一日5分のダイエットでお腹の脂肪を減らすワザ

一日5分のダイエットでお腹の脂肪を減らすワザ
体の中でも気になる部分である「お腹の脂肪」をダイエットで減らそうとしても、なかなか長続きしないものですよね。短期間で効果が出るものではないですし、毎日運動する時間を取るのも、社会人だと簡単にはいきません。

お腹の脂肪を取るには、腹筋を鍛えればよいと思われがちですが、そうではありません。しかも、30代に突入してからのお腹の脂肪は、若い頃に比べより落ちにくくなってしまいます

ですが、ダイエットでお腹の脂肪は取れないというわけではありません。ポイントとなる筋肉を動かせば、一日たった5分の運動を1週間~10日続けるだけで、格段の効果が得られます。お腹の脂肪は簡単に減らせるのです!

そこで今回は、脂肪でタプタプとなったお腹を美しい姿に戻すための、簡単で効果的な運動をお伝えします。



 

一日5分のダイエットで
お腹の脂肪を減らすワザ

 

脇腹を鍛えてお腹の脂肪を解消


ダイエットでお腹の脂肪を減らすのに、脇腹を鍛えて意味があるのかと思われる人もいるでしょうが、実は、腹筋そのものを鍛えるよりも、周りの筋肉を鍛える方が効果があるのです。

脇腹の筋肉が鍛えられると、お腹の中で内圧が高まり、周りの脂肪を上に引き上げる効果があるので、お腹の脂肪を解消出来るのです。逆に、脇腹の筋肉が弱いと、脂肪を引き上げられず、お腹に脂肪が付いてしまうという訳です。

脇腹の筋肉を鍛えるには、腹式呼吸でお腹を動かすこと。その方法は、背筋を伸ばして、お腹を出来るだけへこませて呼吸をすることになります。また、腹式呼吸をしながら、ウォーキングをすれば、効果がさらにアップするでしょう。

 

背中を鍛えてお腹の脂肪を解消


背中の筋肉も周りの脂肪を引き上げる効果がありますので、鍛えればお腹の脂肪を解消出来ます。さらに、背中の筋肉を鍛えれば、脇腹の筋肉も鍛えられますので、お腹の脂肪には効果絶大です。

また、背中は筋肉の量が多いので、筋肉を付ければ、基礎代謝が高まりますので、ここを鍛えることにより、脂肪の燃焼率が高くなります。よって、太りにくい体に改善することも可能なのです。

背中の筋肉を鍛える最も簡単な方法は、背筋を伸ばして姿勢を良くすることです。この時、お腹に力を入れることを忘れないで下さい。こうすることで、呼吸が自然と深くなりますので、思っている以上にエネルギーを使うことになります。よって、筋肉が鍛えられるのです。

また、肩甲骨やその周辺をを動かすと、脂肪が燃えやすいので効果的です。動かし方は、肩甲骨を真ん中に寄せたり開いたりするイメージで行って下さい。

 

効果的なスクワットでお腹の脂肪を解消


お腹の脂肪を落としたり、鍛えたりするのに効果的なのが、スクワットです。お腹の脂肪を落とすには、お腹だけでなく周りの筋肉も鍛えなければなりません。お腹といえば、腹筋と思われるかもしれませんが、腹筋で鍛えられる筋肉は、お腹の中の一部だけなのです。

では、スクワットはどうかというと、1回するだけで、沢山の筋肉を同時に鍛えられます。あるデータでは、腹筋300回とスクワット10回が同じ効果だと言われています。腹筋とスクワット、どちらがいいかは一目瞭然ですね。スクワットで、お腹の脂肪を落としていきましょう。

しかし、ただ闇雲にスクワットをしていてはもったいないので、より効果が出る正しい姿勢で行って下さい。正しい姿勢は下記のようになります。

・つま先は前を向き、両足を肩幅に開く

・両腕の姿勢は自由だが、初心者は腰に置いて始めるのがおすすめ

・息を吸いながら、ゆっくりと膝を曲げる。お尻を突き出し、足の付け根はかかと側に押し出すように行う

・太ももと床が平行になるくらい膝を曲げる。この時、腰や背中が曲がらないようにし、膝はつま先より前に出ないようにする

・息を吐きながら姿勢を元に戻す

この姿勢を守って、1日10回を目安として行って下さい。

 

食事でタンパク質をしっかり摂る


お腹の脂肪を落とすのに効果的な筋肉を鍛えれば、もちろん脂肪は落ちますが、簡単に落ちるものでもありません。ですので、ダイエットでお腹の脂肪を落とすのに、筋肉を鍛えることだけに頼ってはいけません。お腹の脂肪を落とすには、食事を改善していく必要があります。むしろ、筋肉を鍛えるより前に始める事と言えますね。

食事で大切なのは、タンパク質をしっかりと摂る事です。タンパク質は肉や魚に多く含まれていますので、ダイエットとは言え、しっかりと食べる必要があります。もちろん、カロリーを過剰に摂ってしまうのはいけませんが、目安として、1回の食事で手の平大のタンパク質を摂るようにしましょう

ダイエットとなると、野菜中心の食事をする人が多いことでしょうが、これでは内臓が冷えてしまい代謝が落ちてしまいます。そうなると、脂肪を燃やす力も落ちてしまいますので、お腹に脂肪を溜め込みやすくなってしまうのです。ダイエットとは逆効果になってしまいますので、注意して下さい。

 

いかがでしたか。ダイエットでお腹の脂肪を落とすのに、お腹よりも周りの筋肉を鍛えた方が効果的なことに驚かれた人もいることでしょう。お腹の脂肪を落とすなら、腹筋という人もいたかもしれませんが、この機会に見直しをしたいところです。

ダイエットでお腹の脂肪を落とすには、より効果的な筋肉を鍛えることが大切です。今回お伝えしたものは、どれも道具は必要ないですし、空いた時間で可能なものばかりです。そして、短い時間でも効果が得られるので、ぜひともすぐに始めましょう。

今は脂肪があって、タプタプのお腹でも、毎日少しずつでも鍛えていけば、確実にお腹の脂肪は落ち、ダイエットは成功できます。そして、食事を改善していけば、ダイエットでお腹の脂肪を落とす効果はもちろん、ダイエット成功後も脂肪が付きにくい体を維持することが出来ます。

これで、タプタプお腹とはさようなら!美しいお腹を手に入れ、新しい生活を始めましょう。

まとめ

ダイエットでお腹の脂肪を減らすには

・脇腹を腹式呼吸で鍛えて脂肪を引き上げよう
・背筋を伸ばしたり、肩甲骨を動かして背中の筋肉を鍛えて脂肪を引き上げよう
・正しい姿勢のスクワットで沢山の筋肉を鍛えよう
・食事はしっかりとタンパク質を摂ろう