なぜ脚やせは難しいの?なかなか細くならない5つの理由

なぜ脚やせは難しいの?なかなか細くならない5つの理由
「脚」はよく見えるところなので、誰しも綺麗になりたいですし、実際に脚やせを頑張っている人もいますよね。しかし、脚やせを頑張ってみてもなかなか細くならないので、挫折しそうになる人もいるでしょう。

脚やせが難しく、なかなか細くならないのは、脚が「よく見える」部分だからです。実は、よく見える部分ほど、毎日の生活で乱れていきやすいのです。

そんな中で、運動やバランスのよい食事をするなど、普通のダイエットと同じことだけをしていては、脚やせはなかなか実現出来ません。なので、なぜ脚が太くなったのかを知り、それに対処することが、脚やせを成功させる一番の近道です。

そこで今回は、なぜ脚やせは難しいの?なかなか細くならない5つの理由をお伝えします。



 

なぜ脚やせは難しいの?
なかなか細くならない5つの理由

 

正しくない座り方をしている


座り方には、あぐらや足を伸ばしたりと色々ありますが、脚が一番太くなると言われているのが正座になります。最近は、正座をする機会も減っていますが、それでも、必ず正座をしなければならない時はあります。

太くなってしまうのは、曲げた脚で体重を支えてしまうことにより、脚が押し潰されてしまい、血行が悪くなるからです。

こういうことを聞くと「もう、正座はしたくない」と感じるかもしれませんが、脚が太くなるのは、正しい正座が出来ていないからなのです。気になる正しい正座の座り方は、次のようになります。

まず、両足の親指を付け、次に両足のかかとを付けます。最後に、腰を入れるイメージをしながら、かかとの上にお尻をのせます。これで、正しい正座の完成ですが、両足や両足の親指は、絶対に重ねないようにして下さい。

間違った正座は、脚やせの大敵ですので、正しい正座を覚えて、いざという時もきちんと座れるようにしておきましょう。

 

歩き方に問題がある


10人いれば、10通りの歩き方があるといえるくらい、歩き方にはその人の「癖」が出ます。では、自分の歩きやすいように歩いてよいのかというと、そうではありません。脚やせをする為には、正しい歩き方で歩く必要があります

正しい歩き方をすれば、脚に良い筋肉が付けられますが、悪い歩き方をしていると、筋肉太りになってしまい、脚やせが出来ないのです。脚やせをする為に、ウォーキングなどを頑張っている人もいるでしょうが、それが逆に脚が太ってしまう原因かもしれないのです。

歩く時は、地面にかかとから着けていき、完全に脚が着いたら、前の方に体重をかけた後、膝を曲げず、つま先で地面を蹴るよう上げたら、反対の足のかかとら着地します。これを繰り返していくことが、正しい歩き方になります。

正しい歩き方は、脚やせに効果的ですので、ぜひ日頃から正しい歩き方を意識して歩くようにしてみて下さい。

 

足に合わない靴を履いている


足元のオシャレを楽しみたいが為に、サイズが少し合っていないけれど、無理矢理靴を履いている人も中にはいるかもしれませんが、それは自ら脚やせを難しくさせていると言えます。サイズの合わない靴を履いていると、足が靴にフィットしないので、足の裏の筋肉をほとんど使えていない状態になっています。

足の裏の筋肉が使われないと、血行が悪くなり、老廃物や水分が溜まることによって、足がむくんでしまいます。もし、足がむくみによって太っているのなら、フィットした靴を履いて、しっかりと足の裏の筋肉を使える状態にすることによって、脚やせが実現出来ます。また、血行をよくするために、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるのも効果的です。

 

体が歪んでいる


体が歪んでいるとは、骨格が歪み、骨が正常な位置にない状態で、本来ならばバランスが取れずに「きをつけ」の姿勢が出来ないはずの状態をいいます。しかし、筋肉がバランスを保てるように付くので、骨格が歪んでいても問題なく過ごせてしまうのですが、筋肉は不自然に発達してしまいます。すると、リンパ液がスムーズに流れず、むくみが起きてしまいます。

先程もお伝えした通り、むくみは脚やせを妨げる原因ですので、対処しなければなりません。その為には、歪んだ体を真っ直ぐにすることが大事ですので、骨盤の矯正や酷ければ整体に通うことも必要になります。ちなみに、骨盤はスクワットや両足を揃え、両腕を伸ばして左右それぞれに曲げるストレッチによって矯正が出来ます。また、日頃から美しい姿勢を心がけ、同じ姿勢を長時間しないようにしましょう。

 

便秘になっている


便秘は女性に多い悩みですが、便秘のせいで脚やせが難しくなっている可能性もあります。そもそも、便秘を引き起こす原因は、排便に重要な役割を果たす食物繊維が不足していたり、運動不足などによるものです。

便秘になってしまうと、リンパ液で排泄しきれない量の老廃物が、常にお腹に溜まっていることになり、血液にのって体中を回ってしまいます。その時に、疲労物質も一緒に体中を回ってしまいますので、疲れやすく常にだるい状態の体になります

疲れやすくだるい状態だと「動きたくない」と思ってしまい、それが運動不足になる→足の筋肉が使われない→新陳代謝が落ちる→足がむくむという悪循環を生みます。脚やせの為には、絶対に便秘は解消しなければならないのです。

その為には、食事に乳酸菌や食物繊維が豊富なヨーグルトやごぼうなどを取り入れ、ウォーキングなどの運動をするようにしていきましょう

 

いかがでしたか。脚やせが難しいのは、日常生活ではあまり意識をしないことが脚を太らせてしまう原因になってしまうからです。ですので、脚やせが出来ない原因を「これだ」と突き止めるのはなかなか困難です。

しかし、脚は「よく見える」部分ですので、脚やせをして綺麗になりたい人は、沢山いますよね。なので、本当に脚やせを実現させるには、面倒かもしれませんが、考えられる原因を全て潰していく必要があります。ただし、全てを一度に潰していくのは、難しいものです。

まず出来ることは、食事に気をつけ、運動を日常的に行うことでしょう。そうすれば、かなり脚やせの効果が出るはずです。一歩一歩、段階を踏んでいけば、必ず綺麗な脚が手に入りますよ。

まとめ

脚がなかなか細くならないのは

・正しくない正座をして、血行が悪くなっている
・歩き方に問題があり、筋肉太りになっている
・フィットしていない靴を履いているので、足の裏の筋肉が使われていない
・体が歪んでいるので、むくみが起きている
・便秘のせいで、体がだるい状態になり運動不足になっている