どこが悪い?ニキビの場所からわかる体の不調

どこが悪い?ニキビの場所からわかる体の不調
ニキビの場所によって、体のどこが不調なのかがわかると、よく聞きますよね。ニキビができるのは、体質の問題や皮膚だけの問題だけではありません。体調不良や体の病気などもニキビと関係しています。

ニキビそのものが解消するべき症状なので、病気を診断する材料となるわけではありません。しかし、ニキビと病気の関係は、ニキビを治すにあたっては大事な情報です。ニキビができる原因が体調不良や体の病気が関係しているとなると、スキンケアだけでは対処し切れないからです。

少しでも早く、ニキビを解消するためにも、体調不良や体の病気との関係を確認しておきましょう。そこで今回は、「どこが悪い?ニキビの場所からわかる体の不調」ということで、参考にしていただきたい情報をお伝えします。



 

ニキビの場所によってわかる
体の不調の場所

 

口もとにできるニキビ


ニキビの場所が口周り、口もとに集中している場合は、疲労やストレスが原因であると考えられます。風邪で高熱を出して、抵抗力が落ちた時なども口周り、口もとにニキビができやすいですし、また、食べすぎ、飲みすぎなどで胃腸の調子が悪い時、便秘が続いている時、下痢が続いている時などもできやすくなります。

女性の場合は生理痛、生理不順、子宮内膜症、冷え性ということも考えられるのが、口周り、口もとのニキビです。頭痛薬、痛み止め、生理痛の薬などを手放せない方は、胃が荒れてしまうので、口周り、口もとにニキビができやすいです。

 

頬にできるニキビ


ニキビの場所が頬の場合も、ほぼ口もとにできるニキビの原因と同じです。ホルモンバランスが乱れやすい時期、睡眠不足、便秘、ストレスなどは要注意です。食生活では、甘いものや油物には気をつけましょう。そういった意味では、肝臓を大切にすることが大事です。

 

顎にできるニキビ


ニキビの場所が顎の場合も、原因を一つに特定することは難しいです。注意したいのは、生活習慣で、偏った食生活や睡眠不足によって、過剰なストレスを抱えたり、ホルモンバランスを乱したりすることが、ニキビができる原因となります。1日3食バランスのいい食事を摂ることができる生活を目指しましょう。

 

髪の生え際や頭皮ニキビ


過剰に分泌された皮脂が毛穴の中に溜まって、汗や汚れが混ざることによって細菌が繁殖し、湿疹や炎症を引き起こしてニキビができてしまいます。ニキビの場所が髪の生え際や頭皮の場合は、合成界面活性剤を使っていないシャンプーなどに変えてみてください。

 

背中のニキビ


背中は、皮脂や汗の分泌が多く、皮膚の角質層が厚いところです。衣服で蒸れやすいということもあって、ニキビが発生しやすい環境なのです。ニキビの場所が背中の場合は、ストレスホルモンの分泌や男性ホルモンの分泌量を増加が原因の一つで、気をつけたいのは、交感神経の活性化というところです。

 

こめかみ、眉間、眉毛のニキビ


ニキビの場所がこめかみ、眉間、眉毛あたりの場合は、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、疲労が原因として考えらえますし、また、メイク汚れなどの外的要因も大きいです。いずれにせよ、忙しい生活というのは大敵なので、お肌を清潔にする余裕のある生活を送りたいですね。

 

首のニキビ、デコルテのニキビ


ニキビの場所が首、デコルテの場合は、よく汗をかくことが原因となりますので、汗かきの方は、注意したい場所です。体調で言うと、血流の悪さ、新陳代謝の悪さから、下半身の冷えが心配されます。食生活では、白砂糖を使った食品は、体を冷やしやすいので気をつけてください。体を温める努力をしましょう。

 

鼻のニキビ


ニキビの場所が鼻の場合は、口もとにできるニキビなどと同じように、ニキビができる基本的なことが原因となります。偏った食生活、生理不順によるホルモンバランスの乱れ、ストレス、便秘などが考えられます。ケアは日々の習慣の改善からということになります。

イチゴ鼻になってしまうのは、古い角質が酸化することによって、黒く変色し黒ニキビができてしまうのが原因なので、イチゴ鼻には、小鼻まわりの毛穴パックがおすすめです。

 

おでこのニキビ


ニキビの場所がおでこの場合は、過剰分泌以外では外的なことが原因になりますので、髪の毛が触れる、手で触る、帽子、シャンプーの洗い残し、整髪剤の付着などが考えられます。

ターンオーバー機能やコラーゲンの生成能力が低下ということもありますので、充分な休養とスキンケアを心がけてください。スキンケアは、保湿ケアがポイントです。

 

以上、ニキビの場所によってわかる体の不調の場所についてお伝えしました。ニキビができる原因は、ほとんど共通していて、ニキビができやすい部分は、皮脂分泌が活発な部分です。皮脂の分泌が活発になる原因は、成長ホルモンの影響、男性ホルモンの影響、黄体ホルモンの影響、ストレスなどです。

外的な要因は、間違ったスキンケア、紫外線といったところで、生活習慣では、バランスの悪い食事、睡眠不足などが、ニキビの原因になります。食生活が悪いと、内臓に負担をかけますので、体を冷やしたり、胃腸の調子を崩したり、便秘がちになったりします。

やはり、肌に良くない生活をすると、ニキビができやすくなるのは確かなので、肌のケアと内臓のケアを大切にしてください。

 

まとめ

ニキビの場所でわかる体の不調とは

●口もとにできるニキビは、胃腸の調子が悪い。
●頬にできるニキビは、肝臓に注意。
●顎にできるニキビは、栄養不足による体調不良。
●髪の生え際や頭皮ニキビは、皮膚の炎症。
●背中のニキビは、交感神経の活性化。
●こめかみ、眉間、眉毛のニキビは、肌の疲れ。