足汗がひどくて困る!足の裏ぐっしょりを解消する方法

足汗がひどくて困る!足の裏ぐっしょりを解消する方法

目に見えない部分であるためあまり問題にはされないが、実は意外と多くの人が困っている悩みの一つに、足の裏の汗「足汗」があります。靴の中がムレてぬるぬるしていたりして結構大きな問題なのですが、周囲に迷惑をかけない分、本人も「まあいいや」と放置してしまうというケースが数多くあります。

しかし、足汗とは基本的に不健康かつ不衛生なもので、放置しておくと臭いが強くなって困ったり、知人の家で靴を脱ぎづらいという悩みも起こってくる厄介なものです。そこでこの記事では、人には言いづらいが足汗に悩んでいて……、という方に向けて、足汗を解消して足の裏のぐっしょりに悩まされない簡単な方法をいくつかご紹介いたします。是非この記事を参考にして、足汗のお悩みから開放されてください!



 

足汗がひどくて困る!
足の裏ぐっしょりを解消する方法

 

そもそも足汗は何故起こる?


足汗が起こる原因は、大きく分けて二つ。「温熱性発汗」と、「精神性発汗」と呼ばれるものがあります。「温熱性発汗」とは、その名の通り、熱いことが原因でかく汗で、ごくごく普通の汗です。こちらは体温調整としての汗であり、対処法は一般の汗を止める方法と何ら変わりないものとなります。

もう一つの「精神性発汗」とは、精神的な緊張や興奮によって湧き出てくる汗であり、手のひらに起こってくる汗と同じタイプの汗です。どちらが主な原因で汗が出ているかは、個人差が大きいので何とも言えない部分もあるのですが、それでも概ね適用できる足汗の止め方というのは存在するので、次の項目からはその具体的な方法をお伝えいたします。

 

体の一部を冷やす、圧迫する


汗を止める一番簡単な方法は体の一部を抑えることで、体の状態を変えることです。発汗には「皮膚圧反射」と呼ばれる特性があり、体のある部分を圧迫することで、圧迫した部分とは異なる部分の汗が止まるということがあります。

この特性を使って足汗を止めるには、腰の付け根辺りを強く圧迫することが効果的であると言われています。足汗が出てきて困ったときは、手やベルトなどでしばらく腰の全体をぐっと圧迫してみてください。他にも、体を流れている血液そのものを冷やすことで、発汗の全体量を抑えるということもとても効果的です。太い血管が流れているのは、首の後ろや膝の裏、太ももの付け根などですので、その部分に保冷剤などを着けてみてください。

 

制汗剤を使う


薬局などでよく売られている市販の制汗剤などを使っていくのも、一時的に汗を止める方法としては非常に有効です。クリームやスティック、スプレーなどいろいろな形態がありますので、外出前には直接足に塗れるスティック、外に出た時などはサッと散布できるスプレーなど、状況によって使い分けるのがいいでしょう。

ただ一つ注意しておいて欲しいことは、制汗剤というのはあくまで「汗を止める」という効果があるだけの薬であって、その状態は、決して体にとって望ましいものではない、ということです。人間の発汗というのは、体温調節を始めとした体の調子を整えるためのいろいろな機能が詰まった人間の能力ですので、これを薬で強引に止めるというのは不健康なことである場合が多いのです。

なので、制汗剤とはあくまで、「どうしても汗を止めたい場合」に使うものであり、日常生活で事あるごとに使うようなものではないと心に留めておきましょう。異常に汗が出てしまう体質であるなどの一部の例外を除いて、汗は出したいときに出すのが一番自然で健康的なことなのです。

 

自分に合った履き心地のいい靴を履く


意外に思われる方もいるでしょうが、実は自分にピッタリと合った履き心地のいい靴を履くことが、足汗を止めるうえで非常に効果的な場合も多いのです。足汗とは「温熱性発汗」と「精神性発汗」の二つの原因から起こるものだ、と前に書きましたが、サイズの合わない靴やヒールの高すぎる靴というのは、足が窮屈でムレやすいという点と、足が封じ込められてストレスを感じやすくなってしまうという点で、足汗が非常に起こりやすい環境を作ってしまう代物なのです。

ですので、日常生活の中において、「いかに自分の足にストレスを感じさせない靴を履くか?」ということも考えておくべきことです。女性などは特に、外見を気にするあまり足に負担を集中させるようなファッションを取りやすいので、注意しておいてください。

 

さて、ここまでで足汗の起こる原因やその対処法、心構えなどについてざっくりと説明してきましたが、満足のいくものでしたでしょうか。足汗とは、目に見えないがゆえに本人も周囲も問題にしない場合が多く、そのため知らず知らずのうち足の臭いなどの問題が深刻化しやすい類のものです。

あまりにも足汗が止まらないという場合は、病院などの専門機関への相談をオススメしますが、まずはその前に冷却や履き心地のいい靴を履くなどの小さなところから始めてみてはどうでしょう。

また、足汗は精神的なプレッシャーが大きく関わる種類の汗ですので、あまり気にし過ぎることも良くないです。神経質になればなるほど、体は緊張し、その分余計に足汗が出るという悪循環に陥ってしまうからです。ゆったりと落ち着いて気持ちで、是非足汗の解消に取り組んでみてください。きっといずれ、満足出来る結果が出てくるはずです!

 

まとめ

足汗を止めるには

・足汗の原因を掴もう
・体の一部を抑えよう
・制汗剤を使おう
・履き心地のいい靴を履こう