足裏の汗を止めて・今すぐサラサラにする7つの方法

足裏の汗を止めて・今すぐサラサラにする7つの方法
足裏の汗は、靴を履いていると周囲の人には気付かれにくいものですが、当人は靴の中が蒸れてヌルヌルしたりしてとても不快で気になるものですよね。

知人宅の訪問や宴会のお座敷などで靴を脱ぐ必要があるときは、床にペタペタと足跡がつきそうな気がしたりしてすぐにでも汗を止めたいと思うのではないでしょうか?さらに、靴の中は汗が蒸発しにくく蒸れやすいのでにおいの悩みを抱えている人も少なくないでしょう。

足裏の汗は手のひらと同様に精神的な緊張や興奮により出る「精神性発汗」と呼ばれています。それに対して体温調節のために出る手足以外の全身の汗を「温熱性発汗」と言います。

しかし、足裏と手のひらの精神性発汗も非常に寒い環境では出なくなるなど気温に応じて増減することが知られており、温熱刺激の干渉を受けることが分かっています。

そこで今日は、そんな足裏の汗をサラサラにする方法についてお伝えします。



 

足裏の汗を止めて
今すぐサラサラにする7つの方法

 

腰をつねる


発汗には「皮膚圧反射(半側発汗)」と呼ばれる性質があります。皮膚を圧迫すると圧迫した反対側の汗が止まることを指します。

例えば、胸の5cm位上を親指で圧迫すると、顔や腋の下などの上半身の汗が抑えられます。舞子さんは高い位置で帯を締めることで顔の汗を抑えられていると言います。

この性質を利用して足の汗を止めるには、腰の左右を圧迫します。

手で押さえることができないシチュエーションの場合は、ベルトを下げて締め付けたりするなどの工夫をすることで効果が得られます。

 

身体の一部を冷やす


太い血管の通っている部位を冷たいペットボトルやおしぼり、保冷剤などで冷やすと全身の汗が引いてくるので、その結果として足裏の汗も止まります。

太い血管が通っている部位は例えば、首の後ろ、腋の下、太ももの付け根、膝の裏などです。

 

ツボを刺激する


足裏の汗に効くツボは、手の人差し指の爪の横で親指側のツボ、または足の小指の爪の横で外側のツボをグリグリと刺激すると、交感神経の興奮を抑えられて精神性発汗が抑えられます。

グリグリと刺激する代わりに円皮針(テープ付きの非常に小さな画びょうのような鍼)を貼ったり、お灸をしたりするとさらに高い効果が得られます。

 

ハッカ油を使う


ハッカ油に含まれているメントールは、冷感を感じるTRPM8という受容体に作用して、冷たいと言う感覚を与えることができます。冷たい感覚を受けるので、汗が引いてきます。

ハッカ油をエタノールと精製水で希釈してスプレーなどにして肌に塗布します。

 

制汗剤を使う


市販の制汗剤にはクリーム、スティック、ローション、スプレーなど色々な種類がありますが、使用場面などによって使い分けてもいいでしょう。

お風呂上がりや外出前などは直接塗布するのでより効果が高いクリームなどを使い、外出先などではサラサラ感が得られるスプレーなどを使うと汗で蒸れた足をサラッとさせることができるでしょう。

 

サイズの合った靴やヒールの低い靴を選ぶ


足裏は精神性の刺激で発汗しますが、靴のサイズが合っていなかったり、ヒールの高いパンプスなどを履いたりすると知らず知らずのうちに足がストレスを感じて発汗が多くなることがあります。

また、靴の中の換気の面からもサイズの合った靴選びが重要です。

サイズが合った靴で歩いていると、足を踏み込んだときのポンプ効果で靴内の湿った空気が足と靴の隙間から外に押し出され換気されますが、大きすぎる靴は外に押し出されるまで到達せずに靴の中で循環する程度になってしまいます。

また、小さくてきつい靴を履いていると靴と足の隙間が無いので靴の中の湿った空気が出て行かずに非常に蒸れてしまいます。

意外と見落としがちなことですが、ストレスの無いサイズやヒールの高さの靴を選ぶことで余計な汗や蒸れが抑えられるのです。

 

気にしないのも方法の一つ


足裏の汗は精神性の刺激で発汗するので、汗をかくことを気にし過ぎればし過ぎる程、それがストレスとなり余計に汗が出てくるという悪循環にはまります。

汗のことを考えずに別のことを考えたり、深呼吸や一呼吸おくなどリラックスを試みたりするとスッと汗が引くことがあるでしょう。

 

いかがでしょう、足の汗は温熱性刺激の影響を受けながらも主として精神性の刺激で出るので、季節を問わず発汗が見られ、気にしている人は一年中悩まされることになります。

足裏の汗を止めるには、病院に行って受ける治療も色々ありますが、今回は身近なところからすぐに取りかかりやすい方法を集めてみました。

是非、これらの中からすぐにお試し頂いて、足裏の汗のことを忘れるぐらいの生活を手に入れて下さい。気にならなくなるとさらに汗をかきにくくなりますよ

 

まとめ

足裏の汗を止めるには

・腰をつねる
・身体の一部を冷やす
・ツボを刺激する
・ハッカ油を使う
・制汗剤を使う
・サイズの合った靴やヒールの低い靴を選ぶ
・気にしないのも一つの方法