耳垢が臭い人は気をつけた方が良い、7つの大人のエチケット

耳垢が臭い人は気をつけた方が良い、7つの大人のエチケット
耳垢が臭いと聞いても、ピンとこない人も多いですよね。耳垢のにおいを嗅ぐという行為自体が不思議という人もきっと居るはず。柔らかいベトベトした耳垢であれば、臭うということも想像できますが、カサカサした耳垢の人には、思いもしないことなのです。しかし、耳の周辺も含めて、意外と臭いが出やすい場所なのです。

よく言われる加齢臭も耳の周辺部から、かなりの臭いを発生させてしまいます。自分では、見えない部分の為、気付かないことも多いのです。

だからこそ、一度、自分の耳垢のにおいを嗅いでみてください。そして、もし臭い場合は、見えない部分だからこその大人のエチケットとして、対処しましょう。そこで今日は耳垢が臭い人は気をつけた方が良い、7つの大人のエチケットについてお伝えします。



 

耳垢が臭い人は気をつけた方が良い、
7つの大人のエチケット

 

耳垢の湿度


あなたの耳垢は、湿っていますか?それとも乾燥していますか?実は、耳垢の状態で、体臭が強いか弱いかがある程度分かるのです。イメージ的に乾燥しているより、ベタッとしている方が体臭が強い気がしますが、その通りなんです。

その為、湿度の高い耳垢の人は、わきがの人が多く、体臭が強い傾向にあるので、対策をすることが大切です。しかし、あくまで傾向が強いというだけです。もし、該当してしまった場合は、耳のお手入れに注意してみてください。

 

洗い忘れ


耳の周辺や耳をを洗っていない人は多いのです。もちろん耳垢は、あれ程度、普段の生活で、外に出てくる性質を持っているので、お風呂に入った時に、毎回洗わなくてはいけないというわけではありません。

実際、洗い過ぎて、大事な菌を流してしまうことがあるので、難しい所ではあるのですが、最低限、耳の周辺と耳の穴の入口くらいまでは、洗ったり、拭いたりするべきです。

そうしないと、お風呂やシャワーを浴びた時に付いてしまった、水分が残ってしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。耳垢が臭い場合は、気をつけましょう。

 

耳の掃除


耳掃除を週に何回していますか?実は、耳掃除は、毎日するものではありません。1ヶ月に1~2回で十分です。あまり掃除をしすぎると、耳の中が炎症を起こしてしまったりします。

だから耳の中は、入口から1㎝位の掃除で十分です。耳の掃除をしすぎると、耳の中を怪我してしまい、炎症などを起こしてしまいがちです。気を付けましょう。

 

耳の洗い方


みなさんは、耳をそうやって洗っていますか?耳の中に水がはいるのが怖くて、きちんと洗うのがむずかしいのです。ただし、洗っていいのは、耳の周辺と、耳の外側の周辺です。あまりしっかり洗うと、耳の中に水分が残ってしまうことがあるので、気をつけてくさだい。

 

耳のお手入れ


耳のお手入れが、本当に正しいのか、怖くなることがあるはずです。その上、耳は、複雑な形状をしています。その為、耳かきで強く耳垢を取ってしまったりすると、耳の中にキズを付けてしまうことがあります。

耳の臭いの原因は、雑菌なのですが、キズが原因で、雑菌が増殖してしまうことがあります。実際、耳垢は、耳の中に溜まった外部から集めてしまったほこりや皮膚などの総称です。

その為、お掃除しすぎも良くありませんし、大事な皮膚を気づ着けてしまったりしては、耳垢が臭う原因にもなります。お手入れは、最新の注意で行ってください。

 

耳の聞こえ


耳は、急に聞こえなくなる場合以外、周りの雰囲気などで、状況が分かってしまうものです。普段のお手入れが原因で聞こえにくくなったりすることも多い為、常に耳の状態を確認してくさだい。

耳垢が湿っている人は、自分で取りにくく、聞こえづらくなることがあります。その場合は、耳鼻科に行って、耳垢を取ってもらうと、耳の中の臭いも減りますし、聞こえも良くなります。

それ以外にも、夏休みなどは、季節柄、外耳炎になってしまうこともありますので、いつもの聞こえ具合などと比較して、気を付けるようにしてください。

 

耳の病気


もしかしたら、中耳炎で、耳垢の量が増えたり、臭くなっている可能性があります。その場合は、耳鼻科で受診してください。他の病気もそうですが、耳の病気は、繰り返し受診になってしまったり、なかなか治らないことがあります。それを防ぐためにも、1日も早い受診をおすすめします。

 

いかがでしょう。あなたの耳のにおいは、どうでしょう。今は、大丈夫でも、これから温かくなってくると、プールや海など、いく事も増えてくるはずです。それが原因で、耳のトラブルになってしまうこともあります。

その為、万が一のことを考え、普段との違いを意識して、おくことが必要です。普段見えないところだからこその意識改革と、大人ならではのマナーを持って、耳垢の臭いに立ち向かっていただきたいと思います。

最初にお話しした通り、湿った耳垢の人の方が、体臭に関する意識が高いです。乾燥している人は、まさか自分がと思っている傾向があるので、発見や対策が遅れてしまいます。時間が永遠にあるわけではないのですから、早め早めに対応していきましょう。

 

まとめ

耳垢が臭い原因は

・ 耳垢の湿度が高い
・ 耳の掃除をしていない
・ 耳の洗い方が足らない
・ 耳の病気の可能性