薄毛を治療して人生をバラ色に変える9つの方法

薄毛を治療して人生をバラ色に変える9つの方法
薄毛のせいで自信を無くして異性へのアプローチや知人とのコミュニケーションを遠ざけてしまっていませんか?「薄毛は治らない」なんて諦めずにしっかり治療してバラ色の人生を共に歩みましょう。

日本人の薄毛人口はアジア最多といわれ、成人の3人に1人が薄毛に悩んでいるそうですが,これだけ多くの人が悩んでいるのでその研究は日々進歩しています。不安にならないで根気よく治療を続けましょう。

薄毛部分には毛が無いように見えますが薄毛の部分とそうでない部分の毛包の数は変わらず存在し、そこには顕微鏡で見なければ見えないような毛ですがしっかりと存在しているのです。

それらの毛を正常に伸ばしてあげればいいのですから、手遅れだと諦めないでこれから話すことを聞いてみて下さい。



 

薄毛を治療して人生をバラ色に変える9つの方法

 

亜鉛


髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質の一種ですが、ただ単にタンパク質ばかりをたくさん摂ればいいというわけではありません。食事で摂ったタンパク質は一度アミノ酸に分解されて吸収しタンパク質に再合成されて使用されますが、亜鉛が不足すると再合成がうまくできなくなります。
ですから抜け毛の原因としてタンパク質そのものではなく、亜鉛が不足しているという場合もあります。亜鉛は髪だけでなく爪もきれいにする嬉しい栄養です。サプリメントも多く発売されていて安価なので続けやすくていいですよ。

 

ノコギリヤシ


前立腺肥大症という病気に有効な植物としてノコギリヤシが有名ですが、薄毛にも効果があります。ノコギリヤシとは主にアメリカ南東部で見られるヤシの一種で、その実の抽出物には抜け毛の原因になる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を作り出す5αリダクターゼの活動を阻害する働きがあるので非常に効果的です。
男性用と思われがちですが女性も服用可能ですので安心して飲めると思います。

 

ビタミンE


私達は偏食やストレスを重ねると体内に活性酸素を作ります。その活性酸素とは細胞を酸化させて、抜け毛・老化・ガン・シミ・シワなどたくさんの悪影響を与えるものです。
薄毛を治すためにはこの活性酸素による酸化をなんとしても防がなければなりません。そこで必要なのはビタミンEです。ビタミンEはその抗酸化作用で活性酸素による酸化を防ぎ細胞を守ります。
老化とともに活性酸素が発生しやすく酸化しやすい体質になっていきますので、ビタミンE摂取を習慣にすることが大切です。

 

セレン


セレンはビタミンE同様抗酸化作用があるのですが、その効果はなんとビタミンEの100倍とも言われています。ガンの予防効果があるミネラルとして販売されている国もあるほどの威力ですが、その分毒性が強く過剰摂取は厳禁です。
効果があるからと飲み過ぎないようにして、決められた量を絶対守ってください。

 

ミノキシジル発毛剤


ミノキシジルは血管を拡張し発毛を促進する治療薬で、薄毛治療の中では最も効果がある方法だと言われています。日本製では唯一大正製薬から発売されている頭皮に塗布するタイプの発毛剤のみにミノキシジルが含まれていて、薬剤師がいる薬局で購入できます。また、より高濃縮な海外製のミノキシジル発毛剤もあります。こちらは薬局には置いてなく海外から輸入することもできますが、副作用が強いので充分注意が必要です。

 

ミノキシジルタブレット


ミノキシジルは頭皮に塗布するタイプ以外にもより強力な効果がある服用するミノキシジルタブレットというものもあります。塗るだけで発毛するミノキシジルを直接服用するわけですから効果は抜群です。
このタブレットは薬局には置いてなく専門外来などで処方してくれることもあるようです。海外から輸入することもできますが、塗布タイプの発毛剤と同じくまずは副作用について充分勉強してから服用して下さい。

 

リジン


人間が体内で合成することができない必須アミノ酸のうちの1つにリジンといわれるものがあります。リジンはタンパク質を構成する栄養素ですが、薄毛にも効果があると科学的に証明されています。
またリジンは前述した「ミノキシジル」が毛乳頭に作用する効果をさらに高めてくれるのでまさに一石二鳥のサプリメントです。

 

フィナステリド


薄毛の治療薬としてフィナステリドというものがあります。これは前述した「ノコギリヤシ」と同じように5αリダクターゼの活動を阻害してジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制する薬です。
薬と言うだけあって副作用がありますので、医師に相談してから服用することをおすすめします。

 

ケトコナゾール


もともと水虫やカンジタ症の薬として使われてきたケトコナゾールですが、近年薄毛に効果があるとわかっています。ケトコナゾール配合のシャンプーで頭を洗うとフィナステリドと同様にジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。このシャンプーはフィナステリドよりも効果があって副作用が少なく値段も安いので、長く続ける必要がある薄毛治療にはもってこいです。

 

以上、薄毛の治療に役立つ情報を紹介しました。

薄毛治療は日々進化し続けていますので、インターネットなどを駆使して常に新しい情報を収集することをオススメします。薄毛を治療してしまえば確実に今より若く見えます。薄毛を治療してしまえば確実に今より自信がつきます。

薄毛を治療してしまえば確実に今より明るい人生を歩むことができます。一度きりの人生だから、楽しく生きましょう。

 

まとめ

薄毛を治療して人生をバラ色に変える9つの方法

・亜鉛
・ノコギリヤシ
・ビタミンE
・セレン
・ミノキシジル発毛剤
・ミノキシジルタブレット
・リジン
・フィナステリド
・ケトコナゾール