胸に出来たニキビをこれ以上悪化させない為に行いたい7つの事

胸に出来たニキビをこれ以上悪化させない為に行いたい7つの事

胸のニキビは、顔に出来るニキビと違って広範囲にたくさん出来るので肌の露出が多い夏場は特に気になります。

胸元の開いた服やVネックの服を着ていて外出先で自分の胸元を見た時に胸ニキビが見えることに気付いてしまうと、そこからは他の人に気付かれないかということに意識がいってしまい、心から楽しめないものです。

男性は、女性の胸元に視線がつい行ってしまうようですが、自分の胸元を見て幻滅しないかと不安にもなります。胸元は夏場以外、日にさらすことが少ない為他の部分より日焼けしていないので、ニキビの赤味がよけいに目立つのです。

その上、胸のニキビは色素沈着しやすいので早めにケアが必要です。そんな気になる胸のニキビの対策方法をご紹介します。



 

胸に出来たニキビを
これ以上悪化させない為に行いたい7つの事

 

服や下着の刺激に気を付けましょう


服や下着が胸のニキビの原因になると聞いても、ピンとこない人もいるでしょう。しかし、分泌された皮脂や汗のついた服や下着などによる刺激が、胸ニキビには良くないのです。気を付けたいのは、ナイロンなどの化学繊維で出来た素材の服です。

汗を逃がしづらいので通気性が悪くなり、肌に刺激を与えてしまいます。胸のニキビが気になる場合は、綿などの通気性のよい素材の服がおすすめです。それと下着で体を強く締めつけるのも良くありません。

薄着になると体型が分かりやすくなる為、少しでも体のラインを綺麗に見せようと補正下着などで体を締め付けてしまいたくなる気持ちも分かります。

しかし、胸のニキビにはこの締め付けが大敵です。補正下着だけではなく、ブラジャーなども体のサイズに合ったものを着けるようにすることが、胸のニキビを悪化させないことに繋がります。

 

ボディーボープなどの洗い残しに気を付けましょう


胸のニキビを悪化させる原因の1つに、ボディーソープなどの洗い残しがあります。入浴後に洗い残しの石鹸やトリートメントなどが、体に付いたままだと毛穴が詰まる原因になってしまいます。

シャンプーやトリートメントなどは、しっかり洗い流してください。気を付けたいのがシャンプーで洗髪したときのシャンプーの泡は、お湯と一緒に肌の上を流れていきます。

このシャンプーを含んだお湯が毛穴詰まりの原因となり、それが胸のニキビを誘発します。対策としては洗髪を先にしてから体を洗うと全身に石鹸などを残さず体を清潔にすることが出来るので、胸ニキビの悪化の防止になるはずです。

 

胸元のピーリングをしましょう


胸のニキビは角質が厚くなり毛穴がふさがれそして皮脂が詰まって炎症を起こす肌の角質異常が原因です。 胸ニキビと言われているくらいですから顔に出来る大人ニキビと同じなのでピーリングがおすすめです。

肌のターンオーバーを促進させてくれるので、入浴時に石鹸タイプのピーリング剤を使用してみてください。その後は水分が蒸発しやすくなっているので、保湿を忘れないようにしてください。

 

食生活を見直しましょう


胸ニキビは食生活の改善も大切です。脂っこい食べ物や甘いお菓子を食べていては悪化する一方です。毛穴の活性酸素を押さえてくれ、皮脂の酸化を予防してくれるビタミンCやビタミンEなどをしっかり摂りましょう。野菜や魚、大豆など、バランスのよい食生活に改善してください。

 

生活習慣を改善しましょう


生活習慣の改善のポイントは、睡眠不足の解消です。ストレスや忙しさで、睡眠がとれない人が多いのですが、睡眠不足はホルモンバランスを乱してしまったり、睡眠中に活発化するターンオーバーが阻害されてしまい、毛穴の詰まりや炎症を引き起こしやすくなり胸ニキビが悪化してしまいます。

睡眠障害や睡眠不足を解消するためにハーブティーを就寝前に飲んだり、アロマオイルなどで寝室を快適空間にするなどしてみてください。

 

ストレスを溜め込まないようにしましょう


ストレスが溜まると心身ともに良いことはありません。今の世の中でストレスを感じずに生活を送るのは不可能に近いのですが、溜め込んでしまうと健康に大きな影響が出やすくなります。

その上ストレスを強く感じる時期が続いてしまうと、副腎皮質から男性ホルモンが多く分泌され、皮脂過剰になったり、角質を厚くする作用も働いてしまう為胸のニキビには大敵なのです。趣味やゆっくり入浴するなどして、出来るだけストレスを溜め込まない生活を送ることを心がけましょう。

 

不衛生にならないように気を付けましょう


意外と気づかない胸のニキビを悪化させてしまう原因のひとつに、寝具などの不衛生があります。例えば、パジャマは2~3日同じものを着ている人が多いのですがそれこそ不衛生です。睡眠中は知らない間に汗をかいています。

そのパジャマを洗濯しないで繰り返し着ているのは、雑菌を育てているのと同じです。寝具も毎日とは言いませんが、肌に触れるものなので冬場でも1~2回、夏場であれば2~3回は交換してください。

入浴時のバスタオルなども、必ず毎日交換してください。不衛生は雑菌の温床になってしまうので、胸のニキビを作ったり、悪化させない為にも清潔なものを使ってください。

 

いかがでしたか。

胸のニキビは、一度出来てしまうとなかなか治りません。気温が高くなり、汗をかく時期になれば尚更です。だからこそ早めのケアが大切です。そして出来てしまった胸のニキビを改善するために、今までより少し生活に気をつけてみませんか?

服や下着、パジャマなどの簡単なものからでいいのです。ひどくなってしまい、化膿して痛みを伴なったり、色素沈着を起こす前に出来ることからやってみてください。

その対策で胸のニキビが改善したときには、他のパーツにも素敵な効果が出ているはずです。胸元だけではなく、キレイな肌で周りを魅了してください。

 

まとめ

胸に出来たニキビをこれ以上悪化させない為に行いたい7つの事

・ 服や下着の刺激に気を付けましょう
・ ボディーボープなどの洗い残しに気を付けましょう
・ 胸元のピーリングをしましょう
・ 食生活を見直しましょう
・ 生活習慣を改善しましょう
・ ストレスを溜め込まないようにしましょう
・ 不衛生にならないように気を付けましょう