下半身太りの解消で周囲の評価が変わる!私の嬉しい経験談

下半身太りの解消で周囲の評価が変わる!私の嬉しい経験談

なんだか最近下半身にお肉が付いてきた・・・。腰周りに、お腹周りに、太もも周り、さらには足首まで。洋ナシ体型、下半身太りとはこういうことか、と愕然していたり。

ゆったりとしたお洋服でおしりをカバーするのも良いのだけれど、ピチッとした体型が出るようなお洋服も着たい。色んなデザインを選べるサイズに戻りたい。なんて思ったり。特に男性は、体型の変化を見ていないようで、シビアに見ています。

女性や一部の男性は、特に変わりませんが、見た目が変わる事によって、多くの男性が、コロッと態度が変わります。嬉しいんですが、なんだか少し悲しかったりもします。

ですが、やっぱり身体も軽くなると、色んな事にも挑戦したくなったり、活動的になると、その分出逢いも増えたりして。そんな下半身太りの解消のダイエットに効果的だったものをご紹介します。



 

下半身太りの解消で周囲の評価が変わる!
私の嬉しい経験談

 

交通手段は自転車にしよう


近年自転車ブームが来ていますね。そのブームより前の事ですが、ママチャリやマウンテンバイクで、行動する時は全て自転車でした。歩きは時間がかかるし、自動車だと早いし楽だけれど、ガソリン代がかかるし、持っていなかったからです。

変速機が付いていても常に一番重たいので坂道をこぎ上がったり、通勤、通学はもちろん、何処か遊びに行く時は、自転車行動でした。交通費はかからないし、体力もつきます。

自転車は全身運動ですが、特に太もも、お尻、ふくらはぎ、腰の下半身の筋力アップに効果があります。毎日1時間は乗っていましたし、一週間に1度は、往復2~3時間かかる場所にもサイクリングに出かけていました。ただ、自転車を漕がなくなると、数年で鍛えた筋肉が、全て脂肪になるので、継続する事が大切でした。

 

飲み物は水のみにしよう


よく、一日に2リットル以上のお水を飲めば良いとモデルさんが言っていますが、私の場合は、節約のために、特に水素水とかではなく、水道水をこまめに飲んでいました。

下半身太りには、身体が冷えたり、水が溜まって、むくみが出たりする事も原因となったりしますが、一度に沢山飲むと、身体の内側から冷え、むくみが出たりする事があります。

朝一番に一杯、出かける前には大きな水筒やペットボトルにいっぱいついで、のどが渇いたり、思いついた時にはこまめに飲んでいました。水分は代謝を促し、便秘とは無縁でした。身体の代謝能力を上げるにはやはり、ダイレクトな水分補給が良いようですね。

 

ポン酢を利用しよう


この時期、豚肉とたまねぎを炒め、ポン酢で味付けしたものがご馳走だったので、頻繁に食べていました。豚肉はビタミンB1が豊富で、疲労回復、むくみ解消に効果があり、ダイエット中にも向いています。

豚肉を食べ過ぎると疲労の原因のピルビン酸が増加し、体内の水素と結びついて、乳酸がたまってしまいますが、ポン酢と摂取する事により回避出来ます。

ポン酢も塩分が多いので、むくみがちだと思われますが、豚肉との同時摂取により、むくみの可能性も打ち消してくれます。またたまねぎは、豚肉のビタミンB1の吸収を促し、疲労回復はもちろん、精神安定や不眠解消もしてくれますので最強のトリオだと言えます。

 

階段ダッシュしよう


後に言う仕事のひとつですが、カラオケでした。最高で8フロアを行き来して、階段ダッシュをしていました。その際、一段飛ばしをしたり、体力がある時は、二段飛ばしをしたりして、大股で走る事を意識していました。

大股走りはヒップアップに効果がありました。マンションにお住まいの方は、エレベーターではなく階段を利用したり、職場内でも移動は常に階段を利用して、ダッシュしてみましょう。

 

立ち仕事、接客業につこう


下半身太りを解消するために転職します!と言われたら、びっくりしますが、座り仕事のデスクワークよりかは、接客業、営業等の動き回る仕事を選択すれば、日常生活で消費される基礎エネルギー量そのもの量が増えるので、別途運動する量は多少は少なくても済みます。

その際は、お客様の待機中でも姿勢に気をつけ、こまめに動く事を意識しましょう。ずっと悪い姿勢のまま立ったままでいると、腰を痛めたり、むくみが出ますので、注意が必要です。

また、デスクワークが悪いのではなく、こまめに伸びをしたり、足首を回したり、ぷらぷらさせるなどして日々仕事をしていれば、基礎エネルギー量を増加させる事が出来るでしょう。

 

長風呂しよう


仕事や外出後、お家での半身浴や全身浴が、私は大好きです。また、何もない日でも、自分にご褒美をあげたい日は、のんびり長風呂を楽しみます。少し熱めの温度で、じんわり汗が出てくると、どんどん上半身は、脂肪が燃えていくのを実感出来ます。

下半身は、お湯の中の為、汗は分かりませんが、緑茶や発汗性の入浴剤などを入れて工夫して、しっかり身体を温めた状態で、浴室でお塩やスリミング剤でマッサージすれば、脂肪の燃焼効率もアップし、すぐ洗い流せるので楽です。

 

マッサージしよう


先にお風呂タイムでのマッサージがありましたが、お風呂上りの就寝前でのマッサージもリラックス効果があります。お風呂上りに乾燥した肌には、ベビーオイルやボディクリームでマッサージしましょう。

この時、好きな匂いのするクリームやリラックス効果のあるラベンダーやカモミールなどのハーブを使用しているクリームでマッサージすれば落ち着きます。

マッサージは、足裏からお尻にかけて行いましょう。足裏はつぼが沢山あるので全体的に気持ちのいい力で押していき、痛いところがあれば、入念にほぐしましょう。

ふくらはぎから太ももにかけては、下から上に血液やリンパ液がしっかり流れるのを意識して、さするように流しましょう。お尻はしっかりと持ち上げるようにマッサージします。クリームを使用しないと、肌がすれたりする事もありますので注意しましょう。

 

いかがでしたか。

私自身経験を改めて振り返っての下半身ダイエットで効果があったと言うものをご紹介いたしました。下半身を鍛える事によって、周囲には、カモシカの脚だ、痩せてる!と言われたりしました。

ただ鍛えなくなると太ももが2倍になって、ふっと!と言われる恐怖も味わったので、絶えず努力し続ける事が、大切です。周りの女性は、自分自身が太った~、と言っても、そんな事ないよ~、大丈夫!大丈夫!と言って、甘いものを勧めたりする事もあるでしょう。

ですが、そんな時こそ自分の強い心が必要なのです。あの時、あの人が勧めたから、断れなかった。ではなく、ありがとう、でもダイエット中なんだ。と、相手の気持ちを汲んだ上で、本当の気持ちを言える本当の関係を作るチャンスにもなります。

そして、太ったね~、正直前の方が良いよ。と一見ムッとしがちな言葉でも、少し悔しいと言う気持ちを与えてくれる厳しい目線をもった男性をそばに置く事で、ダイエットにも張り合いが出てくるのでいろんな存在を大切にしましょうね。

 

まとめ

下半身太りの解消で周囲の評価が変わる!私の嬉しい経験談

・ 交通手段は自転車にしよう
・ 飲み物は水のみにしよう
・ ポン酢を利用しよう
・ 階段ダッシュしよう
・ 立ち仕事、接客業につこう
・ 長風呂しよう
・ マッサージしよう