖するからです。菌が繁殖する前にふき取りましょう。汗をかいたら着替えたり、臭いの成分をカットする下着の着用もオススメします。

 

食生活を見直す

肌にある常在菌は動物性たんぱく質や脂肪が栄養源となります。日本人は本来体臭があまりない人種でした。しかし、食生活の欧米化したせいで、汗が臭うようになったと言います。

脂肪が体の中に皮下脂肪としてたまった場合、「アポクリン汗腺」を刺激し、臭いが出る汗を出すと言われます。食生活を改善するためにも和食をオススメします。

酵素飲料を使いデトックスをしたり、体質を変える事は汗の臭いを防ぐだけでなく、加齢臭、疲労臭を防ぐことにもつながります。塩分が多い食事も汗には良くありません。

塩分により多くの水分が血液を流すのに必要になるので、体に必要な水分が減少します。もちろん汗に必要な水分も減ってしまい、臭いがきつくなります。体にとって塩分は必要不可欠なものではありますが、なんでも取りすぎはよくないという事です。

 

ケーキなどの甘い食べ物は少量にする

甘い食べ物に含まれる糖類は肝臓で中性脂肪になり、血液がドロドロになります。そのドロドロこそが汗の臭いの原因です。甘い食べ物は「アポクリン汗腺」という汗の臭いが出ると言われる汗腺を活発にしてしまいます。

そして毛穴にある脂肪を分泌す皮脂腺を活発にします。肌を保護する皮脂は出すぎると「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」と結びつき強烈な臭いを発します。甘いものはほどほどにという事です。

 

ストレスをためない

ストレスは汗腺に大きな影響を与えます。汗の臭いがきつい時は体にストレスがたまっている場合があります。そしてその臭いを気にする心理状態がまたさらにストレスを生みます。もうそうなってしまってからは負のスパイラルに陥ります。

上手にストレス発散する方法を自分で見つける事が大切です。運動不足であるならば、運動がオススメです。体を動かす事はストレス発散には効果的です。運動をする時間がないという人は、お風呂での半身浴をオススメします。

その時に、好きな香りのバスソルト、入浴剤を使うと、香りから体はリラックスしていきます。同時に汗腺の機能を高めてくれるので、体と心のためにオススメします。

 

冷房にあたりすぎない

冷房の効いた部屋にいると汗をかく事がなくなります。汗腺は出る事が出来なかった汗がたまります。汗腺に角質や老廃物はたまっているにもかかわらず、排出われないという悪循環に至ります。

これが臭いの原因となるので、運動や半身浴を行い汗をかきやすい体を作りましょう。汗腺がひらくと、サラサラな汗をかく事ができます。これは体の本来もっている体の体温を調節するという機能を効果的に使う事が出来るようになります。

 

水分補給をこまめに

臭いが強くなる原因は汗の濃度に関わる場合があります。こまめな水分補給は汗の臭いを抑える効果や脱水・便秘を防ぐ事につながります。暑い季節の水分補給は命にかかわる事が多いので、汗をかきたくないからと言って、水分を取る事を怠らないようにしましょう。

糖分が入っていない飲み物である、ミネラルウォーターやお茶がお勧めです。ジュースは多くの糖分が入っています。糖分は皮脂腺を活発にし、臭いの原因となります。

 

さらさらした汗をかきやすい体質に整える

運動をやる人の汗はサラサラしていて、運動不足の人はベタベタの汗をかきます。それは汗腺の開き方が違う事が原因です。ベタベタの汗は汗腺がふさがれているので、体に熱がこもりやすく、急に運動を始めた場合に体の機能が追いつかず、危険な場合すらあります。

そうならないためにも、日頃から、ウォーキングや半身浴などを行い、汗腺を開く努力が必要です。岩盤浴やヨガなどの徐々に体が温まる運動は、ゆっくりと汗腺をひらく効果があるのでオススメです。

これは嫌な汗を出す効果と共に脂肪を燃焼しやすくなる効果もあります。ダイエットにもつながるので、汗から老廃物を出してしまいましょう。

 

いかがでしたか?

汗の嫌な臭いを防いで、楽しい夏を楽しみたいものです。汗の臭いを防ぐために制汗剤を使い汗を抑え、抗菌する事は大切です。さらに、体の中をキレイにする事で、抑えられるので自分の体を見つめなおすとさらに効果があがります。汗の臭いが気になってきたら、自分の体と向き合うようにしましょう。

 

まとめ

もう汗の臭いに悩まない!かなり効果のある7つの生活習慣改善術

汗をかいたらきちんとふき取る
食生活を見直す
ケーキなどの甘い食べ物は少量にする
ストレスをためない
冷房にあたりすぎない
水分補給をこまめに
さらさらした汗をかきやすい体質に整える