大根足で悩んでいた私が足を細くする為に行った9つのこと

大根足で悩んでいた私が足を細くする為に行った9つのこと
子供の頃から悩んでいた太い足。ダイエットしても痩せるのは上半身だけ。コンプレックスになり、ミニスカートがはけないままン十年が経った頃、ようやく、何故私の足が太いのか、その意外な理由を知る事ができました。

数年前のある日、肩こりと腰痛で全身マッサージを受けたとき、整体師さんに言われたのが「足がむくみきっていますよ。」そう、私の足はむくんで太くなっていたのです。きっと私と同じように足を細くしたいと願う女性は多いですよね。

そこで、今日は、大根足で悩んでいた私が足を細くする為に徹底的に行った9つのことをお伝えします。



 

大根足で悩んでいた私が
足を細くする為に行った9つのこと

 

むくみを解消する


足を細くするために、私がまず やったのは、むくみとりからでした。整骨院やエステで下半身に集中したマッサージをやってくれるところがありますが、お金がかかるので、できれば自分でやりたいですね。それにはこんな方法があります。

・ふくらはぎをマッサージ
入浴後、両手でふくらはぎをはさみこむようにして、足首からひざに向けリンパ節にそってマッサージします。

・ふくらはぎに温湿布
足がパンパンに張るぐらいむくみがひどいときは、夜、ふくらはぎに温湿布を貼って寝ます。ほてりがあるときは冷湿布にしましょう。

 

足の疲れはお風呂でとる


だる~く重い足の疲れ。この疲れが溜って足がむくむのです。むくみを予防し足を細くするには、疲れを溜めないこと。そのためには、血行を良くすることが大切です。足が疲れた日は、お風呂でゆっくりと暖まりましょう。

そこで、シャワーマッサージがおすすめ。ふくらはぎのリンパに沿って、かかとからひざに向け円を描くようにシャワーをかけます。温水、冷水を交互にかけるとより効果的です。

 

寝ている間に足の疲れとり


足の疲れはその日のうちに取りましょう。それがむくみ予防の基本です。

とはいっても、忙しくてゆっくり入浴などしている時間がなくても大丈夫。寝ている間に足の疲れ取りができます。足の下にクッションなどを入れて、足の方を高くして寝ると足からの血流が改善します。サポートソックスをはいて寝るとさらに効果がありますが、必ず、おやすみ用の足指が出るものにします。足指が閉じたままだと疲れが取れないからです。

 

足の疲れを予防する


足のむくみ予防には足の疲れを溜めないことが必須。それなら、なるべく足が疲れないようにすればいいのです。そのためには、日常生活の中でこんなことに気をつけたいですね。

・姿勢をよくする
・正しい重心で姿勢よく歩く
・ヒールの低い足にあった靴をはく
・下半身の冷えを防ぐ
・長時間座ったままでいない

 

足に合った靴をはく


高いヒールや足に合っていない靴をはいていると、正しく歩けず姿勢が歪み、足も疲れむくみやすくなります。足を細くするためには、足に合った、できれば足の指が開くオブリークタイプのかかとの低い靴の方が良いのです。

仕事柄どうしてもパンプスをはかないといけない人は、休日の外出はぺたんこ靴をはいたり、オフィスで靴をはきかえられるならオブリークサンダルにするなど、工夫してなるべく足に良いくつをはくようにしましょう。

 

ひざ裏を伸ばす


まっすぐ立ったとき、ひざ小僧が少し前へ出ていませんか?これはひざが曲がったままになっている状態。自分では意識していなくても、女性にはけっこう多いのです。それは、ヒールのある靴をはいているとひざの裏が伸びないから。

実際に足を細くするのではありませんが、ひざが伸びた足は細くきれいに見えます。なので、ぜひ、ひざ裏を伸ばしましょう。

どんなスポーツでも習慣化すればひざ裏は伸びますが、こんな簡単ストレッチでも毎日続ければ効果があります。

・無理なく足を上げられる高さに合うイスやテーブルなど安定した台を用意します。
・その台の前にまっすぐ立ち、片足を伸ばしてかかとを台に乗せ、停止。
・これを左右5分ずつ。

 

正しい姿勢でヒップアップ


姿勢が悪く猫背だとお尻が垂れた状態になります。いつもそうだと太ももとお尻の境がなくなり、太ももが太くなることに…。

逆に、姿勢を良くすると、お尻が上がってメリハリのある下半身になり、足を細くできるのです。まずは、足に合った靴をはきましょう。足元が安定し、ひざも伸びて正しい姿勢が保ちやすくなります。スポーツなどで姿勢を矯正するのもいいですが、日頃から姿勢よく歩くことを心がけましょう。それだけでスタイル良く見えます。

 

正しい重心で歩く


自分の靴の裏を見て、左右上下どちらかの方向に極端に靴底が減っていたら、歩くときの重心がかたよって姿勢が悪くなっている証拠。靴が足に合っていない可能性もあります。それでは、足は疲れるし、姿勢のゆがみ方によっては足が曲がったり、お尻が垂れて足が太くなることも。

正しく歩くには、必ず足に合った靴をはいて、体によけいな力を入れず重心はかかとに意識します。姿勢を保って歩くようにすれば、足は細く見え、疲れにくくなります。

 

適度な有酸素運動


正しい姿勢や歩き方を身につけるには有酸素運動、特に、鏡で姿勢を確認しながらできるヨガや太極拳、エアロビクスがおすすめです。街中のガラス窓に映る自分の姿をチェックしながらのウォーキングでもいいのです。

また、有酸素運動は体を温めて体脂肪を落とす効果もあります。足のむくみ予防にもなり、ひざ裏ものばせます。足を細くするにはもってこいですから、ぜひ習慣化したいですね。

 

以上、いかがでしょう?

私が大根足だった理由、意外かもしれません。でも、女性は知らず知らずのうちに、むくんでいることが多いのです。足のむくみ予防と疲れとりは女性ならではの健康にもつながるので、ぜひ試していただきたいです。

また、私が足を細くした方法も簡単だと思いませんか?まずは足を細く「見せる」こと、ですから。結果として、それを続けることで足が細くなるんです。さあ、今日からできることを始めてみませんか?

 

まとめ

大根足で悩んでいた私が足を細くする為に行った9つのこと

・むくみを解消する
・足の疲れはお風呂でとる
・寝ている間に足の疲れとり
・足の疲れを予防する
・足に合った靴をはく
・ひざ裏を伸ばす
・正しい姿勢でヒップアップ
・正しい重心で歩く
・適度な有酸素運動