背中ニキビの間違ったケアを改めてツルツルお肌へ回復する方法

背中ニキビの間違ったケアを改めてツルツルお肌へ回復する方法

背中は自分で直接見ることが出来ない為、ニキビが出来ていることにもすぐには気づきにくいものです。その為、どうしても治療が遅れがちになってしまいます。

夏場など背中ニキビが出来ていることで水着になることを躊躇して思い切り楽しめないなどのストレスからニキビに悪影響をあたえてしまいます。

また背中だという事で、顔のニキビでは絶対やらないようなケアをしてしまうと、なかなか治らない原因になります。それではどういったケアが効果があるのか?

それは顔のニキビと同様、背中のニキビもターンオーバーを経て改善するので保湿ケア中心につぶしてしまう事なくゆっくりと治していく事が大切になります。きれいな背中美人を目指しましょう。



 

背中ニキビの間違ったケアを改めて
ツルツルお肌へ回復する方法

 

シャンプー、リンスは背中に残さないようにしよう


シャンプー剤は頭皮の洗浄の為開発されているものなので、刺激が強いので体のお肌には天敵になります。その為、しっかりとシャンプーリンスなどを洗い流す事をお勧めします。洗い方の順番は髪→体→顔になります。

この順番で洗うと背中にシャンプーリンスなどの成分が残る可能性が減ります。シリコンシャンプーの強力な成分がニキビの原因になっているかもしれませんのでノンシリコン・オーガニックなどに切り替えるなどして肌に優しいシャンプーを使用するのも手です。

 

刺激のある石鹸には注意しよう


体を直接洗う石鹸・ボディーソープになるので刺激の強いものには注意が必要になります。合成界面活性剤・保存料・香料などの添加物が含まれているものが多いものもあり特に肌が弱い人にとっては、肌荒れ、ニキビの原因になります。

一度荒れてニキビが出来てしまった肌に繰り返し使用する事で悪化してしまいますすので無添加固形石鹸など材料がシンプルなもので体を洗いたいものです。

 

ごしごしこすり洗いをやめよう


背中ニキビがかゆい、背中が乾燥してかゆい、ちょっと汗をかいたからかゆい、そんな理由でごしごし背中を洗ってはいませんか?ごしごし洗った方がすっきりした気分になりまので背中ニキビにも良さそうに見えますが、実は背中のニキビにとっては刺激になり逆効果になってしまいます。

またニキビ跡にもなってしまう可能性があるので、ごしごし洗うのはやめましょう。またナイロンのタオルは泡立ちがいいので洗浄力が高いと思い使用してしまいがちですが、タオルそのものが刺激になるので泡立ちが悪くても綿のタオルを使用し優しくなぜるように洗いましょう。

 

乾燥には注意しよう


顔のニキビでは保湿が大事と分かっていても、背中ニキビに対しては一見乾燥させる事が良いと思っている人も少なくないのではないしょうか。しかし、ニキビのできる原理は顔でも背中でも同じになるので保湿ケアが大切になります。

背中は手が届きにくい為、伸びのよい柔らかいクリームなどがお勧めになります。またニキビ用に販売されているものを使用するのもいいですね。

 

洗濯洗剤、柔軟剤のすすぎ残しには注意しよう


背中ニキビの要因の一つとして考えられているのは洗濯洗剤や柔軟剤です。背中には常に洋服が触れているので洗濯洗剤・柔軟剤が肌に合わないなどが原因でニキビができやすい状態になってしまいます。

洗剤のすすぎ残しの可能性を減らす為に2度すすぎなどの洗濯機の機能を活用しましょう。洗濯機の種類などによっては基礎コースがすでに2度すすぎになっている場合もあります。

また柔軟剤は最後のすすぎの時に投入されるので、背中ニキビが出来ている時は使用を控えましょう。肌がきれいになってからも注意が必要で、使用料を守り自分にあったものを見つけましょう。

 

合成繊維の下着には注意しよう


化学繊維は摩擦や乾燥を起こしやすい素材になるので、肌のかゆみニキビを起こしてしまう事があります。肌が弱い方や乾燥肌タイプの方は特に天然素材の木綿、シルク、麻、などを着用しましょう。

特に夜、寝ている時間の寝汗が背中ニキビの原因にもなりますので化学繊維を着て寝ているとニキビの悪化につながりま。また、汗をかいた時はこまめに取りかえる事で、出来てしまったニキビケアになります。

 

ピーリングやエステに注意しよう


背中ニキビを良くしたいと思い、ピーリングやエステを試してみたいと思っている方も多いかと思います。しかし、エスティシャンはニキビを治す専門課ではないです。

過度の刺激などにつがなってしまい悪化してしまう可能性もありますので、状態がひどく、本気で治したいと深刻に悩んでいるかたは医療機関にいく事をおすすめします。

 

いかがでしたか。

あなたは間違ったケアにいくつあてはまりましたか。今まで背中ニキビには関係がないと思っていた事が実は大きく関係していた、なんてものも有ったのではないでしょうか。

背中は汗をかきやすく、肌トラブルが起きやすい場所になり、直接見る事が出来ないのでセルフケアが難しいと思われがちですが、普段の生活でしている事を少しだけ見直すだけでケアができるという事がわかりましたね。

簡単にできるものが多いので今日から実践して背中ニキビを治し、水着になれる、彼とデートができる、温泉旅行にいける、など悩むことなく笑って楽しめる生活を送りましょう。

 

まとめ

背中ニキビの間違ったケアを改めてツルツルお肌へ回復する方法

・ シャンプー、リンスは背中に残さないようにしよう
・ 刺激のある石鹸には注意しよう
・ ごしごしこすり洗いをやめよう
・ 乾燥には注意しよう
・ 洗濯洗剤、柔軟剤のすすぎ残しには注意しよう
・ 合成繊維の下着には注意しよう
・ ピーリングやエステに注意しよう