足が細くなる方法を教えて! 短期間で効果の出るワザ

足が細くなる方法を教えて! 短期間で効果の出るワザ
多くの方が『足が細くなる方法』があったら絶対実践してみる!と答えますよね。その理由は『女性のファッション』と言えばスカート。ミニはもちろん、ミディアム丈でもロング丈でもスカートから覗くスラッと細く長い綺麗な足…つまり美脚は女性の憧れだからです。

しかし、足はケアをしなければ真っ先に太ってしまうパーツでもあり、一日同じ姿勢で生活するだけで、むくみでパンパンになってしまうもの。また、足が細くなる方法として限度を考えず激しい運動をしてしまうと、今度は筋肉質のムキムキ足になってしまいます。正しいケアと適度な運動、その見極めは簡単そうで案外難しいものです。

毎日のほんの少しの努力で、しかも短期間で効果が出る、そんな『足を細くする方法』があれば是非試してみたいと思いますよね。そこで今回は、短期間で足が細くなる方法についてお伝えします。



 

足が細くなる方法を教えて!
短期間で効果の出るワザ

 

有効なダイエット法=足痩せにはマッサージ


足が細くなる方法としてまずご紹介したいのはマッサージです。ダイエット法としてのマッサージは特に脚痩せによく効くといいますが、それは多くの女性の悩みである『むくみ』解消に良いから。また、マッサージなら激しい運動の様に気合を入れて臨まなくても良いし、難しいルールや手順もないので、誰でも毎日気軽に続けられるというのがポイントです。

足が細くなる方法としての正しいマッサージのポイントは3つの手の形にあります。1つ目は、手の平を広げて足を包み込むように撫でるマッサージ。2つ目は、手をグーの形に握り足にあて揉みほぐすマッサージ。3つ目は、親指を使ったツボを押しマッサージです。この3つの方法を上手に使い分けて、ゆっくりと凝り固まった筋肉や脂肪をよくほぐし、血液やリンパの流れを促しましょう。

マッサージは、常に下から上に向かって行うことが重要です。それはリンパ液や血液の流れは通常下から上へは流れにくく、滞りが起こりやすいので、マッサージで下から上へと刺激を与え、流してあげることが大事なのです。これは比較的即効性のある足が細くなる方法です。

マッサージは心身共にリラックスさせてくれます。余計な脂肪を燃焼させつつ、心もカラダもリラックスできるのですから、是非取り入れたいですね。

 

日常生活の中で出来る事=冷え解消・姿勢・歩き方


一見、無関係に感じられるかも知れませんが、ダイエットや足痩せと『冷え』にはとても深い関わりがあります。足が細くなる方法として、下半身の冷えを解消するのはとても重要です。例えばバスタイムですが、シャワーだけで済ませたりしてませんか?今後はのんびりと湯船に浸かる様にしてみて下さい。

次に、姿勢を良くすることも足が細くなる方法としては大事なことです。普通に立っているだけでもカラダが歪んでいたり重心が後ろにばかりかかっている状態は望ましくありません。カラダのバランスを見直し正しい姿勢を常に意識するだけで、痩せやすい体質に変わることができます。細く綺麗な足になるためにはとても効果的ですよ。

同時に歩き方に対する意識も肝心です。歩く姿勢が悪いと見た目が悪いだけではなく、足に余計な筋肉がついてしまい、形が悪くなります。正しい歩き方で正しい筋肉をつけ、自然な運動ができていることこそ足が細くなる方法です。姿勢がよく、かっこいい歩き姿なら、見た印象も美しいですし、より美脚に見えますよね。

 

体脂肪を落とすための食事と運動=GI値の低い食材と筋トレ+無酸素運動


ここまで足を細くする方法をお伝えしてきましたが、脚が太いのが気になるからといって足だけ…あるいは太ももだけを細くするというのは実は難しい話です。それは部分痩せ専用の食事法や運動法はなかなかないというのが現実だからです。つまり、本来は体脂肪を落とし、カラダ全体をバランス良くダイエットするしかなく、足を細くする為には適切な食事と適度な運動の実行に尽きるというわけです。

体脂肪率を落とすなら食事面でポイントになるのは『GI値の低い食材を選ぶ』こと。では『GI値』とは何か。食物摂取時の血糖値の上がりやすさを数値で表したものが『GI値』であり、高GI値食材は血糖値が上がりやすいので脂肪になりやすく、体脂肪率を落としたい方にとっては避けるべきアイテムという訳です。

わかりやすく主食である『ご飯』を例にとってみてみると白米・もち・赤飯はGI値は70以上、食べない方が良い食材になります。しかし、それをおかゆにしてみるとGI値は若干下がって70~56になり出来れば食べない方が良いと言うレベルになります。更に玄米、五穀米、おかゆ(玄米)に変えればGI値55以下となり食べても良い食材となるというわけです。

同様にパン類でも麺類でも野菜・乳製品においてもこの3段階のレベル分けはできますので、一度調べてみるといいですね。

また、ダイエットと言えば肉や魚はどんなに好きでも我慢しなきゃ!と思っている方も多いと思いますが、肉類や魚類は全て食べて良い食材に入っています。

ビールや日本酒、焼酎、ワインなどアルコール類もOK。コーラや果汁、コーヒー、紅茶など飲料類もOKです。そう考えると、そのルールは辛い食事制限という考え方とは少し離れた所にあるようです。

更に効率よく体脂肪率を落とすためには、食事の仕方にもルールがあります。食事の順番では野菜をはじめに食べる・時間をかけてよく噛む・就寝3時間前からは食事は口にしない、です。少し意識すれば守れそうですね。

同時に体脂肪率を落とすなら運動面でポイントになるのは筋トレと無酸素運動です。これを週に2回のペースで行うのが理想です。ダイエットは継続が大事という大前提ですからウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、なかなかモチベーションを保ち続けるのが難しいもの。その点ではご家庭で、わずかな空き時間に取り入れられる運動が理想的です。

筋トレには負荷が必要ですが、専用のものを用意しなくても家にある物で代用できます。例えばリュックに本や水入りペットボトルを入れるなどすれば、負荷の大きさも自由に調節できます。実際のトレーニングメニューとしては太ももの筋トレとしてゆっくりスクワットを10回×3セット(休憩1分)+胸の筋トレとしてゆっくり腕立て伏せを10回×3セット(休憩1分)。

更に無酸素運動を行なうと一気に心拍数は上がります。代謝があがり脂肪も燃えやすくなるので、理想的な体内環境が作れるというわけです。ご家庭で出来る簡単オススメ無酸素運動メニューとしては、全力スクワットを30秒×5本(1分休憩をはさみ続けて5本を行なう)です。実はこの全力スクワット、速めのジョギングで1kmよりカロリー消費や時間効率は上なんですよ!

道具も技術も時間も費用も必要ないので誰でも手軽に始められますし、最初は少しきついと感じるかも知れませんが、すぐに慣れてきて楽しくなってくるはず。そうなってきたら、負荷を大きくするのがコツです。1週間に2回のペースで行えれば効果的。体脂肪率を下げる食事と運動がバランス良く出来ていれば、足は細くなります。

 

 

いかがですか。以上が短期間で効果が出る足が細くなる方法です。こんな簡単なワザなら毎日の生活の中に取り入れることも難しくはないですよね。ここで大事なのは、引き締まった綺麗な脚をゲットしたご自分の未来のビジョンを常に思い描いておくこと。強く願えば願うほど夢は現実に出来るものです。

足が細くなる方法を試して、目標である『美脚』がゲットできたら、こんなファッションに挑戦するとか、頑張ったご褒美を用意するとか…。ダイエットは決して楽ではありません。必ず思い通りに結果が出るとは限らないものです。

ですから、モチベーションを保ち続けることが何より大事。その気持ちひとつで辛いダイエットになるのか、楽しいダイエットになるのかを左右するのです。綺麗になるのなら、その経過も楽しいのが一番ですよね。

 

まとめ

短期間で足が細くなる方法とは

○3つの手の形で正しい足痩せマッサージをする
○お風呂で冷え解消し、正しい姿勢・歩き方を意識することでより美脚を目指す
○GI値の低い食材と筋トレ+無酸素運動でバランスよくダイエットをする