生え際のニキビはこんなにもヤバい状況を引き起こす7つの可能性

生え際のニキビはこんなにもヤバい状況を引き起こす7つの可能性

髪の生え際のニキビはヤバいんです。思春期のニキビであれば皮脂が多いせいですが、大人の生え際ニキビは血行が悪い証拠です。

血行が悪い事はホルモンのバランスが悪い状態であり、便秘、肩こり、疲れやすさなど女性にはあまりよくない状況を作り出しているのです。ホルモンのバランスを握っているのは自律神経です。

自律神経の乱れは皮脂の分泌を過剰にし、ニキビ、さらには薄毛の原因になってしまうのです。生え際のニキビは体が発信している「助けて」という叫びです。さぁ今日から、体の老廃物を排出して、生え際のニキビにさよならしましょう。



 

生え際のニキビはこんなにも
ヤバい状況を引き起こす7つの可能性

 

シャンプーのすすぎ残しに気をつけよう。


「きちんとすすいでるつもりだけど・・・」と思ったあなた、それは本当に「つもり」なんです。シャンプーの量は適切ですか?必要以上にシャンプーをつけてはいませんか?頭皮はとても弱く敏感です。

顔を洗う事にはとても気を使うのに、頭皮は気を使わないっておかしいですよね。シャンプーはどんなに安全なものでも、刺激があります。

ブラッシングをして、お湯で塗らす時点でしっかり汚れを落としておけば、シャンプーの量は少しで充分泡立つ事ができます。そして、生え際は泡が溜まりやすいので、すすぎは最後の最後まで気を抜かず行いましょう。生え際のニキビを防ぐ最大のポイントはすすぎなのです。

 

トリートメントが頭皮に付かないようにしよう。


トリートメントは髪の毛先に栄養分を与える物です。毛先のダメージを修復してくれる物なので、頭皮につける必要はありません。もしもつけてしまった場合、毛穴の皮脂とトリートメントの油分で頭皮の皮脂バランスが崩れてしまいます。

頭皮のトリートメントはすすぎの際に生え際にたまり、毛穴に詰まりニキビの原因となります。コンディショナーやリンスの使い方も間違うとニキビの原因となり、頭皮の環境を悪くします。

 

保湿をしっかり行いましょう。


生え際のニキビは皮脂が多い状態です。皮脂が多ければ肌は潤っているのでしょうか?答えは「ノー」です。肌は潤いを補おうと、皮脂分泌を活発にしてしまいます。これはインナードライ肌と呼ばれ、ニキビがとても出来やすい肌なのです。

皮脂バランスを整え、肌のターンオーバーを正常にする事も大切です。保湿で潤った肌はニキビ跡ものこりにくく、数年後のあなたの肌を美しさを約束してくれます。シミをふせぐためにも、保湿に心掛けましょう。

 

安全なシャンプーを選ぼう。


デリケートな頭皮はダメージをうけやすく、毛穴により有害物質を取り込みやすいといわれています。毛穴は老廃物を出す事同時に、取り込む事も可能です。

界面活性剤や添加物などがたっぷりと入ったシャンプーを使っている人は、少し考えてみて下さい。肌のうるおいまでうばい、乾燥を促しているのはそのシャンプーのせいではありませんか?

シャンプーを変えたとたん、生え際のニキビが治ったという人もいます。天然の成分や添加物が入っていない、安心できる物を自分の体には使ってあげましょう。

 

頭皮のコリに気をつけよう。


頭皮は毛細血管が張り巡らされています。筋肉から送り出された血液は髪の毛に栄養を与え、老廃物を排出し、美しい髪にしてくれます。しかし、パソコンやスマホで頭皮や首にコリがある人は、栄養がそこで滞ってしまいます。

頭皮のコリは老廃物をニキビとして外にだしてしまいます。生え際にニキビが多い人は、頭皮のコリがあると思ってもいいでしょう。シャンプーをする時は頭皮をマッサージし、血行を良くしましょう。

 

冷えを防ごう。


冷えは万病の元と言われるように、女性の最大の敵です。冷えにより体の血行が悪くなると、体の隅々まで栄養が行きわたらなくなります。

生え際のニキビや薄毛、乾燥肌、シミ、シワなど、全てが冷えによる影響です。自分の体を守るためにも、冷えを防ぐ事をオススメします。

 

脂漏性皮膚炎を疑ってみよう。


ニキビと思って放置していたら炎症が起きて、痒みが出た!という人はいませんか。それは脂漏性皮膚炎かもしれません。カサついて頭皮からフケが出だしたら病院へ行きましょう。脂漏性皮膚炎の原因は「カビ」の一種です。

病院での指示を守り、しっかりと治療しなければ、再発につながります。皮膚の常在菌の一つですが、皮脂が過剰に分泌されると悪さをしてしまうのです。この菌が悪さをして、薄毛の原因となる事もあります。痒みが出たら皮膚科だと覚えましょう。

 

いかがでしたか。

生え際のニキビが気になりだしたら、古い角質や皮脂などがたまっている可能性があります。それはターンオーバーが乱れているので、その乱れの原因を見つけなければいけません。

セルフケアの限界を見極め、皮膚科で薬を処方してもらうと治りも早く、跡も残りにくいでしょう。しかし、根本を変えなければ同じことを繰り返します。

スキンケアやシャンプーの種類や使い方、体の健康、生活習慣などを総合的に見て、どこに原因が隠れているのかを理解しましょう。これは自分に向き合うチャンスです。ここで自分と向き合う事が、10年後の自分が若々しくいられるチャンスなのです。

 

まとめ

生え際のニキビはこんなにもヤバい状況を引き起こす7つの可能性

・ シャンプーのすすぎ残しに気をつけよう。
・ トリートメントが頭皮に付かないようにしよう。
・ 保湿をしっかり行いましょう。
・ 安全なシャンプーを選ぼう。
・ 頭皮のコリに気をつけよう。
・ 冷えを防ごう。
・ 脂漏性皮膚炎を疑ってみよう。