たるみを引き締める産後ダイエットでお腹を綺麗に戻す技

たるみを引き締める産後ダイエットでお腹を綺麗に戻す技
産後はしっかりダイエットして、お腹を元通りに戻そう!と意気込んでいるママたちは少なくないですよね。でも、産後は妊娠前に行うダイエットとは違い、簡単に痩せられないことも多いものです。

妊娠中に赤ちゃんを守るために脂肪が付きやすくなることや、出産時に骨盤が開いてしまうことなどが重なり、産後に行うダイエットはお腹痩せしにくいと言われています。産後ダイエットで脚や顔周りは細くなったのに、お腹だけがそのまま……という人もきっといるはずです。

そんな超難関の産後ダイエットで、お腹を中心にきれいに痩せるためにはどうすれば良いでしょうか。そこで今回は、産後ダイエットでお腹痩せを実現するための方法についてお伝えします。

 

たるみを引き締める産後ダイエットで
お腹を綺麗に戻す技

 

妊娠中から過剰な体重増加を防ごう

ここでは産後ダイエットによってお腹痩せをする方法についてお話ししていますが、もしもあなたがまだ妊娠中なら、出産までの体重増加を適量に留めておくことをおすすめします。妊娠前の体型がやせ型や普通体型なら、体重の増加は多くても12kg以内に留めておかなければ、産後の体型に大きく響くと言われているからです。

妊娠中は周囲の高齢の方に食べ物をたくさん勧められることが多いですが、これは食べ物が少なかった時代の常識で、現在のように食べ物を好きなだけ選べる時代には、寧ろ必要な栄養だけを摂り、余分なカロリーを摂りすぎないようにすることが大切なのです。

ただ、妊娠中に極端に摂取カロリーを抑えるのは胎児に影響が出やすいので、お医者さんに相談しながら適切な体重を維持するようにしましょう

 

産後なるべく早く骨盤矯正を行おう

産後に太る理由としては、妊娠中に蓄えた脂肪のせいだけではありません。出産時に赤ちゃんが出てきやすいように開いた骨盤がそのままになり、ここに内臓が落ち込んで代謝が下がり太りやすくなるということもあります。

一度開いた骨盤は勝手に閉じることが無いので、放置しておくと太りやすい身体を一生抱えることになります。これを防ぐためには、出産後早めに、できれば半年以内に骨盤矯正をすること。自分で骨盤矯正体操をしたり、産後のケアを専門とする整体などに通って、少しでも早く骨盤を元通りにしましょう。

骨盤を正しい位置に戻すことで、ダイエットのお腹痩せ効果が出やすくなるだけでなく、ボディラインも整います

 

筋力を付け、基礎代謝を上げよう

妊娠中はただでさえ皮下脂肪が付きやすいのに、アクティブに動くことができず筋力の低下も起こりやすいです。そのせいでより一層基礎代謝が下がってしまい、産後も太りやすくなってしまうのです。

出産を終えても太り続ける理由は、この基礎代謝の低下のせいです。これを引き上げるためには、やっぱり筋トレによって筋力を付けるのが良いでしょう。

子育てをしていると赤ちゃんの抱っこやおんぶなどで力が付きやすいですが、それだけではなくスクワットや腹筋などをして全身まんべんなく筋肉を付けるように心がけるとよりダイエット効果が高まります

 

妊娠中のペースで食べ過ぎないようにしよう

妊娠中のつわりの出方によっては、こまめに食べる習慣が付いてしまう人も少なくありません。妊娠中はそんな食べ方でも仕方がないこともありますが、出産後はそんな習慣をすっぱりやめる覚悟を持ちましょう

出産したら、必要な栄養素を3食の食事でバランス良く摂れるように意識して下さい。そして、物足りないと思っても食べ過ぎないように我慢しましょう。

出産直後からいきなり食生活を改めるのはストレスが大きいかもしれませんが、これもスムーズにダイエットでお腹をすっきりさせるために重要なことなのです。

 

母乳をちゃんと出すためにも極端なダイエットを避けよう

ただ、ダイエットと言っても断食や一品ダイエット、サプリメントに頼る方法などは絶対にやめた方が良いです。母乳が出なくなる原因になりますし、お母さんの身体が弱って風邪などの感染症にかかりやすくなるリスクがあります

ダイエットは短期に行う方が好きという人も少なくありませんが、産後だけはそれは絶対におすすめできません。赤ちゃんが誕生した後も、お母さんの身体は自分だけのものではないからです。

産後ダイエットでお腹を痩せたいなら、運動とカロリー制限を適度に行い、3食きちんと食べるしか方法が無いと思った方が良いでしょう。出産という大仕事を終えた身体には、過度なダイエットは毒でしかありません

 

いかがでしたでしょうか。産後のダイエットでお腹痩せするための方法についてお伝えしました。

出産後に太ってしまったけど、子育てが落ち着いてからゆっくりダイエットしていけばいいや……と呑気に構えている人も恐らくいるでしょう。でも、開いた骨盤を戻したり、産後の基礎代謝を上げるためにはなるべく早くダイエットに取り組んだ方が良いのです。

もちろん、ダイエットでお腹ばかりを気にして育児がおろそかになるのはいけませんが、のんびりしていては後々後悔することにもなりかねません。現代の女性が出産を経験する年齢は太りやすくなる年齢と重なっていますから、気を抜くとすぐに太って変わり果てた姿になってしまいます

いつまでもスタイルの良いきれいなママでいるためにも、ここは気力を出してダイエットに臨みましょう。

まとめ

産後ダイエットでお腹痩せするためには

・妊娠中から過剰な体重増加を防ごう
・産後半年以内に骨盤矯正を行おう
・妊娠中に落ちた筋力を付け、基礎代謝を上げよう
・妊娠中のペースで食べ過ぎないようにしよう
・母乳をちゃんと出すためにも極端なダイエットを避けよう


連記事