足が臭い原因となる5つの習慣!ここを直せば臭いは消える

足が臭い原因となる5つの習慣!ここを直せば臭いは消える
靴を脱いだ時のあの嫌な足の臭い、原因さえ解れば解消できます!せっかく誘われた飲み会がお座敷だと、靴を脱いだ時の臭いが気になって参加する気が失せてしまう、なんて経験をお持ちの方もいますよね。毎日ちゃんと足を洗っているはずなのに、なんで自分だけ…なんて思っている方もいるでしょう。

足の臭いの原因は、普段の生活に隠れています。それを、あなたが気が付かないだけなのです。つまり、原因が解れば嫌な足の臭いを抑えることもできるのです。足の臭いの原因のほとんどは、汗で蒸れた靴の中で増える雑菌が原因です。靴の中で足は意外と汗をかいています。でも、それだけでは臭いの原因にはなりません。では、臭いの基になる雑菌が増える原因は何なのでしょうか。また、その原因を解消するにはどうすればよいのでしょう。そこで今回は、足が臭い原因とその解消法についてお伝えします。



 

足が臭い原因となる5つの習慣!
ここを直せば臭いは消える

 

毎日同じ靴を履いていませんか


足の臭いの原因は、ムレた靴の中で繁殖した雑菌のせいです。朝、洗濯したての清潔な靴下を履いて出かけても、夕方には靴の中に住み着いている雑菌が繁殖して嫌な臭いを発生します。そんな嫌な臭いの原因になる靴を、毎日何気なく履いていたりしないでしょうか。

同じ靴を毎日履いていると、前の日に足がかいた汗をエサにして、靴の中で嫌な臭いを発生する雑菌が残っています。その靴をそのまま履いてしまえば、また、雑菌が靴の中で繁殖して、臭いの原因になってしまうのです。もし、毎日同じ靴を履いているのなら、幾つかの靴をローテーションして違う靴を履いてみましょう

履いていない靴は、しっかり乾燥させるのが大事です。また、雨で濡れた靴をそのままにせず、しっかり乾燥させることも大切です。まずは、足の臭いの原因となる靴に注意を払ってみましょう。

 

靴下を履いていますか


通気性の悪い靴を長い時間履いていると、足がかいた汗が靴に籠ってしまい、雑菌が繁殖して嫌な臭いの原因になります。特に革製の靴を素足で履いていたり、通気性の悪いストッキングで履くのもよくありません。嫌な足の臭いの原因になってしまいます。

通気性の悪い革製の靴やブーツを履く場合は、靴下をはくと靴の中のムレをある程度軽減してくれます。とはいえ、ストッキングに靴下を履く訳にはいきません。ストッキングを履いた時は、通勤途中は革製の靴やブーツを履いていても、オフィスの中ではサンダルなどの通気性のよい履物に履き替えるとよいでしょう。また、靴の中に吸湿性のあるインソールを入れるのもおすすめです。さらに、どうしても素足で靴を履かなければならない場合は、事前に足専用の制汗剤を使ってみましょう

 

足を清潔に保ってますか


足の臭いの原因は、靴の中だけとは限りません。臭いの原因となる雑菌は、元は足の皮膚にいる菌です。足を清潔にしていないと、せっかく靴の中を清潔にしていても、足の皮膚に残っている雑菌が靴の中で増えて嫌な臭いの原因になります。足の臭いが気になるなら、その原因ともなる足をお風呂できれいに洗い、清潔に保つことも重要です。

足の皮膚に残った古い皮脂や角質は、雑菌のエサになって嫌な臭いの基になります。石鹸でしっかり洗い落としましょう。特に、足の指の間など、洗い難い場所こそしっかり洗いましょう。なお、汗をかきやすい夏よりも、ブーツなど通気性の悪い靴を使う冬に注意が必要です。足の臭いの原因になる前に、お風呂でしっかり洗って清潔に保ちましょう。

 

サイズの合わない靴を履いてませんか


もし、サイズの合わない靴を履いているのなら、それが足の臭いの原因かもしれません。きつい靴を履いていると、歩く度に足にストレスがかかり、余計に汗をかきます。また、ゆるい靴を履いていると、足が靴の中で滑ることで余計に汗をかいてしまいます。歩くたびに汗をかくことで、靴の中がムレて雑菌が増えてしまい、足の嫌な臭いの原因になるのです。

足の臭いが気になっているのなら、足に合う靴を新調しましょう。ただし、先の尖った靴やピンヒールのハイヒールは、足を緊張させ、靴の中で汗をかく原因となります。服装に注意が必要な場合は、先の尖った靴や女性らしいピンヒールといった靴も必要です。とはいえ、毎日の通勤で使う靴には、足のサイズに合った、歩きやすい靴を選びましょう

 

食事も臭いの原因に


実は食事も足の臭いの原因に大きく関わっています。例えば、スタミナを付けようとニンニクを食べると、翌日にも臭いが残ります。これは、前日食べたニンニクの臭いのせいで、汗がニンニク臭くなるためです。

靴の中でかいた汗が臭ければ、足も臭くなります。また、肉など脂質の多い食べ物ばかり食べていると、体臭がきつくなり、これも足の臭いの原因になります。そんな時は、体内の毒素を排出する作用がある海藻を多めに摂りましょう

他にも、不規則な生活を続けていたり、ストレスを溜め込んでいると体内に嫌な臭いが溜まって汗といっしょに出てきます。ほんとうに疲れたなと感じたら、脂っこいスタミナを付ける食事よりもバランスの取れた食事を心がけましょう。また、ゆっくり時間をかけてお風呂を楽しんだりしながらリラックスするのもよいことです。それで、気になる足の臭いの原因も解消できます。

 

いかがでしたか。足が臭い原因とその解消法についてお伝えしました。

足の臭いの原因は、普段の生活の中に隠れているものです。普段何気なくやっていることが、足を臭くしている原因かもしれません。足が臭くなる原因を知れば、嫌な臭いが出ないようにすることができます。とはいえ、靴の中で足は以外と多くの汗をかいています。その汗が足の臭いの原因だと解っていても、お座敷のように靴を脱がなければならない機会もあります。そんな時は、足の臭いを絶つスプレーやデオドラントをうまく活用するのをおすすめします。

普段から臭いで周囲に迷惑をかけない心がけがあってこそ、足の臭いの原因が解消できるのです。自分の生活を見直して、気になる足が臭いから自由になりましょう。

まとめ

気になる足の臭いの原因となる習慣とは

・毎日同じ靴を履いているなら、複数の靴をローテーションしてみよう
・素足やストッキングなら蒸れない工夫をしてみよう
・足を丁寧に洗って清潔に保ちましょう
・足に合ったサイズの靴を履くよう心がけましょう
・食事も臭いの原因になるので、バランスのよい食事を心がけよう