耳垢が臭い人に、今すぐ試して欲しい5つの耳垢消臭術

耳垢が臭い人に、今すぐ試して欲しい5つの耳垢消臭術

乾いた耳垢の人が、耳垢の臭いと聞いても、あまりピンとこないかもしれませんが、なんとなくネバッとした耳垢の人は、耳垢が臭いような感じがしませんか。実際、耳垢の話を他人とすることなど、ほとんどありませんし、よほど耳掃除をしていない人と会わない限りは、家族以外の耳垢を見たり、ましてや臭いを嗅ぐなんてことはありません。

だからこそ人の耳垢の状態を気にすることもないのです。しかし耳垢の臭いの原因は、ばい菌や耳の中の炎症の場合が多いのです。その為、元々の耳垢の質もありますが、誰にでも耳垢が臭くなってしまう可能性があるのです。

耳の穴のお手入れをしなければ、耳垢が臭いのは分かりますが、お手入れをし過ぎて、耳の穴の中に傷や炎症を起こしてしまい、耳垢が臭いという状態になってしまうこともあるのです。耳垢が臭いと感じたら、その原因を探りつつ、耳垢消臭術も試してみてください。5つの方法をご紹介します。



 

耳垢が臭い人に、
今すぐ試して欲しい5つの耳垢消臭術

 

耳垢の状態を確認しましょう


あなたの耳垢の状態を確認してみてください。耳垢の臭いや湿り具合などです。実は日本人の80%以上は耳垢が乾燥している状態です。湿っていると感じる人は、少ないのです。湿っている場合はアポクリン腺から出てくる汗が多いのが原因ですが、その成分には水分以外にアンモニアや脂質やたんぱく質も含まれています。

これが原因となって耳垢が臭くなってしまうのです。腋や背中も同じアポクリン腺から汗が出てきます。汗は、出る場所によってエクリン腺とアポクリン腺の違いがあり、エクリン腺は、水と塩分の為、それ自体は臭いを感じません。その為、耳垢の臭いの原因となるアポクリン腺の活動が活発になる食材の摂取を抑えると、消臭に効果が出ます。

肉などの動物性たんぱく質は、活動しやすい状態にしてしまので控え、魚や野菜などを中心とした食生活に改善すると、耳垢だけではなく、ワキガにも効果がありますので、試してみてください。

 

耳の穴の掃除方法を見直して、耳垢の消臭をしましょう


耳の穴の掃除は、人によって頻度が違います。毎日、耳掃除をしている人も多いでしょう。しかし、耳の穴は、とてもデリケートな部分です。少し力を入れてしまうと、出血してしまいやすい部位ということも覚えておいてください。耳掃除が好きと言う人も多いのですが、気持ちがいいので、ついつい奥まで掃除しようとしてしまいがちです。

しかし、耳垢は、見えてしまう部分を取り除くだけで十分です。逆に取ろうとして、耳の穴の奥に、耳垢を追いやってしまったり、皮膚を傷つけて炎症を起こし、耳垢の臭いの原因になってしまうこともあるのです。

月に1~2回程度、外から見える部分の耳垢をやさしく取り除いてください。もともと耳垢は、新陳代謝の働きで勝手に外に出てくるものです。耳掃除をし過ぎで耳垢の臭いがあった人は、これで解消されるでしょう。

 

湿った耳垢の人は、耳鼻科を受診して、耳垢も臭いを解消しましょう


耳垢が乾いているか湿っているかは、世界の人種によっても違います。日本人などのアジア系の人は、乾いた耳垢の人が圧倒的に多いのですが、世界的に見ると、湿った耳垢の人の方が多いのです。特に欧米やアフリカなどの人のほとんどが、湿った耳垢なのです。

少ないとは言っても、日本人の約15%は湿っていると言われていますが、耳垢が元々取りにくく、詰まってしまい、聞こえづらくなってしまうことがあります。

そうなると臭いが強くなってしまうので、耳鼻科で耳垢を取ってもらいましょう。ピンセットでとってもらうのが一般的てすが、専用の液体を耳の穴に入れて、取る場合もあります。耳垢は、健康保険の診療の対象となっている為、耳垢の臭いが気になったり、聞こえづらくなった時は、早めに耳鼻科を受診すると、耳の臭いが気にならなくなります。

 

耳の病気を確認しましょう


耳垢の臭いの原因に、耳の病気があります。中耳炎や外耳道炎などの耳の病気は、早めに治療しましょう。特に中耳炎は、耳垂れという膿が出てくることがあり、強い臭いを発生させます。

外耳道炎は、耳掃除のし過ぎで炎症を起こし、かゆみや痛み、膿などが出てきてしまいます。乾いた耳垢の人が、湿り気や臭いを感じたら、耳鼻科を早めに受診して、対策をし、繰り返さないように気を付けましょう。

 

耳垢の臭いの対策に綿棒を使用しましょう


耳掃除グッズの定番と言えば、昔から竹で出来た耳かきです。とても気持ちがよいのですが、気を付けないと耳の穴の中を傷つけてしまいます。今は、いろいろ耳掃除のグッズが出ていますが、安全で簡単なのは、綿棒の使用です。お風呂上りなどに軽く、耳の中をやさしく掃除します。耳垢が湿っている人のお手入れにも綿棒がおすすめです。

そして、耳掃除をした後、消臭や殺菌効果のあるラベンダーオイルを希釈したものを綿棒につけ、やさしく塗るつけると、耳垢の消臭効果があるので、早速試してみてください。

 

いかがでしたか。

耳垢の臭いの確認は、体臭の確認にもなります。体臭の原因のアポクリン腺が係わっているからです。その為、まずは、自分の耳垢の状態の確認をしてみてください。臭いもきちんと嗅いでみて、耳垢の臭いが気になるようであれば、まずは、耳掃除を見直してみましょう。

今まで耳掃除を家族にやってもらっていて、状態をきちんと把握していない人は、一度確認してみてください。臭いがあるようであれば、病気の可能性もあるのですから、恥ずかしくても確認しましょう。日本人の多くが乾いた耳垢なので、ほとんどの人が、耳掃除や掃除後の簡単なお手入れで、耳垢の臭いは気にならなくなるはずです。

しかし、改善しなかった場合は、食生活を見直したり、念のため、耳鼻科を受診してみてください。自分の目で確認出来ない部分なので、気付いた時には、治癒するまでにかなりの時間がかかってしまうこともありますので、少しでも気になったら、早めに受診しましょう。

 

まとめ

耳垢が臭い人に、今すぐ試して欲しい5つの耳垢消臭術

・ 耳垢の状態を確認しましょう
・ 耳の穴の掃除方法を見直して、耳垢の消臭をしましょう
・ 湿った耳垢の人は、耳鼻科を受診して、耳垢も臭いを解消しましょう
・ 耳の病気を確認しましょう
・ 耳垢の臭いの対策に綿棒を使用しましょう