汗の臭いに効く!多くの人が悩む体臭の原因と予防・改善法

汗の臭いに効く!多くの人が悩む体臭の原因と予防・改善法

汗をかいて体を冷やすなんてことは人間にしかできません。そしてこの水冷式冷却システムのおかげで人の脳は飛躍的な進化を遂げたと言われています。ですから汗をかくのはとても大切なのですが、その半面汗の臭いに悩む人もたくさんいらっしゃるようです。確かにスポーツの後や通勤中の満員電車の中でいっぱい汗をかくと体の臭いが気になりますよね。とはいっても本来、汗には臭いはありません。

つまり汗=体臭ではないのにどうして汗をかいた後は体が臭くなるのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えすると同時に、体臭を予防・改善する方法を合わせてご紹介したいと思います。ちょっとした工夫で臭いを抑えることができます!ぜひご覧下さい。



 

汗の臭いに効く!
多くの人が悩む体臭の原因と予防・改善法

 

汗が体臭に変わる原因「いい汗と悪い汗」


汗は血液中の血しょうから作られますが、その際に血しょう内に含まれる、ナトリウムやマグネシウムなどのミネラル分はろ過されて血管に戻され、ほぼ真水に近い汗が出ます。これが通常の汗、つまり「いい汗」です

いい汗はさらさらしていて無臭、蒸発する速度も速く効率的に体温を下げることができるのですが、汗腺のろ過機能が衰え、十分にろ過されていないベトベトの汗、つまり「悪い汗」をかくと水分が蒸発する効率が悪く、なかなか体温が下がらないので、さらに大量の汗をかくということになります。また、悪い汗に含まれたミネラル分が外の雑菌と反応して臭いのある汗の原因になるのです。

 

汗が体臭に変わる原因「汗をかいた後が問題」


仕事やスポーツでかいた汗を1、2時間放置すると外の雑菌に反応して臭いに変わるのです。ですから、汗をかいたらこまめに拭き取ると臭わないということになりますね。もちろん「いい汗」をかいた場合の話です。

それと、乾いたタオルで一生懸命拭き取ってしまうのも問題です。拭いても拭いても汗が出た経験ありませんか。肌をあまりにも乾燥させてしまうと体は皮膚の潤いを取り戻そうとして再び汗を出します。ですから汗を拭き取る時は水で固く絞ったタオルを使うようにしましょう。

☆ここからは体臭の予防と改善法をご紹介します。

 

お風呂での体の洗い方に注意する


皮膚の表面には善玉菌(表皮ブドウ球菌)と悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が住んでいます。健康な肌は善玉菌が支配しているので弱酸性で体臭のないスベスベの肌なのですが、お風呂で体をゴシゴシ洗い過ぎると善玉菌を洗い流してしまいます。

その隙をねらってアンモニアのような独特の臭いを持った悪玉菌が繁殖を始めるのです。つまりお風呂で体を洗い過ぎると汗が体臭に変わりやすい体質になるという信じられないような結果になるのです。ですから、体をタオルやスポンジでゴシゴシ洗うのはやめて、ボディソープか石鹸をよく泡立てやさしく手洗いすることをお勧めします。

 

体臭予防に朝シャワーが絶対オススメな理由


さきほど汗をかいて1,2時間そのままにしておくと汗は雑菌と混じり合って体臭に変わるとご説明しましたが、朝起きた時がまさにその状態です。多い人は寝ている間に500mlぐらいの汗をかきますので、体はもとより布団やまくらにも体臭がべっとり付いているわけです。

その状態で服を着てしまうと、服に嫌な臭いが移ってしまい取り返しのつかないことになりそうです。朝ちょっとだけ早起きして、シャワーで臭くなった汗を洗い流しましょう。朝、臭いの元をリセットして出勤すれば、昼間汗をかいた時に発生する雑菌の量が少なくなり体臭改善に繋がります。

 

ワキの汗の臭いを軽減するセルフケア


特に汗っかきの人にとっては夏場気になりますよね。単なるワキの汗の臭いであれば、ワキ毛を剃って臭いの元となる雑菌の発生をなるべく防ぐとか、こまめに汗を拭き取って清潔にするなどのケアでほぼ解消されますが、ワキガ臭となるとかなりやっかいです。

正直セルフケアではどうにもなりませんというのが答えですが、唯一軽減できる可能性がある方法としては「ミョウバン」です。ミョウバンは自然界にも存在する安全な物質で染色剤や防水剤、漬物などにも使われています。そのミョウバンを使ったケアの方法ですが、ミョウバン50gと1500mlの水をペットボトルに入れて軽く振り一晩寝かせます。

水に溶け切れなかったミョウバンが完全に溶けて透明になっていたら原液の出来上がり。その原液をさらに水で10倍に薄めスプレーボトルに入れて下さい。使い方はワキに直接スプレーしてもコットンやガーゼに含ませて拭いてもかまいません。

体質によっては肌がかぶれる場合がありますので、さらに薄めて使うか直ちに使用を停止し皮膚科の専門医に相談してください。いずれにしろワキガ臭は遺伝ですので、あくまでも臭いを軽減する方法とご理解下さい。

 

気になる足の臭いを消す方法


日頃から足の臭いが気になっていると憂鬱な気分になりませんか。例えば同僚と一緒に食事に出ても、足の臭いが気になってお座敷のあるお店には入れないわけだし、クライアントの突然の接待なんかとんでもないわけです。

足の臭いを消す方法としてはいくつかありますが、さきほどご紹介したミョウバンの原液を50ccほどお風呂に入れてミョウバン浴というのもかなり効果的です。あとはかかとなどにカサカサの古い角質が溜まっていたらそれを取り除くこと。古い角質は臭いの元となる雑菌の巣窟ですからね。爪の中にも雑菌が溜まりやすいので爪のお手入れも重要です。

 

悪い汗をいい汗に変える方法


体臭の根本的な原因がベタベタの悪い汗だとすると、それをさらさらのいい汗に変えると体臭は飛躍的に軽減できるはずですが、残念ながら現代人は悪い汗をかく人の方が圧倒的に多いんだそうです。

その原因はエアコンに慣れすぎた生活で汗腺の機能が著しく低下していること、肉類中心の食生活。ストレス、運動不足など現代人の今の生活そのものと言った感じです。悪い汗をいい汗にする方法としては高温度の手足浴。

機能が低下した汗腺を鍛え直す効果があります。45度ぐらいの熱めのお湯でひじから手まで、それにひざから足までの部分を約15分間暖める方法です。その後にぬるめのお風呂にゆっくり入ると効果抜群!いい汗が体中から流れますよ。汗は拭かずに乾くまでそのままにしておきましょう。それとやっぱりストレスを溜めこまないことでしょうね。

 

いかがでしたでしょうか。

体臭の原因は汗と雑菌が混じりあうこと。だからと言って汗が出たらひたすら拭き取ればいいのかと言うとそうでもなくて、お風呂で体を洗い過ぎても悪玉菌を増やす結果になってしまいます。汗が体臭に変わるタイミングを知って効率のいいケアを行うことが大切なのです。それとやはり生活習慣、食生活の改善ですね。

偏った食生活や寝不足、ストレス。忙しい毎日の中でその全てを改善することなど不可能かも知れませんが、それが逆に多くの人が体臭に悩む根本的な原因なのは間違いありません。ですから一づ一つ出来ることから改善しましょう。お風呂であんまり体を擦らないとか、朝、必ずシャワーをするとかそんな簡単なことで体の臭いが少なくなるのです。ぜひ実践してください!そしていい汗をいっぱいかいてくださいね。

 

まとめ

汗の臭いに効く!多くの人が悩む体臭の原因と予防・改善法

・汗が体臭に変わる原因「いい汗と悪い汗」
・汗が体臭に変わる原因「汗をかいた後が問題」
・お風呂での体の洗い方に注意する
・体臭予防に朝シャワーが絶対オススメな理由
・ワキの汗の臭いを軽減するセルフケア
・気になる足の臭いを消す方法
・悪い汗をいい汗に変える方法