コーヒーが口臭の原因と気付けない人に教えて上げたい9つの事

 コーヒーが口臭の原因と気付けない人に教えて上げたい9つの事

コーヒーは好きですか?カフェイン効果も高く、朝は一杯の珈琲から始まる方も多いですよね。甘いケーキと珈琲は最高に合う幸せな時間でもあります。そんな素敵な珈琲ですが、残念なことに飲んだ後の口臭が気になる人も多いはず。

何故、飲んでいるときは素敵な香りの珈琲なのに、飲んだ後の口の中は臭いのでしょう。その原因とは何なのでしょうか?そこで今日は珈琲大好きな人へ、コーヒーが口臭の原因と気づけない人に教えてあげたい9つの事についてお伝えします。



 

コーヒーが口臭の原因と
気付けない人に教えて上げたい9つの事

 

「コーヒーが口臭になる原因」とは


原因で口臭が引き起こされていることをご存知ですか?コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが多く含まれていることは有名。ですから身体がダルイ時や朝にはコーヒーを飲みシャキとする人も多いです。ですが、カフェインが舌に張り付くことで口臭となるのです。

時間が経って舌に付着していると、非常に不快な口臭になります体質的なものもあるでしょうから、何とも言えないのですが、原因の一つであることを把握しておきたいです。毎日飲んでいる人で他人から口臭を指摘されたのであれば原因である可能性は非常に高いです。

 

コーヒーは何杯までが限度?


コーヒーを飲むのが毎日の日課になっている人は多いですよね。例えば、仕事の営業先で紅茶は出す会社は少ないですが珈琲は出してきますよね。営業先、デスクワーク、ランチタイムのコーヒーと一日何杯のコーヒーを飲んでいるのでしょう。

何杯もコーヒーを飲んでいると口の中はコーヒーが原因で起こす口臭もかなりのものです。しかし基本的に何杯飲んだところで体の害はないといわれています。それでも砂糖やミルクを入れればカロリーは高くなります。ブラックでしたら胃に負担をかけてしまいます。

基本的に一日2~3杯でしたら口臭も気にならないですし健康的でしょう。5杯以上になると口臭の原因になりかねないです。体調により胃へ負担やカロリーオーバーも考えておきたいところです。

 

お水で舌を洗う癖をつけよう


一番簡単な方法で手軽です。コーヒーを飲む前や飲んでいる途中、飲んだ後は口内を飲み水で潤し洗うようなつもりで、水を飲んでください。簡単ですし、かなり効果があります。コーヒーを飲んだ後は水を口に含んで舌の表面についたコーヒー成分を流します。

水を口に含んだら上あごに舌を擦りつけるようにしてみてください。喫茶店などお水が用意されているので試しやすいと思います。

 

液体ハミガキをフル活用すべし


ハミガキをすれば大丈夫?と思いがちですがコーヒーの場合は舌に付着している口臭は舌の表面に汚れが付くことで起こるのです。コーヒー豆の小さな粒子やミルクも砂糖にも同じ粒子が入っているのです。この微粒子は舌の表面に付着しやすい性質がありコーヒーを飲むと舌が褐色に汚れてしまいます。

舌を掃除すること、舌に付着した粒子を取ることが一番良いです。液体ハミガキはとても良いです。外出していることが多い人は携帯用の液体歯磨きを持ち歩くのも良いと思います。トイレに行き軽く液体ハミガキでウガイする方法は水よりも更に口内をすっきりさせます。

 

ガムの威力はあなどれない


ガムも簡単な方法です。飲食をすると口の中は一気に酸性へ傾きます。コーヒーは特に口の中を強い酸性に傾けやすい飲み物とされています。キシリトールガムは虫歯予防に良いといわれています。

キシリトールガムを噛むことによって酸性に傾いた口の中の環境を元に戻してくれる作用があります。食事をして歯が磨けないというような時にガムを噛むことも良い方法です。水で舌の表面を綺麗にしてキシリトールガムまで噛んでおきます。直前に飲んだコーヒーの臭いは気にならない程度になります。

 

舌ブラシを習慣づけよう


コーヒーのにおいの元になる成分は舌の表面に付着します。舌に付着している成分を取り除くことが必要ですのでかといって舌ブラシをするのも良いです。

また舌ブラシがない方はガーゼなどで舌掃除をするのも良いです。その際に過剰に摂りすぎるのも危険です。あくまで舌ブラシもガーゼも軽くなでるように掃除します。

 

コーヒーとタバコのタッグは危険!


コーヒーを飲みながらタバコを一服する光景はよく見ます。ですが、タバコを吸ってコーヒーも飲んでとなると口臭はそれだけより強力です。タバコを吸っているだけでも口臭はキツイですがコーヒーの口臭も加わるワケです。

タバコの場合もコーヒーの場合も口臭の原因は口の中です。とくに舌の表面に付着しているタールやコーヒーの粒子の汚れは時間がたって口の中のpH値が元に戻るまで消滅しないのです。

 

空腹時のコーヒーに要注意


空腹時(飢餓口臭)は特に口臭は強まると言われています。これは唾液の分泌が減少し細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物がたくさん作られるため。

食事、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まりますので空腹時は軽い食事や水などを摂るようにしたいです。食後のコーヒーは逆に食べ物の臭いを削減する役割もあるので食後のコーヒーは大丈夫です。

 

「喉が渇いている時」のコーヒーは口臭のもと


空腹時と同様で口の中が乾いている状態は口臭が起こりやすい状況です。コーヒー飲む飲まない関係なく口の中で乾いているときに菌も繁殖しやすいです。

そんなときにコーヒーを飲むことは口臭を作る嫌気性菌が活発になり、口臭が起こりやすくなります。緊張や喉が渇いているときは「お茶」か「水」が無難です。

 

いかがでしたか?なかなか自分自身では口臭が気づかないものです。そして「口臭い」と担当直入に言えない「口臭」はタブーなものですね。コーヒーは現代では切っても切れないような飲み物ですし、好きな人にとってはコーヒー中毒と言う言葉があるように何杯も飲みたいものです。

さりげなく伝えることで相手が意識して行動を起こしてくれることが一番ですね。どれも手間をかけないで気楽に試せるのでおすすめです。素敵なコーヒータイムを過ごしたいものです。

 

まとめ

コーヒーが原因の口臭を消すには

お水で舌を洗う癖をつけよう
液体ハミガキをフル活用すべし
ガムの威力はあなどれない
舌ブラシを習慣づけよう
コーヒーとタバコのタッグは危険!
空腹時のコーヒーに要注意
「喉が渇いている時」のコーヒーは口臭のもとを理解する