子供の足が長くなる方法☆摂るべき食材はコレ!

子供の足が長くなる方法☆摂るべき食材はコレ!
毎日の食事で子供の足が長くなる方法があったら試してみたいですよね。栄養バランスに、好き嫌いなく楽しんで食事をしてもらうためのちょっとした工夫など、忙しいママは毎日が戦いです。そんな、戦いの中のちょっとした楽しみの一つに子供の成長があります。

足の長さは外見の得だけではありません。各種スポーツの適性の幅が広がる。コンプレックスが減ることで、より豊かな心で成長できる。など、将来を広げるためのきっかけ作りもできるのです。

さらに、今回お伝えする足が長くなる方法はいつもの食事に一食材を追加するだけ。そして、簡単なだけでなく、身近に手に入りやすいものばかりです。家族みんなで食べることができます。

そこで今回は、食材を追加するだけで、子供の足が長くなる方法を、子供の成長の仕組みと共にお伝えします。



 

子供の足が長くなる方法☆
摂るべき食材はコレ!

 

子供の成長の仕組み


子どもの足は骨の端にある軟骨部分が成長ホルモンの働きにより、固く骨化していくことで伸びていきます。軟骨の骨化は年齢とともに徐々にすすみ、20歳くらいまでで完成します。骨化のタイミングでカルシウムやミネラル分を十分補給し、骨の近くにある筋肉を柔らかくのびやかに育てることができれば骨化の成長をより促すことができます

骨化を進める成長ホルモンは、食事の消化や学習、運動などはしていない、脳の活動量が少ない夜間の睡眠時に多く分泌されます。「寝る子は育つ」と言いますが、足を長くする方法でも「睡眠をとるための食事」も取り入れています。

それでは、具体的に子供の足が長くなる食材をお伝えします。

 

鶏ささみはスマートな筋肉の素


鶏ささみ皮膚や軟骨の形成に必要なたんぱく質、成長に欠かせない亜鉛やビタミンBを含んでいるだけでなく、低脂肪なので、太ることを気にし始めたお子様にも安心して食べられます。

淡白でクセがない食材なので色々な味付けを楽しむことができるだけでなく、火の通りがよく短時間で調理することが可能です。冷凍での保存が可能なので、まとめ買いをして一つずつ冷凍すればコストも抑えられます。

 

バナナで筋肉のメンテナンス


即効性のエネルギー源としてアスリートの間食に人気のバナナは糖質でエネルギー補給するだけではなく、カリウム、ビタミンBを含んでいるため筋肉の痙攣や疲労回復の効果もあります

さらに、牛乳や乳製品との相性が良いので足が長くなる方法に欠かせないカルシウムを摂るためにもおすすめな食材です。

夏場は熟化がはやいので、皮をむいてカットしたものをラップで包んで冷凍しておくと、アイス替わりやスムージーやお菓子の材料にぴったりです。

 

ヨーグルトで腸を鍛える


明治以降日本人の体型の変化の要因の一つに腸の長さが短くなったということがあります。穀類や繊維に富んだ食生活から、食文化が欧米化し徐々に腸が変化してしてきました。ただ、穀類や食物繊維も大切な栄養です。食べないというわけにはいきません。そこで、腸内の消化吸収の効率を上げるために腸内細菌を育てて、より高性能の腸に育てていくことが大切なのです。

胴が短くなると身体バランスとして足が長くなります。高機能のヨーグルトでなくても効果はあります。一日一個のヨーグルトが足が長くなる方法とは驚きですね。

 

レタスで睡眠の質を向上


子どもの足を長くする方法の一つに睡眠の質の向上があります。夜間睡眠中に成長ホルモンが脳から分泌されます。分泌が盛んな時間帯は、夜の23時から2時くらいがピークで、この時間の前後1時間以上の睡眠が、成長ホルモンをより多く分泌するために大切です。

日中活動している子供たちはなかなか寝付けないでいることもあります。そんなときは、レタスを夕食に添えるようにしましょう。レタスには安眠効果のあるラクッコピコリンという成分が含まれていて、入眠しやすいだけでなく、深い眠りをとることができるのです。

睡眠導入ではレタス以外にホットミルクやアーモンドが知られていますが、消化の時間がかかってしまい、成長ホルモンの分泌が遅れてしますので、足を長くする方法としてはレタスがぴったりなのです。

 

のりはミネラル、ビタミンの宝箱


のりには良質たんぱく質、疲労回復効果のあるタウリン、新陳代謝を活性化するビタミンC、脳の活性化に効果の高いEPA,思春期に不足しがちな鉄分のほかビタミンA・B・D、葉酸にカリウム、ヨウ素などたくさんの栄養素の宝箱です。

のりは佃煮、焼きのりどちらも効果が変わらないのですが、ほかの食品よりも吸収率が高く、不足しがちな栄養素に富んでいます。足を長くする方法に関して言えば脳の活性化で成長ホルモンの分泌活性化、身体を作る栄養素の不足を補う効果が期待できます。

お弁当にしたり、サラダにまぜたり、ちょっとしたトッピングになど使い方のバリエーションが多いのもうれしいですね。

 

いかがでしたか。子供の健やかな成長に、ちょっとした食材の工夫が足が長くなる方法につながるとは驚きですね。でも、毎日の食事からとる栄養が、子供の細胞一つ一つをつくっていくのです。

目に見えない小さなことの積み重ねで、毎日の変化はわかりにくいですが、年単位でふと気付くと子供の足が長くなる方法の成果は出てきます。

また、今回お伝えした食材は大人が一緒に食べると、不足しがちな栄養素の補給だけでなく、疲労回復、筋肉や血管の若さを維持することができます。子供だけ別メニューではなく家族みんなで食事の時間を楽しみましょう。

忙しい毎日に子供のすらりと成長した姿を想像しながら食事を作る。自分の若さと健康も手に入れられる。家族の楽しい未来への第一歩です。楽しみながらはじめてみませんか。

まとめ

子供の足が長くなるために摂りたい食材とは

・鶏ささみは軟骨の成長を促進する
・バナナは筋肉に作用する
・ヨーグルトの乳酸菌が腸を高性能にする
・レタスのラクッコピコリンが良質の睡眠に効く
・のりは不足しがちな栄養素の宝箱