頭からダラダラ流れるいや~な汗を止める7つの方法

頭からダラダラ流れるいや~な汗を止める7つの方法
夏場、クーラーが効いた涼しい部屋にいたとしても、また冬場、周囲の人があまり汗をかかない季節になってもひとりだけ頭からダラダラ流れてしまう汗。

頭から流れ落ちる汗や汗でぬれた髪、また女性なら汗で崩れたメイクは周りの人から見ても気付きすく、そのことが不安や緊張をあおり更に汗をかいてしまう悪循環にも陥ります。

このように頭や手のひら、足の裏、腋の下、顔面などの体の一部から異常に多くの汗が出ることを局所性多汗症または限局性多汗症と呼びます。

局所性多汗症の汗の出方は個人差があり、他の人より少し多い程度から、滴り落ちて日常生活に支障をきたすほどの人もいます。

程度の差はあってもいやな汗はとてもストレス。頭からのいやな汗を止める効果的な7つの方法をご紹介します。



 

頭からダラダラ流れる
いや~な汗を止める7つの方法

 

皮膚圧反射(半側発汗)を利用する


突然ですが舞妓さんは、帯を胸高にしめることで顔や頭の汗を押さえ、化粧崩れを防ぐことができています。

この現象は「皮膚圧反射(半側発汗)」と呼ばれるものです。例えば全身に汗をかいているときに左側を下にして寝ると、自分の体重がかかっている左側の汗は止まり、上にしている右側からはどんどん出ます。

向きを反対にしてみると、汗のかき方は逆転します。

このように皮膚に圧力をかけることで発汗が抑えられることを利用して、胸の5cm位上を親指で圧迫したり、帯やタオルできつく巻いたりすると上半身の汗を抑えることができます。

 

ツボを押す


皮膚圧反射とは異なり即効性は低いので根気よく継続することが大切ですが、手軽に続けられる方法です。

多汗症に効果があると言われるツボはいくつかありますが、代表的なツボを2つあげておきます。

・合谷(ごうこく)
手の甲側の親指と人差し指の間のツボです。体の水分量を調節し、熱を静めます。多汗症の汗や体のほてりに効果的です。合谷は万能のツボであり、他にも頭痛、歯痛、鼻炎、喉の痛み、便秘、生理痛などにも有効です。

・復溜(ふくゆ)
内側のくるぶしから指3本分上にあるツボです。体内の水分代謝を調整し、発汗を抑える効果があります。足のむくみ、生理痛、冷え症にも効果的です。

 

制汗剤を塗る


20%塩化アルミニウム液を皮膚に塗布すると、発汗が止まることが知られています。塩化アルミニウムは刺激が強いので水やアルコールで希釈して塗布します。

頭部はとてもデリケートなので塩化アルミニウム液の代わりにミョウバンや重曹を使うこともあります。ミョウバンや重曹も薄い濃度から頭部に塗布してみて、汗を抑える効果の様子をみていきます。

 

内服薬で発汗を抑える


汗を抑える内服薬には、神経遮断薬と抗不安薬があります。

・ 神経遮断薬 - プロパンテリン
プロパンテリンは発汗を促進する神経の伝達を遮断することで汗が出るのを抑制します。
しかし、プロパンテリンは汗腺以外にも全身に作用するので喉がからからに乾いたり、瞳孔が開いて目がかすんだり、便秘や動悸などの副作用もある薬です。
また、制汗効果が現れる時間も短いので例えば大事なプレゼンテーションの前などのここぞと言うときに用いるとよいでしょう。

・抗不安薬
体温上昇だけでなく緊張や不安などの交感神経の刺激で汗がたくさん出てしまうのが多汗症です。抗不安薬は直接汗を止める薬ではありませんが、気持ちを鎮めることで精神性の汗を減少させます。

 

漢方薬でバランスを整える


漢方薬は、体の悪い部分に対して直接効果を示すというよりも、体の乱れたバランスを整えることにより体調を正常化していく効果があります。飲んですぐに多汗症が改善するというよりは、続けることで効果を表します。

漢方薬には非常にたくさんの種類があります。患者さんの症状だけでなく体質も加味して処方されるので、漢方薬専門の医師または薬剤師に一度相談してみると自分にあったものを処方してもらえるでしょう。

多汗症に用いられる代表的なものをあげておきます。

・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
水分代謝を改善し、疲れや痛みを改善します。むくみ、多汗症、肥満症(水太り)などに効果があります。疲れやすく汗かきで、水太りタイプの人に向いています。

・桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)
発汗のバランスを整え、全身の発汗を抑える効果があります。寝汗やじとじとした汗をかく虚弱体質の人向きです。

・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
顔や手、脇の下などの上半身の多汗症に効果があります。体の熱や炎症を鎮め、また神経の疲れをいやし、心身の状態を整えます。虚弱体質でイライラや不安感があり、疲れやすい人向きです。

 

心身療法で気持ちを鎮める


汗をかいてしまうことに強い不安を感じて、さらに汗をかいてしまう悪循環にはまっている人には心身療法も有効です。

カウンセリングにより汗に対する不安感や恐怖感を取り除いたり、自律訓練法などで自律神経のバランスを整えて発汗を減少させたりします。

自律訓練法は詳しい書籍も出版されています。

 

ボトックス注射を打つ


ボトックスとはボツリヌス菌が作り出す毒素の注射薬です。ボツリヌス毒素は、発汗を促す神経の働きを抑制する効果を持ちます。ボトックス注射をするとその部分の汗が止まったり、激減したりします。

頭部多汗症に対してはあまり行われていない方法ではありますが、何をやっても汗が抑えられないという人は多汗症に対するボトックス治療の実績の豊富な医師に一度相談するとよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

頭部多汗症は体温上昇の影響だけでなく精神的な影響も強く受ける症状ですが、多汗症の人が必ずしも精神的に過敏であるとは限りません。

緊張しやすいから汗が出やすいわけではなく、発汗をコントロールする交感神経が敏感だから汗が出やすいのです。

多汗症だからといって自分は神経質だからと悩む必要はありません。

まずは、汗と緊張の悪循環から解放されるために、ここでご紹介した方法を実践してみて下さい。

 

まとめ

頭からダラダラ流れるいや~な汗を止める7つの方法

・皮膚圧反射(半側発汗)を利用する
・ツボを押す
・制汗剤を塗る
・内服薬で発汗を抑える
・漢方薬でバランスを整える
・心身療法で気持ちを鎮める
・ボトックス注射を打つ