足の臭いを何とかしたい!その原因と今すぐできる臭い対策

足の臭いを何とかしたい!その原因と今すぐできる臭い対策
洗っても洗っても足の臭いがとれない…こんな悩み、ありますよね。足の臭いと言えども、当人にとってはけっして小さな問題ではありません。

特に人の家に上がる時や居酒屋のお座敷席など、靴を脱いだ場面では「自分の足、もしかして臭ってないかな…」と不安になったりします。いったん家族に指摘されてしまえばなおさらです。

でもどうやったら足の臭いは取れるのでしょうか?安心してください。そんな足の臭いにも、実はきちんとした原因があります。

そして原因に対して正しい対処法を実践することで、嘘のように臭いはなくなってしまいます。そこで今回は、足の臭いから解法され晴れやかな心で過ごせるよう、足の臭いの原因と今すぐできる対処法をお伝えします。



 

足の臭いを何とかしたい!
その原因と今すぐできる臭い対策

 

汗の臭いじゃない?本当の臭いの原因とは


靴を脱ぐとプーンと足から臭いが出るという経験、ありますよね。あの独特の酸っぱいような臭いは、実は汗によるものではありません

足の裏にはエクリン腺という汗腺が集中しているのですが、このエクリン腺から分泌される汗はほとんどが水分で、あとは残りのわずかな塩分によって構成されています。

なのでこの汗自体はほとんど無臭です。驚きますよね。原因は他にあるのです。

これには足に潜んでいる雑菌が大きく関わっています

 

足の強烈な臭いの正体は雑菌の分解物


足には雑菌が数多く潜んでいます。そしてこれらの白癬菌やバクテリアといった雑菌は、足から出る大量の汗や、角質をエサとして分解していきます

このときに発生する物質が臭いの正体です。この物質をイソ吉草酸と言います。イソ吉草酸は納豆などにも含まれているような物質なので、あの独特な臭いを出すのです。

 

どうして足だけあんなに臭うの?それには訳があった


雑菌は身体の至る所に住んでいますし、そのエサである汗も角質もどんな皮膚からだって出て来るものです。

しかし、どうして足だけひどい臭いになってしまうのでしょうか?それは足が雑菌にとって絶好の環境だからです。

雑菌は高温多湿を好みます。そして足は靴を履きますよね。そんな靴の中の環境は、30度以上の高温、湿度は90パーセント以上にものぼります。まさに雑菌にとって絶好の繁殖しやすい環境なのです。

また、足から出る汗は1日にコップ1杯分にもなると言われています。さらに足の裏の皮膚は分厚く、垢となって剥がれ落ちやすいために雑菌の格好のエサになります

これらのエサを住み着いた雑菌が分解し、臭いのもととなる物質を日々出しているということです。これでは、足が臭いの温床になっても不思議ではありません。

しかしこういった原因があるということが分かれば、きちんとそれぞれの要因に対策を取ることができます。

では次に足の臭いを実際に消すための対策方法をお伝えしましょう。

 

重曹で足湯を行う


1番手軽にできて、しかも効果も高いのが重曹による足湯です。ご家庭にある重曹で今すぐお風呂場で試すことができます。

やり方としてはシンプルです。お湯を洗面器にはり、重曹をスプーン1杯程度を入れて混ぜます。これで重曹足湯が完成です。

あとは10〜15分、足を洗面器の中につけておくだけです。

重曹のアルカリ成分が、足の酸っぱい臭いのもとになっているイソ吉草酸を中和してくれるので、臭いがスッキリと落ちるのです。

非常に簡単なので、ぜひとも試していただきたい方法です。

 

正しい足の洗い方で雑菌のエサになる角質を落とす


また、ただ足をつけておくだけでは時間がもったいないので、ついでに足もしっかりと洗ってしまいましょう。正しい洗い方をすれば、雑菌のエサとなる角質も落とすことができます

まずはブラシを使って、足全体をこすりながら垢を落とすようにこすっていきます。

その際のポイントは、雑菌が発生しやすいところである指と指の間の股や、爪の隙間を念入りにこすることです。こうすることで、雑菌のエサとなる角質をしっかりと落とし、さらに臭いの直接源であるイソ吉草酸も取り除くことができるのです。

 

靴にも注意を払って臭い対策をする


そして忘れてはならないのが靴の対策です。靴の中は雑菌が住み着きやすい高温多湿な状態になってしまいがちです。

それを少しでも改善することが、臭いの原因となる雑菌を減らすことにつながります。しっかりと靴周りにも臭い対策をして、足の臭いから解放されましょう。

まず日頃から心がけることとしては、毎日同じ靴を履かないことです。

同じ靴ばかり履いていると、1日履いて汗を吸い取った靴が乾ききらないうちにまた履くことになります。これでは雑菌も繁殖しやすい湿気の多い環境の出来上がりです。

なので目安としては3足くらいを日によって履き替えるようにして、湿気がたまらないようにする必要があります。靴のローテーションですね。

特に男性の方などは無頓着に毎日同じ革靴を履いていませんか?これでは足もムレて臭いが発生してしまいます。靴に湿気をためない習慣をつけましょう

また靴の中の湿気がたまらないように、たまに靴を脱いで湿気を逃したり、靴下を通気性の良い物にするなどの方法も有効です。

 

いかがでしたか。足の臭いの原因を正しく知って、それに対して適切に対処していけば臭いは断つことができます。

ポイントは足に住み着いている雑菌がなるべく繁殖させないようにすることです。そのためには雑菌のエサとなる汗や角質を取り除き、繁殖しやすい高温多湿な環境をさける工夫をするのが正攻法です。

今すぐできる簡単な方法や日頃からの心がけ一つで、驚くほど効果をあげることができます。ほんのささいなことかもしれませんが、足の臭いがなくなれば余計なことで悩まずに、堂々と過ごすことにもつながることでしょう

今回お伝えした方法は準備は必要ありませんし、今日からでも始められる簡単なものばかりです。 ぜひとも足の臭いを解消し、悩みなんてなくしてしまいましょう。

まとめ

足の臭いをなくすには

・臭いの原因となる雑菌を減らすことが必要
・重曹足湯が効果的
・念入りにブラシで洗うことで臭いも激減
・毎日同じ靴を履かず、湿気をためない工夫をしてみよう
・出先ではたまに靴を脱いで湿気を逃がすのも効果的