やっぱりストレス?!円形脱毛の原因と正しい治療法

やっぱりストレス?!円形脱毛の原因と正しい治療法
俗に10円ハゲとも言われる円形脱毛は、急に大量の髪の毛が抜けてしまい、気付いた時にはハゲが出来てしまっているので、悩ましいですよね。しかも、年齢を問わず誰もがなる可能性があるので、今は円形脱毛がない人も油断は出来ません

円形脱毛になってしまう大きな原因は、ストレスなのですが、それだけではありません。なので、ストレスを溜めないようにする、解消するだけでは、治らないこともあるのです。そして、一度円形脱毛が出来てしまうと、そこを基準にどんどん広がっていくこともあり、放置しておくのは危険です。

これ以上促進させない、また防ぐ為にも、円形脱毛の原因と正しい治療法を知っておきましょう。そこで今回は、円形脱毛の原因と正しい治療法をお伝えします。



 

やっぱりストレス?!
円形脱毛の原因と正しい治療法

 

ストレスが溜まっている


体に様々な不調を及ぼすストレスは、髪の毛にも悪影響を与えてしまい、円形脱毛の原因の一つです。ストレスで「血行が悪くなる」「ホルモンバランスが乱れる」「自律神経が乱れる」「男性ホルモンの過剰分泌」が起こることによって、円形脱毛になってしまうのです。

その中でも一番の要因は、血行が悪くなることです。人の体はストレスがかかると緊張状態になり、それが続いてしまうと血液の流れが悪くなって、循環しにくくなります。そのため、頭皮の一部に栄養が届かず髪の毛が弱くなってしまい、抜けやすくなって頭の一部分がハゲるのです。

その他、ホルモンバランスや自律神経の乱れは免疫が正しく機能しないことで髪が抜けやすくなりますし、特に男性ホルモンの過剰分泌は「ジヒドロテストステロン」と言われる、抜け毛の原因となる物質を多く作ってしまうことで、髪の毛が抜けてしまいます。

ストレスが原因の円形脱毛を治すには、ある意味単純明快で、ストレスを解消、少なくとも和らげることです。

自分の好きなことをする時間を作ったり、ウォーキングやジョギングなどの運動をすることでストレスは解消されていくことで、治っていきます。ただし、数日ですぐに治るわけではなく、数ヶ月かけて徐々に治っていくので「全然治らない」と焦らないようにしましょう。

 

自己免疫疾患になっている


「自己免疫疾患」と言われても、ピンとこない人が多いかもしれませんが、簡単に言うと免疫が正しく機能しない病気になります。通常の免疫は、体内に入ったウィルスや細菌を攻撃し退治してくれますが、自己免疫疾患になっていると、自分の体をウィルスや細菌と間違えて攻撃してしまいます

円形脱毛の場合、髪の毛を栄養や酸素をもとに育てている「毛乳頭」と言われるところを白血球が攻撃することで、毛乳頭が弱まり髪の毛が抜けてしまいます。この自己免疫疾患は、先程述べたホルモンバランスや自律神経の乱れによって発症することもありますし、その他にも、タバコや栄養障害、遺伝などが原因と言われていますが、これといった理由は分かっていないのが現状です。

ですので、まずは自己免疫疾患にならないように、ストレスを溜めないことが、最大の対策になります。しかし、一度発症してしまうと、なかなか自力で治すことは出来ませんので、病院での治療をお勧めします。そのままにしておくと、髪の毛全体が抜ける危険性もありますので、思い当たる場合は速やかに治療を行いましょう

 

出産によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまう


出産から出産後にかけては、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、それが原因で円形脱毛になることがあります。ホルモンのバランスが崩れてしまうのは、出産時には女性ホルモンが大量に分泌され、出産を終えると分泌量が一気に元に戻ります。これによって、女性ホルモンが急激に低下するので、バランスが崩れてしまうのです。

そんな円形脱毛は早く治したいものですが「病院に行くのは恥ずかしい」と感じる女性は多いもの。でも、ご安心下さい。出産による女性ホルモンが原因の円形脱毛は、病院に行かずとも自然に治ることがほとんどです。その為には、生活のリズムを整え、睡眠をしっかりと取るなどしてストレスを溜めないようにすることが大切です。

しかし、出産を終えると、赤ちゃんのお世話がありますし、なかなか自分のリズムで生活をしたり、睡眠をしっかり取るのは難しくなります。なので、夫婦で協力して育児を行うことで、少しでも生活のリズムを作り、睡眠が取れるようにしましょう最初の対策は、夫の協力を取り付けることになります。

 

いかがでしたか。円形脱毛の原因は、ストレス以外にもありますが、元を辿っていくとストレスと繋がっていることも少なくありません。出産による女性ホルモンの乱れは、ストレスと直接関係はありませんが、子育ては子供の成長が嬉しい反面、ストレスが溜まることもありますので、円形脱毛になりやすい環境でもあります。

円形脱毛を治したり対策をするには、やはりストレスを溜めないことが大切ですので、自分だけの時間を上手く作って、解消していきましょう。しかし、原因が明らかでなかったり自己免疫疾患ならば、病院で診てもらい場合によっては治療をしなければなりません。放置しておくと、髪の毛が全部抜けることも起こり得ます。

例え、小さな円形脱毛でも、体内では大なり小なり確実に異変が起こっています。それに、円形脱毛を治したら他に不調だったところが良くなることもありますので、焦らずにまずはしっかりと治しましょう。

まとめ

円形脱毛を治すためには

・ストレスが溜まっていることが原因の場合は、ストレスを解消していく
・白血球が毛乳頭を攻撃してしまう自己免疫疾患の場合は、病院で治療をする
・出産による女性ホルモンが乱れが原因の場合は、生活リズムを整え、睡眠をしっかりと取る