身長を伸ばすサプリを使う前に知っておくべき7つの注意事項

身長を伸ばすサプリを使う前に知っておくべき7つの注意事項
親が身長が低いと子供はどうにかして身長を伸ばしてあげたいと思いますよね。身長を伸ばすサプリを使って、身長が伸びた子供もいます。身長は遺伝によって決まるかというとそうでもありません。遺伝が身長の高さに与える影響は25%と言われています。身長は、25%以外では、睡眠・食事・運動の質によって決まってきます。

ですから親が身長が低いからといって諦める必要はありません。身長を伸ばす栄養素は、カルシウム、たんぱく質、マグネシウム、亜鉛です。カルシウムを摂る場合は吸収を助けるビタミンDも一緒に摂取すると効果的です。身長を伸ばすには、適度な運動も必要です。骨が成長する時は骨の先端にある軟骨と骨の境目の骨端線から骨が伸びていきます。

医学的には、この骨端線が残っている時期までが成長期と言われ、男性は17~18歳、女性は15~16歳までが一般的です。骨端線に適度な刺激を加えると、骨端線が活発に働いて成長を促し、身長が伸びます。また、身長を伸ばす為には良い睡眠を取ることが大切です。

成長ホルモンは午後10時~午前2時の睡眠中に多く分泌され、眠りについてから2時間くらいの深い眠りの時に多く分泌されます。身長を伸ばすにはバランスの良い食事を摂ることが大事ですが、なかなか毎日は難しいです。身長を伸ばすサプリを使うというのも一つの方法です。そこで今回は、身長を伸ばすサプリを使う前に知っておくべき注意事項をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

背を伸ばす方法で挫折した人必読!今挑戦すべき6つの新技

背を伸ばす方法で挫折した人必読!今挑戦すべき6つの新技
「もうこれ以上は、身長が伸びないのかなぁ。」「あと2cmあればなぁ。」大人になっても、そんなふうに思いますよね。背を伸ばす方法って、子どものころはもちろん、大人になっても気になるものです。親という立場でもそうですよね。

ある人はスポーツ選手として、ある人は恋愛の出会いのため、ある人は就職のため、あと何cmかの身長があればと、いろいろな意見がありながらも、思春期のころ、毎日のように牛乳を飲んだという人も多いはずです。

両親からの遺伝によって、予測される身長もありますが、少しでも身長が伸びてくれるなら、何でもやってみたくなるのが心情です。そこで今回は、背を伸ばす方法で挫折した人必読!今挑戦すべき6つの新技についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

身長を伸ばすにはルールがあった!守るべき3つの基本事項

身長を伸ばすにはルールがあった!守るべき3つの基本事項
「身長を伸ばすには」というのが何かと話題です。マシュマロを食べると良いとか、牛乳を飲むと良いとかいった情報が、時々思いついたようにブームになりますね。実際、欧米に比べ小柄な人の多い日本では、男性なら誰でもあと5センチ、せめて3センチ伸びたいと思った人は少なくないでしょう。

女性でも、あと5センチ身長があったらパンツやロングコートをすっきり着こなせるのになあとため息をつく時もありますよね。でも、10代ならともかく、20歳を過ぎてから身長を伸ばすには、美容整形しかないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません!というわけで今回は、身長を伸ばすには忘れてはならない3つの基本事項についてお伝えいたします!

[ →続きを読む… ]

低身長の原因を理解すれば背が低い悩みはすべて解消される!

低身長の原因を理解すれば背が低い悩みはすべて解消される!

低身長の原因は様々です。身長はほぼ遺伝で決まるという説がまことしやかに囁かれていますが、実際のところはそうとは限りません。低身長であることの原因が遺伝であれば仕方がないと諦めてしまうことはあまりにも早計です。

実際に低身長になっている原因が遺伝以外にあるにもかかわらずそれを放置してしまうことはもったいないので低身長になる原因について把握し、慎重を伸ばせる可能性があるものであれば諦めずに対策を実践したほうがいいと言えるでしょう。

ただ身体を成長させて身長を伸ばすという意味合いであれば年齢が大きく関係しているので成人してからは厳しいです。とはいえ低身長の原因はそれだけではないので、慎重を伸ばせる可能性は十分にあります。ここでは低身長の原因をついてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

低身長の人も治療で背を高く出来るかもしれない5つの可能性

低身長の人も治療で背を高く出来るかもしれない5つの可能性

平均身長の幅より下の人は全員低身長に当てはまります。その中で低身長の治療を必要とするのは2〜3%です。100人低い順に並んだら、前から2〜3番目の人達だということです。

現在では赤ちゃんから思春期までの時期でしたら低身長は治療によって背を高く出来ることが可能になりました。大切なのは治療の時期です。赤ちゃんの場合は産婦人科ですぐに治療計画を始められますが、そうでない場合は親が成長記録に注意を払い、気づいてあげることが大切です。

不安な方は低身長かどうかを簡単にチェックする方法がありますので、医療機関のホームページで確認されて下さい。低身長は治療によって克服できます。ここでは、低身長の原因を5つに分けその治療法も併せてお伝えします。

[ →続きを読む… ]