足の臭いは原因から根絶しないと意味がない5つの理由

足の臭いは原因から根絶しないと意味がない5つの理由

足の臭いの原因はたくさんありますが、それを根絶しないと意味がありません。普段、私たちは足の臭いが気になる時に洗ったり、臭い対策のスプレーなどでごまかしていますが、一時しのぎにしかならないということは分かっています。

そして足の汗で靴の中が蒸れてしまい、外出先で靴を脱ぐのを躊躇してしまう人も多いようです。靴を脱いで食事をするお店に行く場合は替えの靴下を持参しているという話も良く聞きます。

それだけ、足の臭いは、他人のも含めて気になるということなのでしょう。しかし足の臭いの原因を知っている人は意外と少ないようです。

汗をかくからとか、元々臭いからとか、ある程度あきらめている人が多く、その為、スプレーなどで臭いをごまかす方法が主流になっているのです。そこで今日は、気になる足の臭いの原因を根絶しないと意味がない理由についてお伝えします。



 

足の臭いは原因から
根絶しないと意味がない5つの理由

 

靴自体が臭くなっている


お風呂に入って石鹸のいいニオイがする体に、汗臭い服を着ると臭いのはあたりまえですよね。そう考えると、足をどんなに洗っても靴が臭ければ足が臭くなってしまいます。

まずは自分の靴の臭いを嗅いでみてください。臭ければ、靴を洗ったり、お手入れしましょう。それでも臭いが取れない場合は、その靴は処分するべきです。

靴の中は汗や汚れなどで雑菌が繁殖しやすい場所で、お手入れしても臭いが取れないということは、履けば確実にもっと臭くなってしまいます。足の臭いの原因を根絶する為に処分するのが賢明なのです。

そして新しい靴を選ぶ際は、通気性やサイズが合っているかなどを考慮して選びましょう。1日履いたら、少なくても1日はその靴を休ませてあげることも大切なので、替えの靴も含めて購入してください。臭い靴を履いていては、足の臭いの原因は解消されませんよ。

 

ストッキングや靴下の通気性が悪い


靴と同じで、ストッキングや靴下も通気性が良いものの方が、足の臭いを軽減出来ます。通気性が悪いと汗で蒸れてしまい雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。それが足の臭いの原因となってしまうからです。

また足が濡れたまま靴下を履いたり、スポーツなどをして汗をかいた靴下を履き替えないのも良くありません。常に足がさらっとしている環境をつくることが、臭くない足になる為のポイントです。まずは靴下などを通気性のよいものに交換してみましょう。

 

水虫などの足の病気の可能性がある


足の臭いの原因は、水虫などの皮膚の病気の場合があります。水虫と言っても、症状は様々です。その為水虫と気付かない場合も多いのですが、皮膚の荒れと臭いが改善しない場合は、医療機関を受診してみましょう。

ただし水虫が臭いの直接的な原因ではなく、足の皮膚が荒れて雑菌が繁殖しやすくなり臭くなってしまうので、根本的な足の臭いの解消の為には、やはり水虫の治療が必要不可欠なのです。

 

足がキレイに洗えていない


足の臭いの原因は、雑菌です。元々足に存在する菌が、悪環境などで雑菌になってしまうのですから、それを防げば足の臭いは解消出来ますよね。

そこで気になるのが、足の洗い方です。お風呂に入った時やシャワーを浴びる時に洗っていると思いますが、きちんと指の間や足の裏も洗っていますか。意外と洗えていないので、これからは今まで以上に丁寧に洗ってください。

そうすると古い角質や皮脂、雑菌などが洗い流され、足の臭いの原因を取り除くことが出来ます。洗っているつもりではなく、きちんと洗う事が大切なのです。

 

生活習慣が乱れている可能性がある


今までご紹介した方法で改善しないのであれば、あなたの足の臭いの原因は他にあるということです。その場合は、生活習慣の見直しをすると体臭自体が減るので実践してみてください。

特に食事は大切で、食が欧米化してきている為、体臭も強くなりがちです。和食などの脂を控えた食事に切り替えると、体質の改善が出来、足の臭いも解消されます。足の臭いの感じ方によっても生活習慣の改善個所が分かります。

血糖値が高くなってしまうと、足のニオイが甘く感じたり、刺激臭がする場合はお酒の飲みすぎで肝臓が弱っているのです。たまごが腐っているような足の臭いは、食物繊維が不足して便秘になっていることがあります。

これだけでも、食事を含めた生活習慣が足の臭いの原因になっていて、それを改善しないと解決しないということがよくわかります。足の臭いの解消の為にも、生活習慣を見直してみましょう。

 

いかがでしたか。

お伝えした中に、自分の足の臭いの原因は、これかなというものがきっとあったと思います。だったらまずは最初に、靴の臭いの確認をしてみてください。臭ければ、消臭のお手入れをして、それでも無理な場合は処分してしまいましょう。

どうしてもお気に入りという靴は、ビニールタイプの保存袋に入れて、冷凍庫で菌を殺してしまうという方法もあります。捨てる前にダメ元でやってみるのもおすすめです。

それでもダメだったからと、靴を処分することに決めたなら、少なくても3足位は必要です。毎日同じ靴を履いていては、臭くなってしまうからです。

そして、もちろん足のお手入れも大切で、指の間や足裏まで丁寧に洗いましょう。そうすれば、靴を脱いだ時の足の臭いで恥ずかしい思いをすることは、ほとんどなくなりますよ。

ただし、足の臭いの原因が、病気や生活習慣の場合があります。基本的には和食中心の脂を控えた食事を主とし、お酒は控えめにすることで、体質が改善され、足の臭いだけではなく体臭も減り、臭いのいろんな悩みからきっと解放されますよ。

どんなに素敵な人でも、臭い足では、魅力は激減してしまいます。そんなことにならないように、1日も早く、足の臭いの原因を見つけましょう。

 

まとめ

足の臭いは原因から根絶しないと意味がない5つの理由

・ 靴自体が臭くなっている
・ ストッキングや靴下の通気性が悪い
・ 水虫などの足の病気の可能性がある
・ 足がキレイに洗えていない
・ 生活習慣が乱れている可能性がある