でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

でぶな子はおしゃれができないと思い込んで、気になる部分をまるで包み込むような服ばっかり着ていませんか?まったくラッピングじゃないんだから。例えば巨乳を強調したいならちょっと胸のあいた服を着ればセクシーに見えるし、おなかが気になるならゆったりめのトップスを選べばかわいく見えます。

それに草食系の男子はおでぶな女の子が好みだと言う人も多いんですよ。結局マザコンなんですね。ですから、でぶだからと言っておしゃれしないのはもったいないと思いませんか!

そこで今回はでぶだけどおしゃれしたい人へ、着こなしで体型をカバーできるポイントをいくつかご紹介しましょう。おしゃれになって自分をしっかりアピールしてくださいね。



 

でぶだけどおしゃれがしたい!
体型カバーの7つのポイント

 

痩せて見えるのはやっぱり黒?


トップスに黒やダーク系の色を使うと全体的に引き締まった感じで痩せて見えるには違いありませんが、せっかくの美肌が沈んで見えたり、着こなしによっては体のラインが強調されてかえって太って見えることもあるので要注意です。黒い服の着こなしのコツは黒い色を顔から離すこと、つまり襟に白などのアクセントがあるものや襟元が広いトップスを選ぶことです。

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

出展:www.bluepops.jp

 

体型を隠す気持ちの着こなしはマイナスです


ぽっちゃり系の人はつい自信のない部分を隠したりカバーするつもりで服をきてしまいますが、その気持ちはかえってマイナスです。それよりも自分を飾るつもりで服を選ぶと自分にあったコーディネートが見えてきておしゃれをするのが楽しくなります。

例えば胸の大きさに自信があるなら胸元が開いたワンピースを選んでみるとか、色も黒やダーク系に固執せず、ストライプやチェック柄にも挑戦してみましょう。

 

細い部分はどんどん出していきましょう


これまでご説明してきましたように隠せばいいというものではありません。襟元の広い服を着て首の周りがすっきり、ちょっと腕をまくり手首をだして軽快感を出します。ついでにショートパンツで足首を出してセクシーさをアピールしましょう。

たとえそんなに細くなくても出してしまえば案外細く見えるものです。つまり気になる部分を避けて、細い部分に相手の目が行くようにする作戦です。せひ試して見てください。

 

カーデガンはぽっちゃり女子の強い味方です


そのまま着てはいけませんよ。昔のトレンディドラマのように肩から羽織るのです。ちょっと古臭い感は否めませんが、でぶ系ファッションのコーディネートとしては、けっこう使う手段なんです。効果としては体のぴちぴち感を見せずに気になる二の腕を隠せることです。春先や秋にぴったりですね。

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

出展:Unique sensitivity

 

ゆったり系のトップスでかわいらしさをアピール


男性から見たぽっちゃり系の女の子の印象は、太ってるから暑そうとか重たそうとかそういうことではなく、ほんわかした感じで癒されるとか、かわいいといった印象なのです。ですから、ゆったり系のトップスを使ってあなたのかわいらしさをアピールしましょう。

ワンピースの場合はゆったりしすぎない丈が短いものを選ぶようにしてください。ゆったりしたワンピースは体型以上に太って見えます。

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

出展:ぽっちゃりファッションおしゃれ術

 

人気のヘプラムはでぶ系ファッションの必須アイテムです


ウェストの下からおしゃれでフワッとした裾が広がるヘプラム。ほぼハイウェストファッションと同じような効果ですが、でぶ系ファッションで見逃せない点は、気になるヒップラインをじょうずに隠してくれること。ワンピースが主流ですが、苦手な方にはかわいさを演出できるスカートもありますよ。

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

出展:Unique sensitivity

 

脚をきれに見せるならハイヒールがオススメ


太い足を綺麗に細く見せる魔術はヒールの高い靴です。かかとがぺったんこの靴では、体の重心が下がってしまって、かえって太って見えますのでご注意ください。秋冬はかかとの高いダーク色のブーツを、春や夏は今流行中のインヒールスニーカーがオススメです。色は黒やダーク系が無難ですが、足首に自信がある人は派手めのパステルカラーに挑戦してみるのもいいかも知れませんね。

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

出展:FASHION RANKING

 

いかがでしたでしょうか。

ちょっとだけ着こなしを変えてみたり、色やアイテムを選ぶだけで、おでぶな人でも十分おしゃれが楽しめそうですね。デブ系の体型をカバーする基本は逆三角形。つまり上半身はふあふあで太ももから脚のラインを引き締めることです。

そして隠すべきパーツは隠して細い部分を強調する。これさえできれば、あなたも、でぶ系ファッションコーディネーターの仲間入りです。さあ!どうせ、でぶだからとふさぎ込んでばかりいないで、思いっきりおしゃれを楽しんでください。そして素敵な彼をたくさん見つけてくださいね。

 

まとめ

でぶだけどおしゃれがしたい!体型カバーの7つのポイント

・痩せて見えるのはやっぱり黒?
・体型を隠す気持ちの着こなしはマイナスです
・細い部分はどんどん出していきましょう
・カーデガンはぽっちゃり女子の強い味方です
・ゆったり系のトップスでかわいらしさをアピール
・人気のヘプラムはでぶ系ファッションの必須アイテムです
・脚をきれに見せるならハイヒールがオススメ