後悔先に立たず、m字はげを加速させる7つのヤバい食生活!

後悔先に立たず、m字はげを加速させる7つのヤバい食生活!
m字はげとは、額の髪の生え際両端から後退していくタイプのはげを言います。正面から見るとアルファベットのmの字のようだからです。早い人では20代からm字はげは始まります。しかもm字はげをますます加速させる食習慣があるんです。

若いからと言ってこのような食事を続けていると、どんどんm字はげが進行することになります。

今回はそうなる前に知っておきたい、m字はげを加速させる7つのヤバい食生活をご紹介します。しっかり読んで、今からm字はげ対策始めましょう。



 

後悔先に立たず、
m字はげを加速させる7つのヤバい食生活!

 

その1: 脂っこいものの食べすぎ

肉料理や揚げ物など、脂っこいものばかり食べていると、頭皮への血行が悪くなり、髪の毛に必要な栄養が運ばれなくなってしまいます。そうすると、髪が育たなくなり、m字はげの原因になります。

また頭皮の皮脂分泌が活発になり、毛根をふさぎ、抜け毛の原因になります。

もちろん髪だけでなく、体の健康も悪くなり、それが髪の健康にも悪影響を与えることもあります。いつもカレーやとんかつや焼肉など、動物性脂肪の多い食べ物ばかり食べていませんか?

若いうちはそのようなものが好きかもしれませんが、今から気を付けていないと、近い将来にm字はげに悩まされることになるかもしれません。

 

その2: 塩辛いものの食べすぎ

ラーメンやスナック菓子やインスタント食品など、塩気の多いものもm字はげの大敵です。塩分のとりすぎは腎臓の働きを弱めますので、血の巡りが悪くなり、同じく頭皮の血行を妨げてしまいます。

また高血圧や動脈硬化の原因となりますので、髪だけでなく、自分の寿命も縮めることになりかねません。夜遅く帰ってきてインスタント麺を食べたりしていませんか?

後悔する前にそのような食生活はやめましょう。

 

その3: アルコールの飲みすぎ

アルコールは、肝臓で有毒な物質を無毒な物質に分解します。しかしアルコールを飲みすぎると、この有害物質(アセトアルデヒド)の分解が間に合わず、血流に乗って体中に回ってしまいます。

アセトアルデヒドは、体の中で脱毛の原因ホルモンであるデヒドロテストステロンという物質を増加させてしまい、m字はげを加速させるのです。

お酒を飲みすぎて酔っぱらってそのまま寝てしまう、ということはありませんか?髪にも頭皮にも一番悪い生活習慣です。夜遅くまで飲むのも、睡眠不足を招き、髪の成長を妨げてしまいます。夜は早めに帰り、11時くらいまでには寝るようにしましょう。

食習慣と共に生活習慣の改善も、m字はげ改善には必要なことです。

 

その4: 炭酸飲料の飲みすぎ

炭酸飲料も薄毛を促進するものとして言われることがあります。おそらく添加物の中に、髪を育てる亜鉛というミネラルを体内から排出してしまうものが含まれるからと思われます。

また糖分が大量に含まれているため、その7で取り上げますが、m字はげの原因になります。

 

その5: 辛いものの食べすぎ

キムチなどの辛いものを食べ過ぎると、毛根を刺激し、抜け毛の原因になると言われています。適度に辛いものは血行を促進するので、かえって髪に良いとされています。適度な量を心掛けましょう。

 

その6: コーヒーの飲みすぎ

少しのカフェインはストレスを軽減しますので、薄毛予防の効果があります。しかしコーヒーの飲みすぎで眠れなくなることはありませんか?睡眠不足は髪の毛の発育を妨げ、結果として髪にもよくありません。

また過剰摂取は消化器の働きを悪くし、栄養の吸収がしっかりなされないと、髪にも栄養がいかなくなり、m字はげを加速させてしまうのです。

 

その7: 甘いものの食べすぎ

甘いものを食べすぎると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまり、m字はげの原因になります。また糖質を代謝するためのビタミンB群が足りなくなり、髪の発育を妨げます。また、血流が悪化して、髪に栄養が行かなくなります。

また食べ過ぎると、肝臓の働きを弱め、たんぱく質が不足し、髪を作り出すことができなくなってしまいます。

 

m字はげを加速させる7つのヤバい食生活はいかがでしたか?

あなたにも思い当たるふしがいくつかあるのではないでしょうか?m字はげで泣く前に、今から食習慣を改善させましょう。髪に悪い食生活は、健康にもよくありません。健康のためにも、バランスの取れた食事を心がけましょう。そして、いつまでも若々しい髪をキープしましょう。

 

まとめ

後悔先に立たず、m字はげを加速させる7つのヤバい食生活!

その1: 脂っこいものの食べすぎ
その2: 塩辛いものの食べすぎ
その3: アルコールの飲みすぎ
その4: 炭酸飲料の飲みすぎ
その5: 辛いものの食べすぎ
その6: コーヒーの飲みすぎ
その7: 甘いものの食べすぎ