コーヒーの脂肪燃焼効果を使い健康的に痩せる7つの食生活

コーヒーの脂肪燃焼効果を使い健康的に痩せる7つの食生活

自宅で朝食後に飲んだり、ランチの後にカフェや喫茶店などでコーヒーを飲むことが多いのですが、そのコーヒーには様々なうれしい作用があるのです。

例えば、ガンの予防や痴ほう症の予防、アルコール中毒の治療や予防、それに消化促進してくれたり、やる気や集中力がアップするなどのメリットがあります。

しかし、反対に飲み過ぎによる胃潰瘍の助長、貧血、妊娠時の流産のリスクが高まるなどのデメリットもあるのです。ただ、どんな食品にも、摂りすぎたりすればよくないなど、注意点はあるものです。

それを理解した上で、ぜひ知って欲しいコーヒーの素晴らしい効果が『脂肪燃焼』です。美味しいコーヒーを飲んで痩せられるなんて、うれし過ぎるのですが、毎日飲んでいるのに、なぜ痩せないのかと疑問を感じる人も多いはずです。

それは、脂肪燃焼に適したコーヒーの摂取をしていないだけなのです。ぜひ、これを読んで、脂肪燃焼+コーヒーの美味しさを楽しんでください。



 

コーヒーの脂肪燃焼効果を使い
健康的に痩せる7つの食生活

 

コーヒーはブラックで飲もう


缶コーヒーの自動販売機を見ても分かるように、コーヒーは、ブラックで飲んだり、ミルクや砂糖を入れて飲んだりと、人や状況によって飲み方が様々です。

好みの飲み方がいろいろあるはずですが、ダイエットということを考えると、ミルクや砂糖を入れることはお勧めできません。入れればカロリーが増えてしまうからです。

脂肪燃焼効果から考えると、砂糖を入れることにより、カフェインの効果が妨害されてしまい、脂肪燃焼効果がダウンしてしまいます。脂肪燃焼効果を期待するのであれば、ブラックがおすすめです。

 

食べ過ぎ防止のため食前にコーヒーを飲もう


食前にコーヒーを飲むと食べ過ぎ防止になるのです。お水を食前に飲んで満腹感を感じさせるのと同じ様に思う人もいると思いますが違います。コーヒーの効果なのです。

コーヒーを食前に飲んだ場合、食後に飲んだ時よりも、食後の空腹感が抑えられるという研究結果があるのです。ついつい食べ過ぎてしまうという人やダイエット中の人には、空腹感が抑えられるので良い方法です。

空腹時間が長い場合は、胃に負担がかかるので、少な目にしてください。食後のコーヒーはとても美味しく、リラックスできるものですが、食べ過ぎ防止のために食前することをおすすめします。

 

空腹タイムにコーヒーを飲もう


アメリカで人気の『8時間ダイエット』というのがあります。朝食から夕食を8時間以内にとることと、運動を少しすることで体重を減らすことが可能というものです。

食事制限やカロリー計算はしなくてもよく、手軽に実践出来るので、アメリカの女性の間で人気となり、日本でも人気が出てきました。しかし、このダイエットで一番つらいのが、空腹感です。

ダイエットにはつきものなのですが、しっかり、食事が出来る分、食べれない時間の空腹感が辛いのです。その空腹感を抑えてくれるのが、コーヒーなんです。

コーヒーに含まれているカフェインは交感神経を活発にする働きをするのですが、その際、血糖値が上がり食欲を抑えるのです。その上、枢神経を刺激することで分泌されるカテコールアミンが、体内に蓄積された脂肪をエネルギーとして消費・燃焼させる作用があります。

8時間ダイエット以外のダイエットをしている人にも、空腹時にコーヒーを飲むことは、おすすめなのです。ただし、空腹時なので、胃に負担がかからないように、飲みすぎないようにしてください。

 

運動前にコーヒーを飲もう


コーヒーに含まれているカフェインの働きによって、リパーゼが活性化して体内の脂肪が分解され、エネルギーとして消費されるため、脂肪が燃焼されやすい状態になります。それを利用して、運動をする30分位前にコーヒーを飲みます。

コーヒーを飲まないで運動するよりも、疲労を感じにくくする効果がある為、ある程度、しっかり運動することが出来、痩せる効果が期待出来ます。

ただし、運動後、せっかく脂肪燃焼しているのにすぐ食事を取ってしまうと効果が減ってしまいます。運動後、1時間以上時間を空けて食事をすることをおすすめします。

 

食べ合わせに気をつけよう


コーヒーを飲むことのデメリットの1つに、鉄分の吸収を邪魔してしまうというのがあります。コーヒーに含まれるポリフェノールの一種のタンニンは、鉄分を多く含むホウレン草やプルーンなどの食材と一緒に摂取すると、鉄の吸収を阻害します。

その為、ひじき、レバーなど、鉄分補給に良いとされる食事と一緒にコーヒーを飲むのは、せっかくの栄養素を吸収出来ないので、コーヒーを飲まない時に食べるようにしてください。その方が、脂肪燃焼効果も高まります。

 

コーヒーの効果をデザートで摂ろう


ダイエットをしていて、どうしても欲しくなってしまうのが、デザートです。甘いものが苦手という人でも、甘さ控えめなものがちょっとだけ食べたくなってしまうのですから不思議なものです。その欲求をコーヒーで満たしましょう。

ただし、デザートと言っても、砂糖や生クリームをたくさん使ってしまうと、脂肪燃焼効果がダウンしてしまいますし、カロリーの摂り過ぎになってしまいます。そこで、コーヒーゼリー(寒天)を作ってみましょう。

材料はコーヒー650ml~700ml、粉末寒天 4g、ノンカロリーシュガー(お好みで)です。作り方は、コーヒーを鍋に入れ、粉末寒天を入れます。中火で2~3分、よくかきまぜてください。 火から鍋をおろしてノンカロリーシュガーを入れて(入れすぎに注意してください)、

容器に移して、あら熱をとり、その後冷蔵庫で冷やし固めます。食事を少し少な目にして、食後にコーヒーゼリーを食べると、お腹も満足しますし、コーヒーの燃焼効果やリラックス効果も期待出来るので、おすすめです。

 

コーヒーは食後に飲もう


食事を取った後、食べ過ぎてしまったと後悔してしまった時にもコーヒーの脂肪燃焼効果が活躍してくれます。コーヒーに含まれているクロロゲン酸に、カフェインと同様の脂肪を分解する効果があります。

コーヒーを食後に飲むと、カフェインとクロロゲン酸の両方の効果で脂肪燃焼が着たい出来るからです。クロロゲン酸は熱に弱いので、ローストは、浅炒りで80度位のお湯でコーヒーを入れると、効果が得られやすいので、ぜひ試してみてください。

 

いかがでしたか。

コーヒーの脂肪燃焼効果を生かすも殺すも、自分次第です。まずはコーヒーを飲むときは、ブラックにしましょう。今までミルクや砂糖を使用していた人は、美味しさが半減してしまうような感じがすると思いますが、少しずつミルクや砂糖を減らして、最終的にはブラックで常に飲めるようになるとカロリーの摂取も抑えられ、脂肪燃焼効果も高まります。

ポイントは、飲むタイミングや量を考えて摂らないと、効果が半減どころか、摂取した大切な栄養素の邪魔をしてしまうので気を付けましょう。

1回に飲む量を少なくすると、デメリットの回避に繋がりますので、飲むタイミングなどが合わない場合は、1回の量を少な目にしてみてください。あとは、自分の食生活や生活スタイルに合わせて、コーヒーの脂肪燃焼効果を有効的に活用しましょう。

 

まとめ

コーヒーの脂肪燃焼効果を使い健康的に痩せる7つの食生活

・ コーヒーはブラックで飲もう
・ 食べ過ぎ防止のため食前にコーヒーを飲もう
・ 空腹タイムにコーヒーを飲もう
・ 運動前にコーヒーを飲もう
・ 食べ合わせに気をつけよう
・ コーヒーの効果をデザートで摂ろう
・ コーヒーは食後に飲もう