足が臭いのは何かの病気?その原因と対処法

足が臭いのは何かの病気?その原因と対処法
営業先や飲食店で靴を脱いだ直後に「ぷ~んっ」と足の臭いがしたことが、一度や二度はありますよね。瞬時に「しまった!」と思って周りの視線が気になり、さり気なくきょろきょろしてしまった方もいるのではないでしょうか。足に限らずですが、臭いは気付いたその時にその場で対処ができないから困ります。特に足の臭いの場合、外出先ではケアする時間と場所の確保が難しく、対応が疎かになりがちです。

とある国では、図書館で靴を脱いで本を読んでいた人が、足が臭すぎて風紀を乱したということで、警察に連行されるなんていうことがあるそうです。日本に生まれて本当に良かったと実感するところですが、それはともかく、毎日お風呂に入ってしっかり足を洗っているはずなのに、あの「むわぁ~」とした嫌な臭いは何なのでしょうか。

原因を探っていくと、実は足の臭いは1種類ではなく、危険な病気のサインであることもあるのです。もちろん原因によって対処法も異なり、間違った対処法は何の解決にもなりません。そこで今回は、足の臭いと病気の関連について、その対処法をお伝えします。



 

足が臭いのは何かの病気?
その原因と対処法

 

汗の臭い


よく「汗が蒸れて臭い」なんて会話を耳にします。しかし、エクリン腺という汗腺から出る汗については、尿素やアンモニアといった臭いを発する物質は1%に過ぎず、99%は水分です。ちなみに、ワキガの場合、汗が出てくる汗腺がアポクリン腺という汗腺なので、独特な臭いが出てしまいます。しかし足にはアポクリン腺はほとんどなく、エクリン腺から出る汗です。つまり、足に出る汗そのものはほぼ無臭なのです

 

汗によって繁殖する菌


皮膚には常に菌が存在します。その菌は決して悪い菌ばかりではありません。皮膚の表面を酸性に保ち、外部から悪性の菌をシャットアウトする役割をしています。それらが適性の数であれば特に問題はないのですが、何らかの理由で増殖しすぎてしまうと、汗の成分や角質を過剰に分解してしまい、あの嫌な臭いが発生するのです。

菌が繁殖するには「温度15℃以上/湿度70%以上」と言われています。そして平均的に両足で1日当たり、コップ1杯分の汗をかくと言われています。温度、湿度、多量の汗。1日中靴や靴下で覆われている足は、菌が繁殖するのにまさしく最適な環境なのです。結局、汗が足の臭いの原因となる菌の繁殖を助けているということです。

補足ですが、白癬菌に感染することで水虫を発症しますが、この水虫も臭いとは直接関係はしません。ただし、水虫は菌の繁殖を助けてしまうので、速やかに治療しないと足の臭いを予防できなくなってしまいます。

 

足の臭いの原因になる多汗症


そもそも人間がなぜ汗をかくのかと言えば、体温調節の為です。体温が高くなると、体温を下げる為に汗をかきます。しかし、体温を下げる必要がないのに多くの汗をかいてしまう症状を多汗症と呼びます。この多汗症は、特定の部位にだけ発症するケースもあり、「足蹠多汗症(そくしょたかんしょう)」と呼ばれる、足の裏にだけ大量の汗をかく多汗症もあります。この足蹠多汗症を含めて、多汗症は交感神経の釣り合いが取れなくなることで起こり、ストレスを抱えることで悪化します。多汗症かと思われたら、まずは皮膚科を受診してみましょう。

 

足の臭いの原因になる糖尿病


糖尿病で免疫機能が低下すると、菌が繁殖しやすくなります。また、糖尿病になると、食事で摂取した糖分をエネルギーに上手く変換できないことで発する物質の酸っぱい臭いと、体に残ってしまって汗と共に排出される糖分の甘い臭いが混ざった臭いになるのが特徴です。

糖尿病の場合は症状が足にだけ留まるものでもないので、臭いが足だけであれば皮膚科を受診して多汗症の対策をするのが先決ですが、糖尿病により発汗量が増えるので、多汗症と決め込まないことが重要です。複数の医療機関を同時に受診することでセカンドオピニオンも参考にしながら対策していかなければなりません。

 

自ら出来る足の臭い対策とは


しっかりと原因がわかり、さっそく対策に入るわけですが、医療的処置により根本的な原因にアプローチしたからと言っても、一朝一夕に足の臭いが改善するわけではありません。受診を続ける一方で、自身でできる対処も始めなければなりません。今すぐに現状をチェックし、できることから始めていきましょう。

1.毎日同じ靴を履いていませんか。1日中履かれた靴は多くの湿気を含んでいます。1日履いた靴は、丸1日かけて、できれば天日干しで乾燥するのが理想です。2足以上の靴をローテーションさせましょう。

2.1日のうちで、靴を脱ぐ機会を意識しましょう。仕事中に靴を脱ぐのは難しいですが、車を運転して移動する時、デスクワークする時、トイレの個室に入った時等、ちょっとした積み重ねが大切です。

3.せめて靴下は1日のうちで1回くらい履き替えましょう。いくら昼食を摂れないくらい忙しく仕事に追われていたとしても、トイレに行く時間くらいはあるはずです。これもちょっとした積み重ねです。また、定期的に靴や靴下を脱ぐことで、こまめに足の臭いをチェックすることもできます。

 

いかがでしたか。他にも、通気性の良い靴や靴下等のグッズを使用した対策もあることでしょうが、要は根本的に生活のスタイルを変えることが最も有効なのです。例えば、営業職や事務職の人は1日中革靴を履いて仕事していますが、介護施設の職員は1日中サンダルを履いている上に、入浴介助を行う介護職員は素足になれる機会もあります。革靴とサンダル、足の臭いのことを考えればその差は歴然ですよね。

もちろん、足の臭いの為だけに転職まですることなんてありません。ただ、小さなことの積み重ねでも構わないので、足の臭いの原因に見合った正しい方法で、何かしら足の環境を変えることが大切です。「足の環境が変われば足の臭いはなくなる!」のです。

 

まとめ

足の臭いの原因と対策とは

・足の臭いの原因は汗ではなくて菌
・汗は菌を繁殖させる
・足の臭いの原因になる病気は多汗症と糖尿病
・足の環境が変われば足の臭いはなくなる