足の臭いの原因は靴にあり!正しい靴のお手入れとは

足の臭いの原因は靴にあり!正しい靴のお手入れとは
足の臭いの原因としてよく言われるのは、爪や靴下、洗い方などなどたくさんありますよね。でも、それよりも真っ先に考えなければいけないのは、何といっても「靴」

爪は切れば良いだけですし、足も靴下もきれいに洗えば足の臭いを解消できますが、靴だけはそうは行きません。カジュアルな靴ならごしごし洗うこともできますが、革靴やデザイン性の高いパンプスなどは洗いたくても洗えませんよね。だからと言って靴のお手入れをせずに置いては、どんどん雑菌が繁殖して足の臭いの原因を作り出してしまいます

でも、靴は高価であればあるほど長く使いたくなりますが、凝ったデザインが多くなる分お手入れが難しくなります。そんなお気に入りの靴を、不衛生で臭気に満ちたものにしたくはありませんよね。

そこで今回は、靴のせいで足の臭いを出さないために、覚えておきたいお手入れ方法についてお伝えします



 

足の臭いの原因は靴にあり!
正しい靴のお手入れとは

 

数足をローテーションで履こう


まず、お手入れ以前に、足の臭いを発生させない履き方を覚えておきましょう。それは、複数足を用意して、毎日ローテーションさせながら履く方法です。

毎日同じ靴を履くと、靴の中の湿り気が抜けないうちにまた履くことになるため、足の臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。それを避けるためには、やはり靴を数日おきに履くようにして休ませること。

新しい靴に一度臭いがついてしまうと消臭が大変なので、まずはなるべく臭いを発生させずに使えるようにした方が効率が良いです。複数足の靴を持っていると、そのうち一足が傷んでもすぐに履き慣れたものに替えられるので、とても便利だというメリットもあります。

 

履いた後はよく乾燥させよう


靴の湿気が足の臭いの原因となることは先ほどご説明しました。つまり、足の臭い対策として一番大切なお手入れは、履いたらすぐに乾燥させることなのです。ですから、脱いですぐに靴箱にしまい込んでしまうのはNG、最低1~2日はそのまま玄関で乾燥させましょう

湿気の無い空間なら数日放置しておくだけで乾燥していきますが、高温多湿になりやすい季節や日当たりが悪くてジメジメした玄関、雨の日などはただ置いておくだけでは乾燥する前に雑菌が繁殖してしまいます。そんな環境下で靴を乾燥させるためには、乾いた新聞紙を丸めたものと乾燥剤を靴に入れる、ドライヤーで乾燥させるなどの方法があります。今では市販の靴乾燥機なども売られているので、それを利用するのも良いでしょう。

 

たまに日光消毒しよう


乾燥させるだけでは足の臭いの元となる雑菌を死滅させることはできません。雑菌対策としては、たまに日光に当てて消毒すると良いでしょう。

日光に当てると言っても、靴の外側だけに光を当てるのでは効果はあまり期待できません。靴のかかとを上に向けるようにして立て、なるべく内側の奥まで光が入るようにして下さい

この方法は、ブーツなどには使えません。また、日光に弱い繊細な素材で作られたものもあまりおすすめできません。ですが、丈夫に作られた革靴などは一日日光に当てるだけでかなり臭いが少なくなります。

 

消臭効果のあるものでお手入れしよう


履いている時間が長かったり足に汗をかきやすい人の場合は、ローテーションで履いたり日光を当てても強い臭いを生じることがあります。そんな時は、消臭効果があるものを用いて靴の脱臭を行いましょう

消臭効果があるものとしては、市販の消臭剤のほか備長炭やコーヒー豆があります。これらは細かい気泡がある構造をしているため、悪臭を吸着する効果があります。

備長炭はそのまま、コーヒー豆は出し殻をカラカラに乾燥させていらない靴下などに詰めて、履いた後の靴に入れ込んで一晩置くと臭いが消えます。備長炭もコーヒー豆も、何度も使うと効果が薄くなるため、定期的に新しいものに替えると良いでしょう。

 

ミョウバンスプレーを吹き付けよう


今話題のミョウバンスプレーを使えば、殺菌と消臭を一度に行えます。ミョウバンそのものに消臭効果があるほか、水に溶くと弱酸性になり殺菌作用が生まれるからです。

ミョウバン水は、1500mlの水道水に50gの焼きミョウバンを溶かして作ります。このままでは濃いので、使用するときは10倍に薄めましょう。

これをスプレー容器に入れ、靴の内側に吹き付けて乾燥させれば消臭、殺菌完了です。ミョウバン水はデリケートな素材の靴に使用すると変質する恐れがありますので、まずは目立たないところに少し付けて様子を見てから使うと安心です。

 

いかがでしたか。足の臭いを発生させない、そして発生した臭いを抑えるためにおすすめの靴のお手入れ方法についてご説明しました。この方法を全て実践すれば、靴が原因で足が臭くなることはまず避けられるはずです。

こう見ると、家にあるものでできる方法がたくさんありますよね。何足か靴を揃えるのは少しお金がかかるかもしれませんが、備長炭はホームセンターで、ミョウバンは簡単にスーパーで手に入ります。

足の臭いの原因はもちろん靴だけではありませんが、靴を清潔に、そして乾燥させた状態に保つことができれば、臭いは激減します。今までどれだけ足を洗ってもダメだったという人、靴の臭いが気になるけれどどうすれば良いかわからない人は、是非一度お試しくださいね。

 

まとめ

足の臭いを出さないための正しい靴のお手入れは

・靴に湿気を溜めないため、数足をローテーションで履こう
・履いた後の靴はよく乾燥させよう
・たまに靴の内側を日光消毒しよう
・消臭効果のあるものでお手入れしよう
・殺菌と消臭効果のあるミョウバンスプレーを吹き付けよう