あごのニキビはダサニキビ。今すぐ治して印象を変える9つの方法

あごのニキビはダサニキビ。今すぐ治して印象を変える9つの方法
顎のニキビは、会話をしている時、食事をしている時等、とても目立ちやすい個所のニキビです。

また、ニキビができている事で「不潔感」も少なからず出てしまいがちです。直接「不潔だね」と言われなくても、印象も良くないので、しっかりとケアをして治し、好印象をもてるようにしていきましょう。



 

あごのニキビはダサニキビ。
今すぐ治して印象を変える9つの方法

 

その1: 顎ニキビは、触りやすい個所なので注意を

風邪やインフルエンザが流行するこの季節ですと、マスクの着用率が増えますね。もちろん風邪やインフルエンザの予防には大切な事です。

しかし、ニキビに対してはどうでしょう。長時間マスクを着用していると蒸れてしまうので、雑菌も増えやすいのはもちろんの事、常にマスクが顎に触れている状態になります。

ニキビにずっと刺激を与えてしまっていますね。必要以外の時は、マスクは着用しないようにしましょう。また、肘をついて顎を支える時も同じですね。

痛みがない程度の顎ニキビですと、気にせずに肘で顎を支えてしまうこともできます。やはり直接手で触れていると、ニキビには刺激になり悪化に繋がる事もあります。

手で触ってしまう癖以外にも、なるべく直接ニキビに刺激を与えないように、顎に注意をしておきましょう。

 

その2: 顎ニキビは体の冷えを重視して

顎ニキビは、もちろん過剰な顔の皮脂分泌が原因の場合もありますが、体内環境が影響している場合も多くあります。

特に体の冷えが重視されています。寒い時期ですと、自然と温かい物を摂取するので、あまり意識される方もいらっしゃらないかもしれませんが、これから暖かくなってきても体を冷やさないようにするのがポイントです。

冷たい飲み物に更に氷をたくさん入れたり、涼しいところに長時間いたり、これらはちょっとした意識で防げる事です。飲み物は氷を控えめにしてみたり、1枚上着を用意しておいたり、寒いと思わない状態を作れるようにしておきましょう。

また、冷えを改善してくれる食べ物や対策グッズ等もたくさんありますね。積極的に生活に取り入れていくと、冷えが改善され、顎ニキビ対策にも繋がります。

 

その3: 体内環境を良くしよう

上記で顎ニキビは冷えが関係している事を挙げましたが、では具体的に冷え対策はどのように体内と顎ニキビに関係してくるのでしょうか。「冷えは万病のもと」と聞いた事があると思います。

体が冷えると、内臓の機能が低下し、老廃物の排出が上手くいきません。老廃物が溜まると、体に必要な栄養素がそれぞれの箇所に上手く運ばれないので、顎のニキビの部分にも栄養は行きにくくなります。

体全体の免疫力も低下するので、お肌の抵抗力も落ち、ニキビが更に炎症を起こしやすい状態になってしまいます。冷え対策をし、体内環境を良くする事で、自然治癒力が上がりますので、ニキビも改善されていきます。

 

その4: 腸内環境を良くしよう

「便秘になると肌が荒れる」と、よく聞くと思います。こちらも上記の通り、老廃物の排出が上手くいかない事から起きる現象です。

腸内環境を整え、しっかりと毎日老廃物を排出する事で、お肌の環境も良くなっていくのです。ニキビにはビタミンはもちろんの事ですが、腸内環境を整えるためにも、食物繊維も合わせて積極的に摂取していきましょう。

体内からケアをしていくにあたり、腸内環境を整える事がより効果を早く実感しやすいと思いますので、とにかく便秘は予防していきましょう。

 

その5: 生活習慣見直しは、無理のない範囲で

ニキビ対策には、規則正しい生活や食事が根本的治療へと繋がっていきます。しかし、現代はそう上手くできないのが現状です。

「ニキビができたから規則正しくしなくちゃ」「食事気をつけなくちゃ」では意味がありません。生活「習慣」というぐらいなので、毎日継続する事が大切です。

しかし、あまり意識しすぎてたくさん決め事を作ってしまっては、継続できなくなったり、ストレスに感じてしまいます。「習慣」にしていく事は、ゆっくり無理のない範囲で行なっていきましょう。

気付くと、自分の規則や習慣が出来上がり、ストレスフリーな生活でニキビ予防へと繋がっていきます。

 

その6: スキンケアは必ず毎日、適度に

顎ニキビの様に目立つニキビには、スキンケアは欠かせません。合成界面活性剤や油分が含まれていない石鹸の泡で、優しく擦らずに洗ってあげましょう。

また、保湿も重要です。ニキビ用保湿剤も、様々な物がたくさん市販で出ていますが、それぞれニキビのタイプやお肌のタイプによって異なります。

口コミをしっかり読んでみたり、お店の人や友人、お医者様に相談してみたり、しっかりと自分に合う物を選んで使用しましょう。

また、お肌のターンオーバーを助けてあげるのにピーリング用品に頼るのも1つの対策です。それぞれの使用方法等しっかりと守り、過剰なケアにならないよう、適度に毎日しっかりとケアをしてあげましょう。

 

その7: スキンケアに合わせて、マッサージを

顎ニキビの炎症が軽い時は、顔のマッサージもニキビに効果がある場合があります。マッサージをする事により、顔の血行が良くなり、老廃物を排出し、栄養をしっかりと運ぶようになるんですね。

マッサージと言っても本格的な物でなく、スキンケアの際にリンパに沿って優しく撫でるだけで十分です。

顎の場合は口元で、しゃべる時も食べる時も動いているので血行がとても悪いというわけではありませんが、よく使う箇所なだけに老廃物もそれだけ溜まりやすくなります。

顎の下の中心から左右耳の後ろまで、数回指で優しく撫でであげてください。むくみも解消され、血行が良くなるので、お顔全体の印象も良くなります。

 

その8: 顎ニキビには、皮膚科と婦人科と歯科

ニキビだと、迷わず皮膚科へ行かれる方が多いかと思います。もちろん、皮膚科のお薬や治療で改善される場合が多いのですが、実はホルモンバランスが直接影響している顎ニキビもあります。

ホルモンバランスも生活環境を整える事で自然と改善されていくのですが、時間がかかるため、一時的に婦人科のお医者様に相談される事も方法の1つです。

また、口内の炎症が顎ニキビの原因という場合もあります。これは自分では気づきにくい点から、ケアされていても良くならない場合は歯医者さん等で診ていただく事も良いかもしれません。

自分でケアを続ける事は大切な事ですが、通院終了後にきれいなお肌を保てるようにするためにも、通院しながら生活習慣を改善していく事も必要です。

 

その9: ニキビがあるからこそ、印象を変えてみる

ニキビを明日治して印象を良くしようなんて事はできませんよね。少なくとも数日、数週間はニキビとの生活は仕方ありません。

ニキビが実際にできた時の印象とはどんなものなのでしょうか。「不潔」「暗い」「目を見て話せない」などが多く挙げられます。

そんな時だからこそ、顎ニキビを違う方法でカモフラージュしてしまいましょう。ニキビがあるからお洒落したって。ニキビがあるからお食事に行っても。なんて思っていては、ニキビでできた悪い印象を更に悪くしてしまうだけですね。

お化粧は顎は軽めに、目を印象的に。普段より洋服に気合いを入れてみて、周囲の注目を洋服に集めたり、明るくお食事に参加してみたり。

落ち込んでいる自分も忘れてしまうぐらい、違う方法で印象を変えてみましょう。これでしたら、すぐに対策として実践できますね。

勇気が必要な時もありますが、悪い印象というのは残りやすいものです。ニキビが治った後も好印象を保てるように、ちょっとだけ勇気を出してみましょう。

 

いかがでしたか?

ニキビは明日治るものでもありませんし、ニキビができにくい肌を保っていく事がとても大切です。

なるべく早く治すために、自分に合ったケア用品でしっかりケアをし、また根本的に治すためにも、ニキビができにくい肌を作るためにも、日々の生活習慣を整えていきましょう。

あまりニキビと鏡で向き合いたくないものですが、しっかりと現状把握し、対策を続けていく事で、必ず良くなります。

人に与える悪い印象というのは残りやすいので、自分自身も周囲の人にも不快感が残らないように、心身ともにケアしていきましょう。

 

まとめ

あごのニキビはダサニキビ。今すぐ治して印象を変える9つの方法

その1: 顎ニキビは、触りやすい個所なので注意を
その2: 顎ニキビは体の冷えを重視して
その3: 体内環境を良くしよう
その4: 腸内環境を良くしよう
その5: 生活習慣見直しは、無理のない範囲で
その6: スキンケアは必ず毎日、適度に
その7: スキンケアに合わせて、マッサージを
その8: 顎ニキビには、皮膚科と婦人科と歯科
その9: ニキビがあるからこそ、印象を変えてみる