気になる黒ニキビを芯から消し去る 7つの美肌蘇生術☆

気になる黒ニキビを芯から消し去る 7つの美肌蘇生術☆

ほくろのようでほくろでない、鼻などにできやすい真っ黒なニキビ。ニキビの中でも一番軽いと言われる白ニキビは、毛穴の中で溜まった皮脂と角質が混ざり合って出来たもの。それが毛穴からニョキっと顔を出し、空気に触れて黒く酸化してしまった状態のことを黒ニキビと呼びます。

白ニキビと同様、まだ炎症を起こしている状態ではありませんので、この段階でケアできるかどうかが重要になってきます。まずは毛穴に詰まった皮脂や角質を取り除く必要がありますが、それだけではまた繰り返し毛穴が詰まってしまいますので、黒ニキビができにくい肌作りを同時に行いましょう。

ここでケアを誤ると炎症を起こして赤ニキビになったり、化膿して黄ニキビまで悪化してしまいます。こうなると自分でできるケアは限られてきますし、ニキビ跡が残ったり肌がクレーター所歌になってしまいますから油断は禁物です。そこで今回は早めの対策として、黒ニキビを芯から消し去る7つの美肌蘇生術をご紹介していきます。



 

気になる黒ニキビを芯から消し去る
7つの美肌蘇生術☆

 

生活習慣を整えよう


ここでいう生活習慣の改善とは、適度な運動や上質な睡眠を取り入れたり、ストレスと上手に付き合うことです。黒ニキビができる大きな要因は、角質が固く厚くなる過角化ですが、これは肌のターンオーバーの乱れやバリア機能の低下が大きく影響しているのです。

例えば通勤時に1駅分多く歩いたり、家事をしながらエクササイズをするだけでも代謝が上がります。一方、上質な睡眠は成長ホルモンを分泌し肌の新陳代謝を促したり、ホルモンバランスを整える作用もあります。また、ストレスを上手く発散させることは肌機能の改善につながります。まずは乱れた生活習慣を整えることから始めましょう。

 

食生活を改善しよう


黒ニキビを芯から消し去るには、肌の新陳代謝の力が欠かせません。肌が新しく生まれ変わることを促して、ニキビ知らずの肌を育てましょう。正しい食事の在り方とは、1日3食きっちり取ることと、栄養バランスよく食べること。

このどちらかが欠けてもいけません。特に摂りたい栄養分としては、肌のターンオーバーの促進やバリア機能改善に役立つビタミンB群や、皮脂の過剰分泌を抑え美白作用のあるビタミンCです。

食事で補うことが難しい場合は、サプリメントを取り入れても良いでしょう。暴飲暴食や偏った食事は肌荒れだけではなく、生活習慣病を引き起こすリスクもありますから、日頃から気を付けて食事をとるようにしましょう。

 

外部刺激から肌を守ろう


黒ニキビは角質が厚く固くなる過角化が原因ですが、肌に対する刺激が過角化を引き起こすこともあります。例えば、過度なクレンジングやゴシゴシとする洗顔は肌に良くありませんので、たっぷりと泡立てて包み込むように洗うといったことが必要です。

その他にもファンデーションを塗る際のパフの摩擦にも気を付けなければなりません。また外部からの刺激で忘れてはならないのが紫外線です。紫外線は肌のバリア機能を壊してしまいますので、季節を問わず外出するときには日焼け止めを塗るなどの対策をとるようにしましょう。

 

保湿は欠かさないようにしよう


保湿はスキンケアの基本ですが、ニキビケアにも欠かせません。というのも、肌が乾燥すると肌バリア機能が低下してしまうのですが、その分刺激から守ろうとする働きにより角質が厚くなってしまうのです。肌が乾燥する原因は保湿不足ですから、洗顔後のスキンケアは念入りに行いましょう。

また黒ニキビの汚れを落としたいがために、顔を洗い過ぎると必要な皮脂まで奪ってしまいますから要注意です。本来皮脂は肌を乾燥から守る大切な役割がありますから、優しい洗顔とたっぷりの保湿を心がけましょう。

 

大豆イソフラボンを意識的に摂ろう


黒ニキビの原因となる過角化には、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっています。男性ホルモンの分泌が盛んになると皮脂分泌が過剰になり、角質を厚くします。

これを防ぐために病院ではホルモン治療を行うことがあるのですが、これと似た作用として大豆イソフラボンをとり入れることをお勧めします。

というのも、大豆イソフラボンは女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た構造を持ち、代わりになって働いてくれるからです。美しい肌を保つためにエストロゲンは欠かせない存在です。さらに代わりになるだけでなくホルモンバランスを整える作用もあるので、意識的に摂ると良いでしょう。

 

ピーリングをとり入れよう


ピーリングとは、肌の古い角質を取り除き、本来の新しい角質を取り戻すというものです。洗顔料やジェル、マスクなど様々な形態がありますが、本来は医療機関で行うケミカルピーリングを自宅でできるようにしたものです。

角質を取り除くというと怖い響きがありますが、上手く取り入れることで黒ニキビのケアができます。ピーリングは白ニキビや黒ニキビの毛穴の詰りを取り除いたり、毛穴を詰まりにくくする効果があります。

また新陳代謝を促すため、新しく柔らかい肌へ生まれ変わります。ただし、ピーリングを行った後の肌は薄く乾燥しやすい状態ですので、保湿と刺激対策は万全にしておきましょう。

 

黒ニキビの芯を取り除こう


あらゆる対策をとったけれどまだ黒ニキビが治らない!という方は、医療機関の力をたよるのも1つの手です。面皰圧出器(アクネプッシャー)という専用の器具でニキビの芯をグッと押し出す治療法で、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)というものがあります。

これは、黒ニキビの芯から取り除くことができますので、治りが早く再発しにくいというメリットがあります。自宅でできるプッシャーも販売されていますが、取り除いた後のケアを誤って炎症を引き起こしてしまう可能性もあるので、医療機関で行う方がお勧めです。保険が効く治療で、皮膚科では広く行われていますから安心です。くれぐれも自分で潰すのは控えましょう。

 

いかがでしたか。

黒ニキビは毛穴に溜まった角栓と皮脂がひょっこりと顔を出している状態ですので、まだ炎症を押しているわけではありません。基本的には白ニキビと同様のケアで十分に対応できるものです。

しかし、如何せん黒く目立つものですからついつい触ってしまったり、ニキビという認識なしに特別なケアをしないということもあります。放っておくと赤くはれてしまったり膿んで跡が残るといったことになりかねませんので、見つけたらすぐに対策をとりましょう。

原因となる過角化をいかに改善し、進行を止めるかによって黒ニキビが治るか悪化するかが決まります。ホルモンバランスの乱れに着目した大豆イソフラボンの摂取などは、豆乳や大豆バーを摂ることでできる簡単な対策ですし、外出時の紫外線対策なども少しの手間ですぐにできることです。

気になる黒ニキビをいつまでも放っておくよりは、ご紹介した7つの美肌蘇生術を1つからでも取り入れてみましょう。そして、黒ニキビを芯から消し去り、快適な美肌ライフを送りましょう!

 

まとめ

気になる黒ニキビを芯から消し去る7つの美肌蘇生術☆

・ 生活習慣を整えよう
・ 食生活を改善しよう
・ 外部刺激から肌を守ろう
・ 保湿は欠かさないようにしよう
・ 大豆イソフラボンを意識的に摂ろう
・ ピーリングをとり入れよう
・ 黒ニキビの芯を取り除こう